Yoko's 人生=旅 on this Blue Planet
高速回転中の青い惑星地球、負けじと走り回る一人の記録。
番外編:カリフォルニア(607): Mt. Hamilton to Patterson, CA (32)
2016.4.13.:ヨセミテ国立公園 (Yosemite National Park) の麓の町で開催されたロデオ大会 (Rodeo) 後、一旦、サンノゼ (San Jose, CA) に戻り、13日から再度野草観察のために出かける。今回は、毎年野草をチェックする近くの山、ディアブロ山系 (Diablo Range) に属する標高1,300mのマウント・ハミルトン (Mt. Hamilton) を越えて東側へ抜ける。

山の急な斜面から谷間の比較的平坦な場所、主に牧場として使われている谷間に来ると、牧場の柵の中に濃い紫色のロイヤル・ラークスパー (Royal Larkspur) 、学名:(Delphinium variegatum) の群生が見えてきた。カリフォルニア固有種のラークスパーで、緑の中にたくさんの濃い紫色の花をつけ、スクッと立つ背丈が50cm前後の姿はハッとするほど美しい。

左右端に平たい円盤のようなものをたくさんつけて立っているのはフリンジ・ポッド、あるいはヘアリー・レイスポッド (Fringe Pod | Hairy Lacepod) 、学名:(Thysanocarpus curvipes) と呼ばれるカリフォルニアに自生する野草だ。

blog 27 130E Mt. Hamilton to Patterson, Delphinium & Lace Pod 2_DSC6441-4.13.16.(2).jpg

フリンジ・ポッドは一年草で、カリフォルニアの外でも見られるが、北米西部に限定される。(柵内のものを望遠で撮っているので、詳細は機会を見て。。。)

blog 27 130E Mt. Hamilton to Patterson, Delphinium & Lace Pod_DSC6442-4.13.16.(2).jpg

これもカリフォルニア固有種のブルーワーのクラーキア、あるいはフェアリー・ファン (Brewer's clarkia | Fairy Fans) 、学名: (Clarkia breweri) :非常に珍しい種で、これに遭遇した時は大感激だった。

blog 27 130E Mt. Hamilton to Patterson, Delphinium_DSC6448-4.13.16.(2).jpg


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
今晩は
カリフォルニア固有種のブルーワー。。。
とても不思議なお花ですね
こういうお花は、初めてみました
2017/04/18(火) 23:42:43 | URL | チャンコナベ #-[ 編集]
チャンコナベさんへ:固有種
チャンコナベさん、

> 今晩は

こんばんは!

> カリフォルニア固有種のブルーワー。。。
> とても不思議なお花ですね
> こういうお花は、初めてみました

カリフォルニアの固有種は幾つかあるのですが、中には、ほぼ絶滅と云う種類もあり、もうあるべき所には見られなくなったりしています。この野草も極く限られた場所でしか見られなくなっています。
先日、ヨセミテの様子を見に出かけたのですが、まだ雪で閉鎖中の部分が多いので、公園の一部だけを見てきました。
ここ15年ほど、針葉樹がどんどん枯れていっており緑の山ではなく赤茶の山になっている場所が広範囲に見られます。
山火事で燃えてしまった部分も含めるととんでもない面積になると思うのですが、針葉樹が枯れている原因の一つに気温の上昇が挙げられています。
病気になりやすかったり、樹木を蝕む虫が増えたり、、、今、公園内では枯れた木を切り出す作業が進行中です。
2017/04/20(木) 11:50:16 | URL | yokoblueplanet #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yokoblueplanet.blog112.fc2.com/tb.php/15456-800a36e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック