Yoko's 人生=旅 on this Blue Planet
高速回転中の青い惑星地球、負けじと走り回る一人の記録。
番外編:カリフォルニア(608): Mt. Hamilton to Patterson, CA (33)
2016.4.13.:ヨセミテ国立公園 (Yosemite National Park) の麓の町で開催されたロデオ大会 (Rodeo) 後、一旦、サンノゼ (San Jose, CA) に戻り、13日から再度野草観察のために出かける。今回は、毎年野草をチェックする近くの山、ディアブロ山系 (Diablo Range) に属する標高1,300mのマウント・ハミルトン (Mt. Hamilton) を越えて東側へ抜ける。

一旦谷間に出た後、さらに低地に向かう山の崖の縁に、特に背の高い草が生い茂っている場所があった。カリフォルニアの州花、カリフォルニア・ポピー (California Poppy) の姿も見える。その中に、背丈が1m近くあるデルフィニアムが何本も混じっている。

カリフォルニア固有種のフットヒル・ラークスパー (Foothill Larkspur) 、学名:(Delphinium hesperium ssp. hesperium) と思われるのだが、どうも様子が違う。

blog 27 130E Mt. Hamilton to Patterson, California Delphinium 2_DSC6451-4.13.16.(2).jpg

同じくカリフォルニア固有種で、開発で数が極端に減少してしまっている種類の可能性もあるかと思うだが、100%条件が合致するわけではない。背丈は85cm前後になるのでその点や葉の形状は良いのだが、花の形状が完全に合致しない。
バイロン・ラークスパー (Byron Larkspur) 、リカーヴド・ラークスパー (Recurved Larkspur) 、あるいはヴァリー・ラークスパー (Valley Larkspur) と呼ばれる学名 (Delphinium recurvatum) かも知れないが、確定できず。

blog 27 130E Mt. Hamilton to Patterson, California Delphinium_DSC6450-4.13.16.(2).jpg

近づくと草に触れてしまうので接写を躊躇う、理由は吸血鬼のダニ。春先は産卵期になるので特に注意しなければならず、恐ろしい病気のことを考えると、戦々恐々となる。

blog 27 130E Mt. Hamilton to Patterson, California Delphinium & Poppy 2_DSC6452-4.13.16.(2).jpg


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yokoblueplanet.blog112.fc2.com/tb.php/15460-9b5a17ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック