Yoko's 人生=旅 on this Blue Planet
高速回転中の青い惑星地球、負けじと走り回る一人の記録。
Rodeo:ロデオ 632:2016年シーズン開幕 (110) 〜 Bull Riding
2016.6.11.:既に日射病を起こしかねない暑い時期。サン・フランシスコ湾の南東側の奥にあるここ10年ほどで急成長を遂げている町で開催されるロデオ大会 (Rodeo)

引き続き、79.5点を獲得したダスティンのライディングの様子:ブロンコ競技の場合はピックアップ・マン (Pickup Man) が拾いに来てくれるので、全速で走る馬から馬へ乗り移るのは簡単ではないが、まだ比較的安全に馬から降りる手段がある。

ブル・ライディング (Bull Riding) の場合は、誰も拾いに来てくれない。牛が蹴り上げる力を利用して自力で降りるか、牛に振り落とされるかの二択しか無い。ダスティンの場合は、8秒間乗りこなした後、ブルの力を利用して飛び降りた。

blog (4x6@300) Yoko 122 Livermore Rodeo, Bull Riding, Dustin Marberry (79.5 Porterville, CA) 2_DSC7935-6.11.16.(7).jpg

ブル・ファイター (Bull Fighter) たちが牛の気をそらし、ダスティンの方へ向かわないように配慮する。
ダスティンの勢いはかなりあり、牛から離れた場所に着地できそうだ。

blog (6x4@300) Yoko 122 Livermore Rodeo, Bull Riding, Dustin Marberry (79.5 Porterville, CA) 2_DSC7936-6.11.16.(7).jpg

同じくカリフォルニア出身のジャスティンも8秒間乗りこなし、75点を獲得した。
点数は、ブルとライダーと半々でつけられる:ブルの動きが悪ければ、ライダーの腕が良くても点数が低くなってしまう。
ジャスティンもここ何年間か見かける馴染みのライダーで、思い切りの良い乗り方をする。

彼も牛の蹴りの力を利用して降りたのだが、タイミングが少しずれたようで、ブルの直ぐそばに落ちてしまった。
ブルの様子を見て欲しい:後脚が上がっていると同時に、顔が後ろを向いている!
ブルの体の柔軟性にもびっくりさせられるが、

blog (6x4@300) Yoko 122 Livermore Rodeo, Bull Riding, Justin Rickard (75 Nuevo, CA) 2_DSC7897-6.11.16.(7)

ジャスティンの場合、ブルの後脚が危険度最大になっていた。もし後脚がジャスティンの体を踏みつけるようなことが起きれば、大怪我必至。だが、彼はラッキーだった。怪我も無く、無事終了。

blog (6x4@300) Yoko 122 Livermore Rodeo, Bull Riding, Justin Rickard (75 Nuevo, CA) 2_DSC7899-6.11.16.(7).jpg


スポンサーサイト

テーマ:ロデオ:Rodeo - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
なるほど降りるときの二者選択はきついな 私なんか両方ヤだよ
2017/04/28(金) 13:41:09 | URL | EGUTI YOUSUKE #-[ 編集]
EGUTI YOUSUKEさんへ:普通では無理!
EGUTI YOUSUKEさん、こんにちは。

> なるほど降りるときの二者選択はきついな 私なんか両方ヤだよ

健全な判断ですよ!
どちらも簡単ではないし、並みの運動能力では無理。
これをスポーツにしてしまう所がアメリカかな?!
2017/04/29(土) 09:26:48 | URL | yokoblueplanet #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yokoblueplanet.blog112.fc2.com/tb.php/15482-5a5b8c85
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック