Yoko's 人生=旅 on this Blue Planet
高速回転中の青い惑星地球、負けじと走り回る一人の記録。
番外編:カリフォルニア(621): Bear Valley, CA (13)
2016.4.14.:ウィリアムズ (Williams, CA) の果樹園や季節の水田を抜けて一山超えるとベア・ヴァリー (Bear Valley)

引き続き、カリフォルニア固有種の黄色いユリ科の花、ゴールデン・フェアリー・ランターン | ゴールデン・グローブリリー | ショート・リリー (Golden Fairy Lantern | Golden Globelily | Short Llily) 、学名: (Calochortus amabilis) :

ゴールデン・フェアリー・ランターンの花の咲き始めは、3枚の額も花びらを守るように下を向いて花びらを覆っており、名前のように「妖精のランターン」の風情満載。

blog 28 Bear Valley, Golden Fairy Lantern (Calochortus amabilis) 2_DSC6568-4.14.16.jpg

開花して時間が経つと額も上に跳ね上がるように広がり、花びらのえんじ色の模様と同じ色が額にも色濃く出はじめる。右側の花の方が開花が先だったと思われる。左側の花の額には虫に食われた跡も見えるが、まだえんじ色は薄め。

blog 28 Bear Valley, Golden Fairy Lantern (Calochortus amabilis) 2_DSC6553-4.14.16.jpg

この3つの花の中では、左奥のものが一番若そうだ。額も大きく広がったまま。右端の花の額は、乾燥も始まったのだろう、かなり幅が無くなっている。

blog 28 Bear Valley, Golden Fairy Lantern (Calochortus amabilis)_DSC6554-4.14.16.jpg

かぶれを引き起こすポイゾン・オーク (Poison Oak) の藪の中で咲いていたゴールデン・フェアリー・ランターン:開花から種になるまでの中間期にあるような姿だった。明日、花を一つ一つ見ていくことにする。

blog 28 Bear Valley, Golden Fairy Lantern (Calochortus amabilis)_DSC6558-4.14.16.jpg


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yokoblueplanet.blog112.fc2.com/tb.php/15512-53a4302d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック