Yoko's 人生=旅 on this Blue Planet
高速回転中の青い惑星地球、負けじと走り回る一人の記録。
番外編:カリフォルニア(622): Bear Valley, CA (14)
2016.4.14.:ウィリアムズ (Williams, CA) の果樹園や季節の水田を抜けて一山超えるとベア・ヴァリー (Bear Valley)

引き続き、カリフォルニア固有種の黄色いユリ科の花、ゴールデン・フェアリー・ランターン | ゴールデン・グローブリリー | ショート・リリー (Golden Fairy Lantern | Golden Globelily | Short Llily) 、学名: (Calochortus amabilis) :花の様子をアップで見ていくことにする。

花の周囲は怖いポイゾン・オーク (Poison Oak) なので、触らないように注意が必要。ブーツで踏んでしまい、その樹液のついたブーツに触れば、かぶれやすい人はかぶれを引き起こすので更に注意:その痒さたるや、皮膚をかきむしりたくなるほど凄いらしい!

この個体の額の形が他のものより若干中太り気味で、ペッタラ感がある。下の3枚の花びらは開花以来時間が経っているので、少々ねじれ気味。花びらの上部にある膨らみも目立つ。

blog 28 Bear Valley, Golden Fairy Lantern (Calochortus amabilis) 2_DSC6576-4.14.16.jpg

見ているのは、この二つの花の中、左側のもの:右手前の個体の方が先に咲いた様子で、額上部にえんじ色が目立っていた。

blog 28 Bear Valley, Golden Fairy Lantern (Calochortus amabilis)_DSC6577-4.14.16.jpg

ギリギリ、ポイゾン・オークに触れないで撮影出来る低さから:蕊の撮影ができないが、種の様子は同じカラコルタス属のこちらから>>アメリカ横断:番外編 カリフォルニアの花 (550): Fairy Lantern (Calochortus albus) 
種類は違うが、種の形は同じ。

blog 28 Bear Valley, Golden Fairy Lantern (Calochortus amabilis)_DSC6570-4.14.16.jpg

右手前の個体:カロコルタス属のユリの花びらには、全体が小さな「ひげ」に覆われているものや、このユリのようにフリンジがついているものが多い。

blog 28 Bear Valley, Golden Fairy Lantern (Calochortus amabilis)_DSC6572-4.14.16.jpg


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
米国の保険制度は酷いな
日本の制度はやりすぎだけどな
医療・年金・社会福祉・公衆衛生が日本の4大社会保障だろうが毎年1兆円ずつ増加傾向に有りますね、このままでは近い将来破綻は目に見えてるが、破綻を避けるには抑制と経済発展が欠かせないだろうな増税じゃ無理だと言うのが私の持論だけど経済発展が上手く行かないな
それに緊迫する半島情勢 それに合わせて装備も充実しなければいかんし、有事になれば日本は大被害が出るし3.11なんてもんじゃないよ 無論経済力実質世界2位の日本が何かあれば世界中巻き込むことにもなるしこれって手が浮かびませんよ ちょっと話飛んでしまったか
2017/05/03(水) 12:08:15 | URL | EGUTI YOUSUKE #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017/05/04(木) 04:19:04 | | #[ 編集]
EGUTI YOUSUKEさんへ:やり過ぎではなく、予防医学よりも薬漬けの患者製造と天下り組織に問題
EGUTI YOUSUKEさん、こんばんは。

> 米国の保険制度は酷いな
> 日本の制度はやりすぎだけどな
> 医療・年金・社会福祉・公衆衛生が日本の4大社会保障だろうが毎年1兆円ずつ増加傾向に有りますね、このままでは近い将来破綻は目に見えてるが、破綻を避けるには抑制と経済発展が欠かせないだろうな増税じゃ無理だと言うのが私の持論だけど経済発展が上手く行かないな
> それに緊迫する半島情勢 それに合わせて装備も充実しなければいかんし、有事になれば日本は大被害が出るし3.11なんてもんじゃないよ 無論経済力実質世界2位の日本が何かあれば世界中巻き込むことにもなるしこれって手が浮かびませんよ ちょっと話飛んでしまったか

日本の医療制度はやり過ぎということは無いと思います:問題は、関連天下り組織に流れる税金と医療業界の保険ポイント濫用による税金の無駄遣いにあるのでは?!
要らないと思われる組織、二重、三重に同じような仕事に流れる税金、例えば、浄化槽は認可を受けた私企業が管理維持を請け負っていますが、それとは別に得体の知れない組織が検査と称して年一回見回りに出ています。旅館などはそれの代金だけで10万円近いお金を支払わなければならないそうで。。。でも、実際には何もしていない。
医療業界にも年金業界にも同じような組織がウジャウジャあるのではないでしょうか?例えば、問題山積みのGPIF。
どうせなら、予防医学の考え方に則って、健康維持のための食事方法や体調管理方をしっかり広めて欲しいところです。
医療費削減には一番効率的で安価な方法ですから。
2017/05/04(木) 11:56:37 | URL | yokoblueplanet #-[ 編集]
5/4の鍵コメさんへ:既往症は、国民健康保険の場合は問題になっていないですね。
5/4の鍵コメさん、こんばんは。

元気になって良かったですね。
アメリカの保険は、オバマ・ケアができるまで、お金のかかる病気持ちの人は健康保険に加入できなかったんです。
病気の人は自分の家を売ってまで治療費に充てなければ、病気を治せない。
お金が無ければ、それまで。
健康保険に入っていなければ、病院でも診てもらえないわけです。
無料診療所も大都市にはあったりしますが、それも限界がありますよね。
深刻な病気の治療まで手が回らないでしょうし。
ガン患者の中には、治療を止めてホスピスで死ぬ日を待つ人も多いです。
治療も保険会社の許可を貰いながら進めるんですよね。
「世界一豊かな国」とは思えないことが多いですよ、この国は「金持ちの為の国」です、強いて言えば。
アメリカに来る時は、万が一のことを考えて、必ず旅行保険を掛けないと破産しかねませんので、ご注意を!

日本にも外国の保険会社がどんどん入ってきてがん保険などを販売していますが、これが、国民健康保険解体の前哨戦で無いことを切に祈ります。

ポイゾン・オークは漆の被れに同じようですよ。
幸い、私はまだやってません!
これからもそんなことにならないように注意しないと!
2017/05/04(木) 12:08:00 | URL | yokoblueplanet #-[ 編集]
ゴールデン・フェアリー・ランターン...
下を向いて咲く、ユリ科のお花
素敵ですね
でも、かぶれを引き起こすんですね
私はヤマユリで、くしゃみが出たりします
2017/05/04(木) 23:27:28 | URL | チャンコナベ #-[ 編集]
チャンコナベさんへ:かぶれは、ポイゾン・オーク!
チャンコナベさん、こんばんは。

> ゴールデン・フェアリー・ランターン...
> 下を向いて咲く、ユリ科のお花
> 素敵ですね
> でも、かぶれを引き起こすんですね
> 私はヤマユリで、くしゃみが出たりします

くしゃみは花粉の所為でしょうか?
ヤマユリは香りもかなり高いですね。

かぶれは、百合の花ではなく、その周辺に生えているポイゾン・オークの所為なんですよ。
漆と同じような症状のようですが、幸い、私は痒い目に遭っていません!
2017/05/05(金) 14:53:05 | URL | yokoblueplanet #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yokoblueplanet.blog112.fc2.com/tb.php/15513-2286d068
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック