Yoko's 人生=旅 on this Blue Planet
高速回転中の青い惑星地球、負けじと走り回る一人の記録。
モハヴィ砂漠を走る長〜い貨物列車 (15)
2017.3.19.:58号線40号線でベイカー (Baker, CA) へ向う途中、ルート66 (66号線が断片的に残っている)の道標があるダゲット (Daggett, CA) 近辺で道草。ちょうど通過した BNSF (the Burlington Northern and Santa Fe Railway) 貨物列車を見た後、残された町の様子は見ずに、丘に登りしばし休憩。

ダゲットの町には今でも200人前後の人が住んでいる。昔の映画、ジョン・スタインベック (John Steinbeck) の1939年に書かれた小説に基づいたジョン・フォード (John Ford) 監督、ヘンリー・フォンダ (Henry Fonda) 主演の「怒りの葡萄 "The Grapes of Wrath"」のロケーションにこの町は使われていたそうだ。ダスト・ボールのために農地の表土が無くなり、生計が建てられなくなったオクラホマ州の農民がカリフォルニア州へ移り住む物語だが、アメリカ発の東西横断高速道路ルート66が移動に使われた。

今立っている丘はロケーションに使われたであろう下のルート66/66号線や鉄道、その向こうに広がる畑を見渡せる高さだ。町の標高は700m弱なので、この丘も1,000mは無いと思われる高さだ。

blog 10 Mojave to Daggett 58E, Phacelia & Pincushion_DSC6816-3.19.17.(1).jpg

花の大きさが1cm程度しかないケシの仲間、コーヴィルのポピー、そのサイズからピグミー・ポピー (Coville's Poppy, Pygmy Poppy) 、学名: (Eschscholzia minutiflora) と呼ばれるポピーも他の花に混じって点在している。

blog 10 Mojave to Daggett 58E, Coville's Poppy-Pygmy Poppy (Eschscholzia minutiflora)_DSC6786-3.19.17.(1).jpg

クレオソート・ブッシュ (Creosote Bush) が点在するこの丘、潅木を取り囲むように濃い紫色のファセリア (Phacelia) や白いピンクッション (Pincushion) がひとかたまりになって背を伸ばしている。

blog 10 Mojave to Daggett 58E, Phacelia & Pincushion_DSC6813-3.19.17.(1).jpg

そして白や紫色の花に混じる黄色い花。まだ名前が分からない野草だ。

blog 10 Mojave to Daggett 58E, Phacelia & Pincushion_DSC6814-3.19.17.(1).jpg

今の所、一番近いと思われる野草がこれ:バラ科のシュラッビー・チンケフォイル (Shrubby Cinquefoil) 、学名: (Dasiphora fruticosa) 。

blog 10 Mojave to Daggett 58E, Small flowered Blazing Star?_DSC6826-3.19.17.(1).jpg


blog 10 Mojave to Daggett 58E, Small flowered Blazing Star?_DSC6829-3.19.17.(1).jpg


スポンサーサイト

テーマ:アメリカ縦断/横断の旅 - ジャンル:海外情報

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yokoblueplanet.blog112.fc2.com/tb.php/15538-47ab3afe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック