Yoko's 人生=旅 on this Blue Planet
高速回転中の青い惑星地球、負けじと走り回る一人の記録。
地震に注意!!〜今日の新規アップ記事(308):2017年05月10日**2)「憲法9条は古くない」 「憲法9条こそが新しい」 〜 別枠、トランプ、ロシアと現政権の関係を調査中のFBI長官を解雇!

**今日の爆弾ニュースは、1973年にウォーターゲイト事件で追求の手が近づいてきた時に、当時この問題を追求するために任命された特別検察官アーチボルド・コックスを首にしたリチャード・ニクソン大統領の事件に例えられている!
青天の霹靂と言える状況だが、ロシアと現政権/関係者の関連を調査中の FBIのコーミィ長官が首にされた。
Trump fires FBI director James Comey 2017.5.9. (CNN)
これはアメリカの政治ではない! "Grotesque abuse of power""What kind of country is this?" と反響が続々出ている。注視!**


**4/24 - チリのヴァルパライソで M6.9、その後M5級の地震連発、インドネシア近辺はM5級が同じく連発している。
2.28 - この2−3日、地震が頻発しています。そして、東北➡️関東➡️九州➡️東北と云う動き方も気になります。どうぞ、水、食料、燃料などの備蓄を怠りなくお過ごしください。**


 

憲法改正への政治ゲーム:駆けつけ警護

自衛隊員の犠牲も厭わず、何とか

して自衛隊に銃を撃たせたい人たち


(9:30) ダイジェスト版



 







今日の新規アップ記事:

2017.05.10.
記事は7時以降の

アップです。



官邸前居座り込み救済訴え抗議 ‏@isuwarikomi 25 Aug
野山を返せ!!
田畑を返せ!!
子供を逃がせ!!

強く強く泣きながら叫ぶ福島の女性




ご訪問ありがとうございます。アップする記事の数が多いので、要点付きの目次をトップに置く事にします。この目次から、あるいはテンプレートの左側の最新記事コラムから記事本体に行けますので、よろしく!!



「真の文明は山を荒らさず,

川を荒らさず、村を破らず、

人を殺さざるなり」

「少しでも、人のいのちに、

害ありて、少しくらいは、

よいと云ふなよ」


        田中正造



「宮澤賢治は、「世界がぜんたい幸福にならないうちは 個人の幸福はありえない」と記しました。私は「世界ぜんたい」とは、人間のみを指すのではないと思います。人間を含めたこの世界全体が幸せになることを、賢治さんは願っていたはずです。またそう考えなければ、この地球という星を守ることはできないところにまで私たちは追い詰められてしまったと思います。」ー小出裕章




B)今日の新規アップ記事:2017年05月10日:

0)ロデオ界のフランスからの「新星」〜アメリカン・ドリームはまだ生きているか?!(2)

 それらの否定的圧力(前記事参照)にも関わらず、アメリカン・ドリームは、生存の危機に瀕しながらも、まだ生きていると言えるだろう。
 と云うことで、引き続き、先週末のロデオ大会に出場した22歳のフランスの若者、「プロ・ブル・ジャンパー "Pro Bull Jumper"」、マヌー・ラタステ (Manu Lataste) :一連のジャンプが終わり、爽やかな笑顔で観客に挨拶をするマヌー。



1)Rodeo:ロデオ (636):2016年シーズン開幕 (114) 〜 Opening

 2016.5.20.:引き続き、5月後半に開催されたヘイワード (Hayward, CA) のロデオ大会の画像。ドラマティックな背景を利用して「国旗」の入場がカウガールによってなされた後は、もちろん、国歌斉唱
 多民族から成る国では、国旗、国歌を中心に、一つの国への意識、忠誠が育てらていれる。
 毎年、この場所で国歌を歌う希望者を募り、その中から選ばれる歌い手は、中学生/高校生から高齢者まで、職業もさまざまだ。去年はアメリカ国旗の模様が入ったブーツ着用のこの女性。難しい音程の国歌を無事歌い上げた。



2)井上ひさし:「憲法9条は古くない」 「憲法9条こそが新しい」 施行70周年、故・井上ひさしの言葉に耳を傾け、日本国憲法の価値を再認識せよ! 2017.5.3. (LITERA)

井上ひさしは日本国憲法の良さを

伝えることを「一生の仕事」に


していた


<いったい、もめごとがあっても武力でではなく話し合いで解決しようという考え方のどこが古いのでしょうか>

<敗戦の翌年、日本国憲法が公布されたときです。「きみたちは長くは生きられまい」と悲しそうにしていた先生が、こんどはとても朗らかな口調で「これから先の生きていく目安が、すべてこの百と三つの条文に書いてあります」とおっしゃった。とりわけ、日本はもう二度と戦争で自分の言い分を通すことはしないという覚悟に、体がふるえてきました>



3)今日の新規アップ記事(307)2017年04月30日〜5月06日: 5/01 - 2) 「共謀罪法案」特集〜1)「週刊女性」:「テロリストには役立たず、戦争反対運動つぶしに役立つ」と徹底批判

5/2 - 2)1)三回忌を迎えた愛川欽也を偲ぶ! 生前、口にしていた「安倍さんに殺される」という言葉の意味とは? 4/15 & 2)高橋克実:「太平洋戦争に突っ込んで行った時と同じ」 4/26

1)三回忌を迎えた愛川欽也を偲ぶ!愛川は、俳優、司会者、映画監督など、多くの肩書きをもち、そして、それらどの分野でも高い業績を残したのはご存知の通りだが、彼の残した仕事のなかで当サイト的に最も注目したいのは、平和主義者として言論活動にあたってきた側面である。
 愛川は自身の戦争体験なども語りつつ、憲法改正に対し「反対」のメッセージを発信し続けてきた。その最たるものが、20年以上にもわたり放送し続けていた『愛川欽也 パックインジャーナル』(朝日ニュースター)である。


2)『グッディ』高橋克実:

「太平洋戦争に突っ込んで

行った時と同じ」:
安倍政権の北朝鮮危機扇動、が狙われれば最も危険な原発については、なぜか、まったく具体的に言及無し






A)常設記事:

1)スイスMetro Mediaー最新ー放射性汚染物質拡散予報
2)ヨーロッパの放射性汚染物質拡散予想図:ドイツ気象局
3)地震地図:Japan Quake Map
4)気象庁地震情報>>
5)読んで欲しい原発関連記事、お役に立つと思われるものリスト
6)地震マップ、放射性汚染物質拡散予想図 & 各種ライフライン/災害情報 (3月28日更新)
WHO世界保健機関と IAEA国際原子力機関が共同で開催:2001年キエフ国際会議 真実はどこに?―WHOとIAEA 放射能汚染を巡って(原題:Controverses nucléaires)
http://youtu.be/oryOrsOy6LI


WSJ:「米NRC、原発認可手続きを停止」 2012年 8月 8日 11:10 JST

<動画:忘れていはいけない事>

「日本の子どもの数が一人になるまでの残された時間」が判る>>

「日本の子ども人口時計」

早川由紀夫:福島第一原発事故の放射能汚染地図、八訂版>>


食材の汚染度計測:食の安全のために:

生活クラブ:消費材の放射能検査結果>>

食品汚染マップ 2013.2.17>>

新・全国の放射能情報一覧>>

【マダムトモコの厚労省日報ダイジェスト】

【文鳥姉さんのお料理実験室】Foodbase23

こどもみらい測定所データ

NPO 法人ベクまる



7)小出裕章、広瀬隆講演会、原発関連講演会、イベント他  随 時 更 新 (04月17日更新)






元経済企画庁長官 田中 秀征氏

われわれは違憲な法律を認めないと

ともに、昨年の閣議決定を撤回し、

この法律を全面的に見直すこと


目指さなければならない。


「戦争させない」デモが国会包囲 参加者12万人と主催者 2015.8.30.(東京新聞)


C)今日の新規アップ記事:2017年05月09日:

0)ロデオ界のフランスからの「新星」〜アメリカン・ドリームはまだ生きているか?!(1)

 。。。それらの否定的圧力にも関わらず、アメリカン・ドリームは、生存の危機に瀕しているが、まだ生きていると言えるだろう。昨日はフランスの大統領選が完結し、39歳のエマニュエル・マクロン (Emmanuel Macron) が次期の5年間、フランスの舵取りをすることになった。アメリカが移民排斥に走るのと同じ方向を向いていたル・ペン候補は40%に満たない集票数だったが、4割近い票がル・ペン候補に入ったと云う事実は大きい。
 また脱線しそうだが、そのフランス繋がりで先週末のロデオ大会に出場した22歳のフランスの若者、「プロ・ブル・ジャンパー "Pro Bull Jumper"」、マヌー・ラタステ (Manu Lataste) を紹介したい。彼がアメリカに来たのは3年前。MCの紹介によると、英語はまったく話せなかったと云う。彼の特技はブル・ジャンピング。詳しいことは分からないが、家族が興行界に身を置いていたらしい、そしてマヌーは14歳の時から、このプル・ジャンピングをしてきた。



1)朝ご飯 |ブランチ(31)

 時期は変わり、昨年の暑い暑い「秋」のブランチ:
 9月下旬のある朝、茹でたトウモロコシ、人参/ごぼう/お揚げさん入りの芽ひじきの炒め煮、アヴォカド、スモークド・サーモン、それにもやしのピリ辛漬け>> ➡️ 作り方>> お昼ご飯 | ブランチ(19) :このブランチの主食はトウモロコシ!



2)栗本 英世:南スーダンで私たちが思い知らされた国連PKOの「限界」 それでも日本は情勢悪化を認めない…2017.4.28.(現代ビジネス)

南スーダン、国連PKOの「限界」

南スーダンで何が起きているのか? そもそもなぜ未曾有の人道危機となったのか? 大反響となった論考「日本では議論されない『絶望的な現状』」「政治問題を民族問題に変換した『悪魔の選択』」「『国づくり大失敗』の真相」につづき、民族・政治・歴史的背景から南スーダン問題を読み解く――。

▪️ひとつの国に三つの国連PKO


**5/8 CA Time: 今日の話題はトランプ政権とロシア|中国の関係が目立っていた。ロシアとの関係については、安全保障アドヴァイザートして3週間在籍したフリン氏の虚偽証言と彼のブラックメイルの対象になりかねない所業について事前に警告を発していた元代理司法長官のサリー・イェイツ (Sally Yates) の議会での公聴会があった。オバマ大統領も事前にこの問題に関しては直接現大統領に忠告していたと云うことなので、今後どのような展開を見せるのか注視だ。ウォーターゲイト事件並みの大事件になる可能性もある。
 日本の議会の「話」と異なり少なくとも専門知識と職業意識に裏打ちされた応答は聞いていても惚れ惚れする。
 もう一つの中国との問題では、トランプの娘婿、クッシュナー氏の妹が中国で50万ドル以上の金額をアメリカに投資すれば永住権取得の便宜を諮ると云うビジネスを始めたらしい。まだ詳しいことは分からないが、「国を売る行為」であるという声が出ている。また政権と職権|利権乱用の問題が増えたようだ。この問題の行方も注視だ。**





D)今日の新規アップ記事:2017年05月08日:

0)番外編:カリフォルニア(627): Bear Valley, CA (19)

 2016.4.14.:ウィリアムズ (Williams, CA) の果樹園や季節の水田を抜けて一山超えるとベア・ヴァリー (Bear Valley)
 引き続き、可愛らしい野草を:背が低く地面に平たく広がることが多いのであまり目立たないレッド・メイズ (Red Maids) 、学名:(Calandrinia menziesii) 。カランドリニア属の1年草でカリフォルニアに自生する。
 カリフォルニアの沿岸部の草地では普通に見られるが、分布域はカナダのBCからアメリカ側のニュー・メキシコまでと広い。



1)モハヴィ砂漠を走る長〜い貨物列車 (13)

 2017.3.19.:58号線40号線でベイカー (Baker, CA) へ向う途中、ルート66 (66号線が断片的に残っている)の道標があるダゲット (Daggett, CA) 近辺で道草。ちょうど通過した BNSF (the Burlington Northern and Santa Fe Railway) 貨物列車を見た後、残された町の様子は見ずに、丘に登りしばし休憩。
 引っ切り無しに、大型トラックが眼下に見える高速道路40号線を東西に走り抜けていくのだが、それぞれが目立つ車体の色だったりロゴだったりをつけているので、ぼーっとしながら見ているだけでも面白い。足元にはファセリアの一種、ノッチ・リーヴド・ファセリア (Notch-leaved Phacelia) 、学名: (Phacelia Crenulata) が紫色の花をつけて満開。



2)思考の種(551): 1)ドクターZ:消費増税へのゴリ押しか? & 2)「憲法を守ろう」排除の動きが続々 まるで戦前!

1)財務省:消費増税へのゴリ押しか?

人事に透ける焦りと危機感


2)「憲法を守ろう」という集会が、

公的な場所から締め出し


▪️安倍政権以降、護憲、反原発、政権批判の集会、人物が次々と排除

 言わずもがな、憲法は「集会・表現の自由」「思想および良心の自由」を保障しており、また、地方自治法第244条も〈普通地方公共団体は、正当な理由がない限り、住民が公の施設を利用することを拒んではならない〉と定めている。


**5/7 CA Time:先ほど、フランスの新しい大統領のスピーチが実況中継された。エマニュエル・マクロン (Emmanuel Macron) 、39歳。2014年に経済・産業・デジタル大臣 (Minister of Economy, Industry and Digital Affair) に任命され、その後2016年8月に大統領選に出ると云う理由で辞任。同年4月6日に アン・マルシェ! "En Marche!" (= a centrist) "En Marche!" (= a centrist) を結成。
 極右でも極左でもなく中道、内向きになり国を閉じる方向ではなく、ヨーロッパ/世界全体を見ている所に喜望が持てる。"We are in this altogether."**





E)今日の新規アップ記事:2017年05月07日:

0)番外編:カリフォルニア(626): Bear Valley, CA (18)

 2016.4.14.:ウィリアムズ (Williams, CA) の果樹園や季節の水田を抜けて一山超えるとベア・ヴァリー (Bear Valley)
 前出のチェッカーブルームの花の大きさは花びらの長さだけでも3cm+はあるが、すぐには身元確認ができなかった。今日の野草は極々小さなライナンサス (Linanthus) の一種。有名な仲間にはスィエラ・ネヴァダ山脈でよく見られるムスタング・ライナンサス>> アメリカ横断:番外編 (435):Mustang Linanthus がある。
 バイカラー・ライナンサ(th)ス (Bicolor linanthus) 、トゥルー・ベイビィスターズ (True babystars) 、またトゥー・カラー・ライナンサス (Two color linanthus) 、学名:(Leptosiphon bicolor) と呼ばれる低地の草原に自生する野草だ。



1)Rodeo:ロデオ (635):2016年シーズン開幕 (113) 〜 Opening

 2016.5.20.:引き続き、5月後半に開催されたヘイワード (Hayward, CA) のロデオ大会の画像。ここ数年、金曜日の夜にも観客を呼び込み、開会式、ブル・ライディング (Bull Riding) 、ダンス・パーティなどを開催する大会が増えているようだ。
 週末の土、日に開催される本大会の前には、各地でそれぞれ趣向を凝らした催し物があって、ロデオ大会の華、女王たちの選出も行われる。本大会は午後からの開催なので、昼前に、町の目抜き通りを練り歩く伝統的なパレードも多い。



2)神保哲夫 | 宮台真司〜【5金スペシャルPart 1 & Part 2】パンドラの箱が開いたトランプのアメリカに行ってきた 2017.4.1 (videonewscom)

1)人種、移民、白人至上主義者

今、アメリカで何が起きているか


2)トランプ政権を裏で操る

スティーブ・バノンが自任する

オルトライト運動の源流を訪ねて


**フランスの大統領選挙、最後の最後になってマクロン側のメールが流出という変な動きが出てきましたね。オバマ元大統領の応援するマクロン候補、トランプ大統領のル・ペン候補〜EUにとっても、これまでの「世界」にとっても大きな変化が引き起こされるであろうこの選挙結果、注目です。**


スポンサーサイト

テーマ:アメリカ縦断/横断の旅 - ジャンル:海外情報

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yokoblueplanet.blog112.fc2.com/tb.php/15554-7f5a9a78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック