Yoko's 人生=旅 on this Blue Planet
高速回転中の青い惑星地球、負けじと走り回る一人の記録。
番外編:カリフォルニア(632): Bear Valley, CA (24)
2016.4.14.:ウィリアムズ (Williams, CA) の果樹園や季節の水田を抜けて一山超えるとベア・ヴァリー (Bear Valley) 。
谷間の底を小川が流れるベア・ヴァレーでの野草探索も終わり、20号線に戻り、沿岸部へ向かう。

山あり谷あり、湖ありの20号線沿いには、地形によって、または地層によって異なる野草が自生している。下のミニアチュア・ルピン (Miniature Lupine) 、学名:(Lupinus bicolor) は、これまでも色々な場所のものを紹介してきたが、少しずつ変化があるようで、これもそうなの?と考えさせられる姿も時に見かける。

blog 28 Bear Valley, Miniature Lupine_DSC6641-4.14.16.jpg

北米西部のカナダのブリティッシュ・コロンビア (BC, Canada) からカリフォルニアまで広く分布している。カリフォルニアでは、ほぼ全州に渡って自生しており、カリフォルニア・ポピー (California Poppy) と一緒に群生していることも多い。

ミニアチュアだが、時には背丈が40cm近くになるものもある。花の色もブルー、パープル、ラヴェンダーと幅があるが、春の草原を彩る野草の中でもよく目立つ種類だ。

blog 28 Bear Valley, Miniature Lupine_DSC6640-4.14.16.jpg

なだらかな丘が続く地域からレッドウッドの森の中に入ると、日差しが森の床まで余り届かない場所が多くなる。薄暗い山の崖には、毎年顔を見せてくれるカリフォルニアフォーン・リリー (California Fawn Lily) 、学名:(Erythronium californicum) がある。

ここ数年、同じ時期に通過するのだが、雨降りの日が多かったり、崖の上の方だったりで、まともに咲いている姿を撮ったのは忘れるほど遥か昔だ。(続く)

blog 28 Bear Valley, California Fawn Lily 2_DSC6650-4.14.16.jpg


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yokoblueplanet.blog112.fc2.com/tb.php/15564-fe61902e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック