Yoko's 人生=旅 on this Blue Planet
高速回転中の青い惑星地球、負けじと走り回る一人の記録。
番外編:カリフォルニア(634): Bear Valley, CA (26)
2016.4.14.:ウィリアムズ (Williams, CA) の果樹園や季節の水田を抜けて一山超えるとベア・ヴァリー (Bear Valley) 。
谷間の底を小川が流れるベア・ヴァレーでの野草探索も終わり、20号線に戻り、沿岸部へ向かう。

メンドスィーノ山系の大きなレッドウッドなどの多い森林は日中でも薄暗い場所が多い:木漏れ日が入る程度の崖に咲いていたカリフォルニア固有種のカリフォルニアフォーン・リリー (California Fawn Lily) 、学名:(Erythronium californicum) 。その崖の下には、朱赤のオダマキの仲間、ウェスターン・コロンバイン (Western Columbine) 、学名: (Aquilegia formosa) が、柔らかい葉を広げていた。

blog 28 Bear Valley, Columbine_DSC6682-4.14.16.jpg

水気のある場所を好むので、水の染み出す崖の下は彼らにとっては自生しやすい環境なのだろう。粘土質の土地でも蛇紋岩の多い場所でも生きることができる野草だ。

blog 28 Bear Valley, Columbine 2_DSC6680-4.14.16.jpg

専門の認可園芸店に行くと、カリフォルニアの山野草を買うこともできる。このオダマキはハミング・バードも好きな花の一つなので、庭の半日陰の場所に植えておくと別の楽しみもできるかも知れない。

blog 28 Bear Valley, Columbine_DSC6681-4.14.16.jpg


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
今日私もオダマキのお花を撮っていたので、一瞬似ていると思いました
文を読んで、納得です(●^o^●)
花の色が、鮮やかですね
2017/05/17(水) 23:09:14 | URL | チャンコナベ #-[ 編集]
チャンコナベさんへ:オダマキ
チャンコナベさん、こんばんは。

> 今日私もオダマキのお花を撮っていたので、一瞬似ていると思いました
> 文を読んで、納得です(●^o^●)
> 花の色が、鮮やかですね

日本も今頃がオダマキの季節ですね。
内陸部に行くとブルーやクリーム色のオダマキもあるのですが、カリフォルニアの沿岸部はこの色のオダマキです。
目立ちますよ!
カリフォルニア北部では、オモトの仲間やツマトリソウのそっくりさんも咲き始めています!
2017/05/18(木) 10:42:40 | URL | yokoblueplanet #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yokoblueplanet.blog112.fc2.com/tb.php/15566-3e45bdf1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック