Yoko's 人生=旅 on this Blue Planet
高速回転中の青い惑星地球、負けじと走り回る一人の記録。
Rodeo:ロデオ (639):2016年シーズン開幕 (119) 〜 Behind the Chute
2016.5.21.:アメリカや日本などでは、食肉はお店に行けば、綺麗に切りそろえられて、元の姿は分からないようになっている。大きなスーパーへ行けば、部位ごとに包装されていて、臭いも漏れ出さないように(漏れ出しているが。。。)なっている。馬や牛を見ても、それがすぐお店の「食肉」につながらないようになっている。(こちらでは、馬はペット扱いなので、馬肉を食べる人は少ない。)

そんな環境なので、よほどのお金持ちで田舎に牧場や農場を持っている、あるいは田舎に親戚がない限り、牧畜にも農業にも触れる機会が無い。毎日の食材がどこから来るのかもよく分からなくなっている。ただ近年、スポーツとしてブル・ライディング (Bull Riding) がPBRなどの活躍によって世界的に人気番組になっているので、それつながりでロデオやカウボーイに興味を持つ人は増えているようだ。

ロデオ大会 (Rodeo) 会場は例年観客で満杯になる。ヨセミテの麓のオークデイル (Oakdale) のように嵐に見舞われたりする場合もあるが、そんな時でも雨天順延は無く、大会は決行される。観客など一人も来ないのではないかと危惧する必要はない。流石に満杯にはならないが、相当数が雨具着用で観客席に陣取る。

そんな観客を雨でも嵐でも喜ばせるのが、どんな悪条件にも負けないカウボーイたちだ。カウボーイと一言で云うが、高校生から大学生、実際に牧場で仕事をしている専業のカウボーイまで幅がある。下の二人は、大学にあるロデオ同好会/クラブに所属する現役の大学生で、今回大会初登場だ。

blog 83 Rowell Ranch Rodeo, Saddle Bronco Riders, Tim Ditrich & Wade Brown (CalPoly Mustang)_DSC9484-5.21.16.(1).jpg

ロデオ会場に着替え室があるわけではないので、シュート (馬や牛が装具をつけて競技場に飛び出してくる前に入る柵)の裏側でカウボーイたちは出場準備をする。大きなダッフル・バッグに鞍やブーツや着替えを詰めて来る。ここに見える鞍はサドル・ブロンコ用に改良されたもので、前が当たらないようになっている。

blog 83 Rowell Ranch Rodeo, Saddle Bronco Riders_DSC9487-5.21.16.(1).jpg

ブーツにスパーをつけているところ。ブル・ライダー (Bull Rider) たちは、ブーツが途中で脱げ落ちないようにしっかりと革ひもでグルグル巻きにしている。

blog (6x4@300) Yoko 83 Rowell Ranch Rodeo, Bull Rider?_DSC9488-5.21.16.(1).jpg


スポンサーサイト

テーマ:ロデオ:Rodeo - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yokoblueplanet.blog112.fc2.com/tb.php/15574-93ffb38b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック