Yoko's 人生=旅 on this Blue Planet
高速回転中の青い惑星地球、負けじと走り回る一人の記録。
伊藤博敏:加計学園問題・前川前事務次官はなぜ安倍政権に「歯向かった」のか 2017.5.25. (現代ビジネス)| 直接圧力の新事実ほか
0)自由党・山本太郎氏「NHKが忖度報道を続けるなら、受信料支払いをボイコットする」 2017.5.27.(産経新聞)


視聴者がスポンサー、ということをNHK首脳陣とNHK報道は思い出す必要がある」

『受信料の支払いをボイコット』する

 自由党の山本太郎共同代表は27日、学校法人「加計学園」(岡山市)の大学獣医学部新設計画をめぐり、「NHKが加計問題に対して政権への忖度(そんたく)報道を続けるなら、『受信料の支払いをボイコット』する。公共放送とは言えぬ偏向報道だ」とツイッターに投稿した。


記事の続きは、上の タイトルから元記事へ>>




1) 伊藤博敏:加計学園問題・前川前事務次官はなぜ安倍政権に「歯向かった」のか 2017.5.25. (現代ビジネス)


事務方トップの反乱が意味するもの

竹中平蔵の名前の出るところは臭う?>

▪️犯人捜し

永田町に激震が走った。

文部科学省の事務方トップだった前川喜平前事務次官が、『週刊文春』(17年6月1日号)の取材に応じて、安倍晋三首相の意を受けた内閣府官僚らの圧力に負けて、首相の「腹心の友」である加計孝太郎氏が理事長を務める加計学園の獣医学部新設を許し、しかもその過程を綴った内部文書が「本物」であると認めたのだ。

問題となったのは、5月17日、『朝日新聞』が「新学部『総理の意向』と、大見出しを掲げ、1面トップで報じた獣医学部新設に絡む記録文書。昨年9~10月に文科省と内閣府のやりとりなどをまとめたA4版で8枚の文書である。

朝日は、これをもとに記事を作成、民進党は国会でこの問題を取り上げたのだが、菅義偉官房長官は、「名前も日時も記載されていない怪文書のようなもの」と、切り捨てた。

すると朝日は、翌18日、日時と氏名が記載された文書を、そのまま掲載。そこには、「平成30年4月の開学を大前提にして欲しい」と、内閣府の官僚が文科省の窓口に伝えたうえで、「官邸の最高レベルが言っていること」と、プレッシャーをかけている様子が記されていた。




前川氏は、この文書の存在も認めたうえで、「総理のご意向かどうかは確認のしようはありませんが、ここまで強い言葉はこれまで見たことがなかった」と、語っている。

プレッシャーをかけたのは内閣府の藤原豊審議官。「経産省からの出向者で、とにかく官邸の意向を大切にする人。国家戦略特区有識者議員で、特区選定の実力者である竹中平蔵・東洋大教授に可愛がられている」(内閣府関係者)という。

前川氏は、一連の文書が文科省のものであることは認めたものの、流出させたのが誰であるかに言及したわけではない。だが、菅官房長官はオフ懇の場で、「(流出させたのは)元最高責任者」と語っており、文科省内部でも総理の威を借りて獣医学部新設をゴリ押しする内閣府と、特区という例外規定を突破口に、新設を図る官邸のやり方に批判的なOBが流したもの」と、目されていた。

では、そのOBは誰か。その際、本人かどうかはともかく、官邸に対してケンカを売るだけの度胸を持ち、事実、近年、官邸とぶつかることが多かった前川氏とそのチームではないか、というのは菅氏だけでなく霞ヶ関の了解事項だった。

前川喜平とは何者か――。

私は、審議官時代に自ら就職先あっせんの口利きしていたことが発覚して、今年1月に退任した前川氏の「華麗なる経歴と人柄」について、本サイトで配信(2月9日)したことがある。

祖父は前川製作所の創業者で妹は中曽根弘文元文相に嫁いでおり、本人も与謝野馨氏が文相時代に秘書官を務めており、経歴は事務次官コースを辿るに相応しかった。

一方で、小泉純一郎政権の「三位一体改革」に噛み付き、自らの名をもじった「奇兵隊、前へ!」と題するブログで政府方針に歯向かうなど型破り。そんな主張を通すところが、今回、「犯人説」が流れたゆえんだろう。また官邸とは、今回の加計学園騒動の前に新国立競技場建設をめぐって、ギクシャクしていた経緯もある。


記事の続きは、上の タイトルから元記事へ>>





2)官邸が前川前次官に直接圧力の事実が 首相補佐官が前川前次官に「加計の手続き急げ」と直接圧力の新事実! 2017.5.27.(LITERA)


天下り処罰も加計認可反対派の一掃が目的

首相補佐官が前川前次官に直接圧力

 加計学園問題で、また新たな情報が出てきた。昨年秋ごろ、当時文科省事務次官だった前川喜平氏が官邸の首相補佐官に呼ばれ、加計学園の獣医学部開学に向けて“手続きを急げ”と圧力をかけられていたというのだ。

 その首相補佐官とは、和泉洋人氏文科省は2003年に「獣医学部の新設は認めない」という公示を出しており、和泉首相補佐官は前川事務次官を呼び出すと、〈告示改正の手続きに向けて「(大学を所管する)高等教育局に早くしてもらいたい」と要求〉したのだという。このとき、前川次官は〈「(文科)大臣が判断されること」と明言を避けた〉が、この一件は複数の文科省幹部に伝えられたと今日の毎日新聞朝刊が伝えている。

 昨年の秋といえば、特区を担当する内閣府が「総理のご意向」「官邸の最高レベルが言っていること」などと文科省に加計学園の早期開学を迫っていたことが内部文書によってあきらかになっているが、今回の報道は、同時期に官邸が直接、文科省に圧力をかけていたことを示す。

 しかも、前川氏を呼びつけた和泉首相補佐官は、「菅房長官の懐刀」とも呼ばれる人物である。

 和泉氏は旧建設省出身で、現在は政府が名護市辺野古で進めている埋め立て工事で省庁を統括している人物であり、新国立競技場の“やり直しコンペ”を仕切ったのも和泉首相補佐官だといわれる。もともとは民主党・野田政権時代に内閣官房参与として官邸入り、そのまま安倍首相が留任させるという異例の人事が行われたが、その背景には和泉氏と付き合いが長かった菅義偉官房長官の後押しがあったとされるなど、菅官房長官の「片腕」という立場だ。ようするに、菅官房長官という「官邸の最高レベル」の片腕が直接、事務次官を呼びつけて早期認可を指示していたのである。


記事の続きは、上の タイトルから元記事へ>>





関連記事>> 2) 高橋洋一:加計学園問題の本質は何か 〜このままでは政府の勝ちで終わるだろう 2017.5.22.(現代ビジネス)


既得権維持派が何を言っても…

▪️文書の出所は?

5月20日(土)、筆者は以下のツイッターをしたところ、多くのリツイートがあった。今回のコラムはそれを深めてみよう。

<<ツウィートは元記事へ>>

同学園の愛媛県今治市の獣医学部新設をめぐり、出所不明の文書が5月17日(水)と18日(木)の朝日新聞で報じられた。

17日に報じられたのは、日付がないものであった。これに対して、菅官房長官は作成日時も作成部局もないと17日午前の記者会見で述べた。翌18日に報じられたモノは、作成日時と出席者が特定された文書だった。政府がどうコメントするかを読んでいたような2日連続の報道だった。

もっとも、官邸もこの文章がどこから出ているのかを特定できているようだ。

筆者も官邸勤務の時、報道されている記事の出所を調べた経験がある。情報分析の一環であり、基本中の基本だ。

ほとんどの記事は、マスコミの独自調査報道ではない。外部のネタ元からのたれ込みである。複数のマスコミにたれ込んだものの場合、ネタ元はしばしば容易にわかるものだ。


▪️新事実が出なければ政府の勝ち…


記事の続きは、上の タイトルから元記事へ>>


スポンサーサイト

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

コメント
この記事へのコメント
問題なし派の高橋洋一氏の記事が面白いです。ますます権力の犬に見えてきました。
既得権を守りたい側のロジックと称して、官僚の需給重視の許認可姿勢に問題ありと指摘してるんですが、今進めてる国家戦略特区の獣医学部新設では、既存にはない新たな需要を重視など検討の4条件を、政府側が2年前に閣議決定してるんですよね。
で、96億の税金使って試算では年間3000万の税収というのはギャップあり過ぎかと思います。今治市民の皆さんは受け入れられますかね。
今日もTBSで触れてましたが、公正な審査・手続きで行われてるかが問題の核心では。
2017/06/03(土) 20:49:34 | URL | ktpage #-[ 編集]
ktpageさんへ:高橋某は。。。
ktpageさん、こんばんは。

> 問題なし派の高橋洋一氏の記事が面白いです。ますます権力の犬に見えてきました。
> 既得権を守りたい側のロジックと称して、官僚の需給重視の許認可姿勢に問題ありと指摘してるんですが、今進めてる国家戦略特区の獣医学部新設では、既存にはない新たな需要を重視など検討の4条件を、政府側が2年前に閣議決定してるんですよね。
> で、96億の税金使って試算では年間3000万の税収というのはギャップあり過ぎかと思います。今治市民の皆さんは受け入れられますかね。
> 今日もTBSで触れてましたが、公正な審査・手続きで行われてるかが問題の核心では。

もう紹介する気にもならないです!
今治市は諸経費が多くなって、大変になるでしょうね?
森友学園も加計学園問題も根は同じ:前文科省の事務次官前川喜平氏がかなり踏み込んで発言しているようで、嬉しいです。
ケネディ大統領の生誕100年が祝われたばかりですが、娘のケネディーシュロスバーグ元大使が、父親の言葉を引用してました:
'History will judge us by four qualities: Courage, integrity, dedication and judgment.'
官邸側から(と言われる)前川さんに対する個人攻撃もあったようですが、ケネディ大統領のあげた4つの質から見ると、どちらに軍配があがるでしょうか。
2017/06/04(日) 12:29:27 | URL | yokoblueplanet #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yokoblueplanet.blog112.fc2.com/tb.php/15625-77103e19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック