Yoko's 人生=旅 on this Blue Planet
高速回転中の青い惑星地球、負けじと走り回る一人の記録。
番外編:カリフォルニア(649): Mendocino, CA (8)
2016.4.16.:西のニュー・イングランド (New England) と称されるメンドスィーノ (Mendocino, CA) の目抜き通りのすぐ前にある崖の上でハイキング。

外来種の赤い実をつけた潅木、とは云え、放置すれば、4m+の背丈になるグローカス・コトニーアスター (Glaucous Cotoneaster) 、学名:(Cotoneaster glaucophyllus) 。

blog 30 Mendocino, Downtown Hiking Trail, Red Berries, CA_DSC6798-4.16.16.(2).jpg

ヒマラヤから中国、ヴェトナムが原産地で、たくさんの種を結ぶので、繁殖のスピードも速い。鳥たちが種を運ぶため、知らない間に庭に芽を出していることもある。森の中にも突然現れたりする。すぐ伸びるので、欲しくない場合は、即、抜いてしまうことが肝心。

blog 30 Mendocino, Downtown Hiking Trail, Red Berries, CA_DSC6799-4.16.16.(2).jpg

崖の先端部の少し窪んだ場所のカラー・リリー (Calla Lily)、学名:(Zantedeschia aethiopica) の大きな群生:こちらは南アフリカ原産の外来種だが、高級品としてのイメージが定着しているためか、サトイモ科の植物でもあまり邪魔者扱いはされていないようだ。

blog 30 Mendocino, Downtown Hiking Trail, Calla Lilies, CA_DSC6800-4.16.16.(2).jpg

そうてカリフォルニアの州花、カリフォルニアポピー (California Poppy) 、学名:(Eschscholzia californica) も点在する。とんがり帽子の形をした蕾の下のピンクの額が特長だ。

ポピーの後ろの細長い葉脈がくっきり見える葉は、ユーラシア原産の外来種、イングリッシュ・プランテイン (English Plantain) 、学名:(Plantago lanceolata) のもの。新石器時代初期のノルウェイでも知られていた植物で、咳止めにお茶として利用されていた薬草でもある。

blog 30 Mendocino, Downtown Hiking Trail, California Poppy, CA_DSC6802-4.16.16.(2).jpg


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
今晩は
こちらでもカンボクがありますが、こちらのカンボクの果実は鳥はなかなか食べに来ません。霜に当たって実がしわしわになってから小鳥がようやく食べに来ます
でも、全く小鳥には人気がありません
2017/06/02(金) 21:42:46 | URL | チャンコナベ #-[ 編集]
チャンコナベさんへ:美味しくないのかな?!
チャンコナベさん、こんにちは。

> 今晩は
> こちらでもカンボクがありますが、こちらのカンボクの果実は鳥はなかなか食べに来ません。霜に当たって実がしわしわになってから小鳥がようやく食べに来ます
> でも、全く小鳥には人気がありません

日本の山には美味しい食べ物が多いのでしょうかね?!
同じように赤い実でも、味はだいぶ異なりますから、他に食べるものが無くなる時期まで小鳥たちが手を出さないと云うことは、かなりまずい?
それとも霜に当たる頃でないと甘くならない?
小鳥たちに訊いてみたいですね!
2017/06/03(土) 08:22:45 | URL | yokoblueplanet #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yokoblueplanet.blog112.fc2.com/tb.php/15642-7d7a3b8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック