Yoko's 人生=旅 on this Blue Planet
高速回転中の青い惑星地球、負けじと走り回る一人の記録。
北朝鮮 「むかっとしてミサイル」元料理人に正恩氏発言 2016.4.26. (毎日新聞)

**5/29 - CA Time:今朝のニュースで、日本の首相が北朝鮮の新たなミサイル発射に関して、<アメリカと一緒に具体的な行動を取る>と勇ましい発言をしていると流れた。同じ件に関して、米国防省のマティス将軍は、<最悪の事態になれば、世界でも最も人口密度の高い地区(直近ではソウル)が最大の被害を受けるので、戦争は避けたい。国連と周辺諸国と外交交渉によって解決を図りたい>、と云う趣旨の話をしていた。ニュース記事が見つからないので、聞いた言葉だけだが、この差は何なのかと思う。
 日本など戦争を始めるような状況に無い。なのに後先も考えずに<具体的な行動>とはどういうこと?戦争は、戦争ごっこと違って、血が流れる、人が死ぬ、人も物も木っ端微塵になる。原発を抱えた日本で一体どうするつもりなのか、今更だけど、正気を疑う。
 マティス将軍は戦争の現場を見てきている軍人だ。部下を危険な目に合わせなくてはならない。彼らの命を奪うことにもなる。そして他にも無数の一般人が巻き込まれ、路頭に迷い、命を落とす。軽々しく<具体的な行動>等とは言わない。
 もし日本の首相が本気で<具体的な行動>を取りたいのであれば、一人で北朝鮮に乗り込んで欲しいものだ。**


1)北朝鮮 「むかっとしてミサイル」元料理人に正恩氏発言 2016.4.26. (毎日新聞)


戦争する気はない金正日(キム・ジョンイル)総書記

 金正日(キム・ジョンイル)総書記元専属料理人藤本健二氏(仮名)が25日夜、毎日新聞の取材に応じ、再訪した北朝鮮で金正恩(キム・ジョンウン)第1書記と面会したことを明らかにした。相次ぐ核ミサイル実験について金第1書記は「戦争する気はない。外交の人間がアメリカに近づくと無理難題を突き付けてくる。むかっとしてミサイルを発射している」と発言したという。

 金第1書記と面会したのは藤本氏が平壌に到着した12日夕。市内の宴会施設で妹の与正(ヨジョン)氏や側近の崔竜海(チェ・リョンヘ)書記らを交え、3時間にわたり食事をともにした。赤ワインで乾杯した後、金第1書記はまず「日本国は今、我が国をどう見ているのか」と質問藤本氏が「最悪です」と応じると「そうか」とうなずきながら聞いていたという。日本人拉致問題への言及はなかった。

 藤本氏は「宿舎の高麗ホテル玄関で待っていると、金第1書記自らベンツを運転してやってきたのに驚いた。いつ来てもいい、困ったことがあれば言ってくれ、と声をかけてもらった。私に日本政府との橋渡し役をしてほしいのだと思った」。藤本氏によると、金第1書記からの招待を受け、12日から23日まで訪朝していた。【鈴木琢磨】

元記事へは、上の タイトルから>>



CNNがまとめたミサイル発射実験回数の推移:

2)North Korea's missile tests By the numbers 2017.5.29. (CNN)


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yokoblueplanet.blog112.fc2.com/tb.php/15649-cd49c96f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック