Yoko's 人生=旅 on this Blue Planet
高速回転中の青い惑星地球、負けじと走り回る一人の記録。
地震に注意!!〜今日の新規アップ記事(312):2017年06月08日**2)安倍加憲:安倍政権の「9条をそのままに自衛隊を明記」?! 日本国内でしか通用しない解釈
共謀罪は廃案に…」

<共謀罪>衆院通過 東北の与野党も賛否両論 2017.5.24.(河北新報)

共謀罪>衆院通過: 共同通信社が20、21の両日に実施した世論調査によると、政府の説明が不十分との回答が8割近くに達した。公明党宮城県本部の庄子賢一代表は「法案への理解が十分に広がっていないのも事実」と認め、政府に一層の努力を求めた。
 野党からは批判の声が相次いだ。民進党福島県連の亀岡義尚幹事長は「国民の自由を脅かし、総監視社会につながる恐れがある」と指摘。自由党岩手県連の佐々木順一幹事長は「これほどの重要法案を強行採決すべきではない」と訴えた。


**6/7 - CA Time:明日木曜日は、大統領に解任された元FBI長官コーミィ氏の議会での公聴会がある。大統領は一応公に、コーミィ氏の幸運を祈る、と発言したが、明日は公聴会の報道を見ながら、ツウィートを猛連発するのではないかと云う見解も出ている。
 準備されたコーミィ氏の発言によると、ホワイト・ハウスでの面会の際に、大統領は “I need loyalty, I expect loyalty”と言ったと云うことだ。
Trump to Comey: ‘I expect loyalty,’ according to former FBI chief’s prepared testimony 2017.6.7. (WP)
 昨日、司法長官のジェフ・セッションズ氏が辞任するかも知れないと云う憶測が流れていることを少し書いた:セッションズ氏自体は自由社会の政治家としては人種|人権問題などで問題/癖の強い人物だが、国家の下僕としての忠誠心はどこにあるのかは心得ているようで、憲法の存在理由を解しない大統領との間で軋轢が表面化しているようだ。
 コーミィ氏に忠誠心を要求した大統領の行為は的外れであり、真に国家の下僕としての政治家/官僚であるならば、到底応じられないものであるわけだ。全員が同じような規範に則って行動しているわけではない。大企業の献金で買収されてしまっている議員も多い。だが、ここぞと云う時に、しっかり踏ん張って憲法の掲げる理想を守ろうとする人材が出てくる。(日本のセージカの多くの忠誠心は何処に?文科省元事務次官の前川喜平氏が踏ん張っているようなのは嬉しい。山本太郎議員も命に関わる問題を掘り下げているが、もっともっと後に続く人材が欲しい所だ。)
 以下は、コーミィ氏の準備された証言:事前に発表された。
READ: James Comey's prepared testimony 2017.6.7.(CNN)**


**4/24 - チリのヴァルパライソで M6.9、その後M5級の地震連発、インドネシア近辺はM5級が同じく連発している。
2.28 - この2−3日、地震が頻発しています。そして、東北➡️関東➡️九州➡️東北と云う動き方も気になります。どうぞ、水、食料、燃料などの備蓄を怠りなくお過ごしください。**


 

憲法改正への政治ゲーム:駆けつけ警護

自衛隊員の犠牲も厭わず、何とか

して自衛隊に銃を撃たせたい人たち


(9:30) ダイジェスト版



 







今日の新規アップ記事:

2017.06.08.
記事は7時以降の

アップです。



官邸前居座り込み救済訴え抗議 ‏@isuwarikomi 25 Aug
野山を返せ!!
田畑を返せ!!
子供を逃がせ!!

強く強く泣きながら叫ぶ福島の女性




ご訪問ありがとうございます。アップする記事の数が多いので、要点付きの目次をトップに置く事にします。この目次から、あるいはテンプレートの左側の最新記事コラムから記事本体に行けますので、よろしく!!



「真の文明は山を荒らさず,

川を荒らさず、村を破らず、

人を殺さざるなり」

「少しでも、人のいのちに、

害ありて、少しくらいは、

よいと云ふなよ」


        田中正造



「宮澤賢治は、「世界がぜんたい幸福にならないうちは 個人の幸福はありえない」と記しました。私は「世界ぜんたい」とは、人間のみを指すのではないと思います。人間を含めたこの世界全体が幸せになることを、賢治さんは願っていたはずです。またそう考えなければ、この地球という星を守ることはできないところにまで私たちは追い詰められてしまったと思います。」ー小出裕章




B)今日の新規アップ記事:2017年06月08日:

0)番外編:カリフォルニア(655): Mendocino Coast Botanical Gardens, Fort Bragg (1)

 2016.4.19.:メンドスィーノ (Mendocino, CA) の北隣のフォート・ブラッグ (Fort Bragg) には、この地域に自生するロードデンドロン | シャクナゲ (Rhododendron) を中心にした公営のメンドスィーノ・コースト・ボタニカル・ガーデンズ (Mendocino Coast Botanical Gardens) 、19ha がある。
 カリフォルニア・コースト・ナショナル・モニュメント (California Coastal National Monument) の一環で、モニュメント(ナショナル・パークに格上げされる前の状態)には20,000以上の島、岩礁、サンゴ礁、岩山などがあり、1,770kmに及ぶカリフォルニア沿岸に生息する動植物の安住の地となっている。



1)朝ご飯 |ブランチ(35)

 11に入ってからのブランチ:小粒のジャガイモ3−4個を2−3mmの輪切りにして、温めたフライパンにオリーヴ油を敷いて軽く塩、胡椒を振った鍋に少し縁が重なるように綺麗に並べる。
 中火の弱火で、蓋をして、焦がさないように火を通す。透き通ってきたら、牛乳を加え、上に瀬戸内海産のシラスを適量載せて、水気が無くなるまで煮る。最後に、茹でておいたブロッコリーを適量加える。ブロッコリーの美味しい茎は捨てずに、皮を剥いて使う。
 別の日のお昼ご飯:アンデルセンの食パンを使ったチーズ・トースト。お気に入りの自家製ペスト・ジェノヴェーゼを塗って。チーズはモッツァレッラ。



2)伊勢崎賢治:安倍「加憲」で全世界が知ることとなる日本の「身勝手な論理」 英訳したらバレてしまう… 2017.5.30. (現代ビジネス)

安倍加憲:安倍政権の

9条をそのままに自衛隊を明記?!

日本国内でしか通用しない解釈






A)常設記事:

1)スイスMetro Mediaー最新ー放射性汚染物質拡散予報
2)ヨーロッパの放射性汚染物質拡散予想図:ドイツ気象局
3)地震地図:Japan Quake Map
4)気象庁地震情報>>
5)読んで欲しい原発関連記事、お役に立つと思われるものリスト
6)地震マップ、放射性汚染物質拡散予想図 & 各種ライフライン/災害情報 (3月28日更新)
WHO世界保健機関と IAEA国際原子力機関が共同で開催:2001年キエフ国際会議 真実はどこに?―WHOとIAEA 放射能汚染を巡って(原題:Controverses nucléaires)
http://youtu.be/oryOrsOy6LI


WSJ:「米NRC、原発認可手続きを停止」 2012年 8月 8日 11:10 JST

<動画:忘れていはいけない事>

「日本の子どもの数が一人になるまでの残された時間」が判る>>

「日本の子ども人口時計」

早川由紀夫:福島第一原発事故の放射能汚染地図、八訂版>>


食材の汚染度計測:食の安全のために:

生活クラブ:消費材の放射能検査結果>>

食品汚染マップ 2013.2.17>>

新・全国の放射能情報一覧>>

【マダムトモコの厚労省日報ダイジェスト】

【文鳥姉さんのお料理実験室】Foodbase23

こどもみらい測定所データ

NPO 法人ベクまる



7)小出裕章、広瀬隆講演会、原発関連講演会、イベント他  随 時 更 新 (06月04日更新)





元経済企画庁長官 田中 秀征氏

われわれは違憲な法律を認めないと

ともに、昨年の閣議決定を撤回し、

この法律を全面的に見直すこと


目指さなければならない。


「戦争させない」デモが国会包囲 参加者12万人と主催者 2015.8.30.(東京新聞)


C)今日の新規アップ記事:2017年06月07日:

0)番外編:カリフォルニア(654): Mendocino, CA (13) & Point Cabrillo (4)

 2016.4.17.:翌日、メンドスィーノ (Mendocino, CA) の町から12~3km北上した場所にあるキャスパー・ヘッドランズ・州立保護区 (Caspar Headlands State Preserve) を散策。
 以前の記事はこちらへ>> 番外編ーカリフォルニアの花 (733):Purple Nightshade (Solanum xanti) & Point Cabrillo Light Station, Fort Bragg, CA
 保護区のこの入り口から先端までは200m前後だが、途中、両側には一般の個人住宅があり、園芸種も多く植えられているが、傾向としては、できるだけその地域に自生する植物を造園に使うことが多くなっているが、このロックローズ (Rockrose) の仲間のホワイト・ロックローズ (White Rockrose) 、学名:(Cistus hybridus) は例外。



1)モハヴィ砂漠を走る長〜い貨物列車 (23)

 2017.3.19.:アメリカの大陸横断道の母と言われるイリノイ州シカゴ (Chicago, IL) とカリフォルニア州の太平洋岸のサンタ・モニカ (Santa Monica, CA) を結んだアメリカ最初の大陸横断道路、ルート66 (Route 66) が残されている40号線から58号線に戻り、モハヴィの町 (Mojave, CA) へ戻る。
 ルート66に関する前の記事に興味のある方は>> アメリカ全州訪問の旅 第2部(1390)The Grand Tour - Part II ”Tulsa, Tulsa County, OK”
  アメリカ横断:カリフォルニアからコーパスクリステイへ(9)
 ヘクター・ロード (Hector Road) からルート66に入り、再度道草。火山性の岩がゴロゴロしている場所だが、少し歩いてみると、花を咲かせた野草が周辺を囲んでいる。大きな葉の野草の身元確認はまだだが、小さな黄色い花をつけているのは、スモール・フラワード・ブレイズィング・スター (Small Flowered Blazing Star) 、学名: (Mentzelia albicaulis) と思われる。



2)薬を減らすことは、薬を始めるよりはるかに難しい 2017.5.27. (週刊現代)

断薬を真摯に考える医者こそ良医

 高齢者の薬の多剤併用(ポリファーマシー)が問題になっている。多剤併用が大きな問題になっている理由は大きく分けて2つある。1つは医療財政の問題。
 そしてそれより大きな問題が、副作用だ。薬の種類が6種類以上になると「薬物有害作用」、いわゆる副作用の発現頻度が急増することがわかっている。



3)今日の新規アップ記事(311)2017年5月28日〜6月03日: 5/30 - 2) 「むかっとしてミサイル」戦争する気はない ー 金正日(キム・ジョンイル)総書記

5/30 - 2) 北朝鮮 「むかっとしてミサイル」元料理人に正恩氏発言 2016.4.26. (毎日新聞)

戦争する気はない

「むかっとしてミサイル」


ー金正日(キム・ジョンイル)総書記


** 6/6 - CA Time:CNNでは、大統領を長いこと支援してきた司法長官のジェフ・セッションズが辞任の動きと報じている。
 そして、28分前〜ニュー・ヨーク・タイムズ紙が、FBI長官を解任される前、ホワイト・ハウスに呼ばれたコーミィ元長官が、その場にいたセッションズ司法長官に対して自分を大統領と二人きりにしないでくれと言っていたと報じている。
Comey Told Sessions: Don’t Leave Me Alone With Trump 2017.6.6. (NYT)
 先ほど流れた速報では、カタールの国営ニューズ・エイジェンシーにロシアのハッカーが侵入し、ガルフ地域でアメリカが最も信頼を置くカタールとの関係を損傷する偽ニュースを植え付けたと云う。FBのティームがドーハに赴き調査をしており、カタールの外務大臣は、FBI がハックと偽ニュースを確認したと語っている。
 問題のニュースは5月23日のもので、カタールの首長がイランとイスラエルに近いこと、そしてトランプ大統領がいつまで保つかと語ったとされている。結果として周辺6カ国との関係は悪化。大統領が、カタールに否定的なツウィートを発信続けていることで問題はさらに混迷を極めている。
 カタールにはガルフ地区最大のアメリカ軍の基地があり、もしカタールと米の関係が悪化すれば、対抗勢力には都合の良いことになる。
FIRST ON CNN: US suspects Russian hackers planted fake news behind Qatar crisis 2017.6.6. CNN)
 これまで考えられてきたロシア側によるアメリカの選挙への干渉は、予想より多岐に渡っていたようだ。情報操作だけでなく、選挙の投票システム操作も視野に入れていたらしい。実害は無いとのことだが、まだ詳細は不明。
 昨日明らかになったリーク元の25歳のリアリティ・リー・ウィナーさんは、罪が確定すると最高10年の禁固刑が課される。
Leaked docs show new depth of US voting system hacking by Russia 2017.6.5.(MSNBC-The Rachel Maddow Show)
 少し前の記事だが、初めての外遊の最初の訪問国であるサウジアラビアが大統領を手玉に取ったと云う内容だ。サウジ側の中東に置けるイスラム教のシーアイト派及び同調者に対する戦いに、アメリカが取り込まれたと云うもので、ファリード・ザカリヤは、大統領の基本政策は、アメリカ第一で、サウジアラビア第一ではないと思っていた、と書いている。
 アメリカはサウジ側に取り込まれたことによって、終わりの無いイスラム教内の派閥闘争に巻き込まれ、イラクのような両派閥といい関係を保ちたい国を苦境に陥れることになる、さらにアメリカが一番避けたいジハーディストのテロ活動問題を解決することにはならないと云う。
Zakaria: How Saudi Arabia played Donald Trump 2017.5.27. (CNN)





D)今日の新規アップ記事:2017年06月06日:

0)番外編:カリフォルニア(653): Mendocino, CA (12) & Point Cabrillo (3)

 2016.4.17.:翌日、メンドスィーノ (Mendocino, CA) の町から12~3km北上した場所にあるキャスパー・ヘッドランズ・州立保護区 (Caspar Headlands State Preserve) を散策。
 以前の記事はこちらへ>> 番外編:カリフォルニア(175):Whale Festivals @ Mendocino, Mendocino CO., CA
 黄色い花をつける野草を名称未確認のまま続けて載せるのには、少々勇気が要るが、可愛いな、と思うのでご容赦を。
花の直径は5cm前後あるかなと思う(未測定)。



1)Rodeo:ロデオ (645):2016年シーズン開幕 (125) 〜 Mutton Busting (2)

 2016.5.21.:ロデオ (Rodeo) 本大会の最初の競技は、10歳以下の子供たちの羊乗り競争、マトン・バスティング (Mutton Busting)
 マトン・バスティングの次の競技、ベアバック・ブロンコ・ライディング (Bareback Bronco Riding) の準備中のお兄さんがニコニコ見守る中、ブル・ファイター (Bull Fighter) のリックに抱かれてシュートに戻るのは、4番目のマトン・バスター、ジェイク。



2)國分功一郎 × 大竹まこと × 室井佑月:「意向に沿わないと思われた瞬間、一般市民ではなくなる共謀罪『中動態の世界』」2017.06.02.

「意向に沿わないと思われた瞬間、

一般市民ではなくなる共謀罪

『中動態の世界』」

権力にビクビクしながら、発言など

を抑えてしまう時
権力は下から来る



3)目次: 今日の新規アップ記事: 2011年5月29日から~

306): 5/14 - 2) マンハッタン・プロジェクト原爆開発のいつまでも消えない負の遺物、核廃棄物貯蔵トンネルが陥没

305):<<事故は収束どころか現在も進行中で、事故によって放出された放射性物質は消えたわけではなく、放射線被曝は、特に子供達に大きな影響を与える>>

【原発事故から5年

子供の低線量被曝の真実】


**6/5 - CA Time:19:24 ロシアがアメリカの選挙に干渉したと言われるハッキング事件で、NSAの最高機密情報を25歳のコントラクターの女性、リアリティ・リー・ウィナー氏が(スノーデン事件と関係したグリーンウォルドが設立した)インターセプトに漏らしたとして、司法省により告発された。この女性の漏らした情報は、今日月曜日にインターセプトが発表した記事と同じ内容で、ロシア軍関連の組織がアメリカの投票ソフトウェア開発会社にサイバー攻撃を仕掛けたと云うものだ。今の所、この攻撃が投票結果に影響を及ぼしたという証拠は無い。
 政府関係者は、CNNに対し、インターセプトが発表した書類は間違いなくNSAのものだと語った。
Contractor charged with leaking classified NSA info on Russian hacking 2017.6.5. (CNN)
 今日は特に大きな変化は無いが、再度(イスラム教とである)ロンドン市長を非難するツウィートが流されて昨日からの騒ぎが続いている。ロンドン駐在の米大使ルウィス・ルーケンス(発音?) (Lewis Lukens) もイギリスのテレサ・メイ首相も、市長を支持する趣旨の話/声明を出している。
Trump lashes out at London Mayor Sadiq Khan, again 2017.6.5. (CNN)
 非常に難しい立場に置かれていたホワイト・ハウスの報道官ショーン・スパイサーが、表から消えたことについて憶測が流れている。副報道官のサラー・ハッカビー・サンダースが代理を務めている。スパイサー報道官は他の仕事をしているという話だが、詳細は不明。
The mysterious disappearance of Sean Spicer 2017.6.5. (CNN)
 事件がありましたね:中国駐在の米臨時大使デイヴィッド・ランク氏 (David Rank) が、大統領のパリ協定離脱を受けて辞任!未だに政権の中堅層の職が空きのままで、その数は先日のニュースだと400を超えていた。由々しき問題。
Sources: Acting US ambassador to China quit over Trump climate decision 2017.6.5. (CNN)





E)今日の新規アップ記事:2017年06月05日:

0)番外編:カリフォルニア(652): Mendocino, CA (11) & Point Cabrillo (2)

 2016.4.17.:翌日、メンドスィーノ (Mendocino, CA) の町から12~3km北上した場所にあるキャスパー・ヘッドランズ・州立保護区 (Caspar Headlands State Preserve) を散策。
 以前の記事はこちらへ>> 番外編:カリフォルニア(128):Mendocino & Fort Bragg, CA (2)
 ここの崖も侵食が進んでいるので、足元には注意が必要だ。が、すぐ目の前にはカリフォルニア・アザラシ (California Sea Lion) 、学名:(Zalophus californianus) の島がある。一日中、鳴き声が聞こえる日もある賑やかな場所だ。



1)朝ご飯 |ブランチ(34)

 気温が低くなった11月中旬のブランチ:前回紹介したショート・パスタ、記録を残していました!
 昔からの製法で作られたスキアラテッリ (Scialatelli)風光明媚なことで知られる観光地、アマルフィ・コースト (the Amalfi Coast) が発祥の地らしい。
 1960年代に当地のシェフ、エンリコ・コーセンティーノ (Enrico Cosentino) が「開発」したもので、パスタの歴史の中では新参者になる。製粉も製麺も昔からの手法を使っており、麺はブロンズの型から押し出されると云う。フェタチーニよりも厚みがある。



2)死ぬ瞬間はこんな感じです。死ぬのはこんなに怖い 2012.12.20. (週刊現代)

死ぬ瞬間はこんな感じ

人は必ず死ぬ。

たとえ、どんなに老いに抗い、健康を維持しようと努めても、死は万人が受け入れざるを得ない宿命だ。


**6/4 - CA Time: 昨日のロンドンでのテロ事件に関して、前夜及び早朝から無神経なツウィートを書いていたお年寄りがいて、また物議を醸している。コメンテイターの一人が、大統領の立場になれば変わるだろうという人もいたが、72歳の人間がそう簡単に変わるはずが無い、と言っていたのが印象的。
 先般の外遊の際にヴァティカン皇国でローマ法王に会見した米大統領だが、その後のG7で他国の首長を押しのけてカメラ写りの良い前面に入り込んだとほぼ同じ神経の動きが見られた。通常体の大きい人は、撮影の際に、小さな人を前に来るように配慮する。私の周りのアメリカの人々は、皆、誰が相手でもそのような気配りをする。が、この国を代表する立場にある大統領は、抑制された動きの法王フランシスに気を遣うこともなく、法王を横後ろにした立ち位置で写真に納まっていた。
 さて、ロンドンの市長は史上初のイスラム教徒だ。就任してまだ8ヶ月だが、今回のテロ事件に対する対応は迅速で、皆に落ち着くようにと語りかけてもいた。米大統領は、遺憾の意を表すでもなく、記者会見を開くでもなく、5回ツウィートしただけだ。
 最初のツウィートは、"We need to be smart, vigilant and tough. We need the courts to give us back our rights. We need the Travel Ban as an extra level of safety!" テロ事件に便乗して恐怖を煽り、<裁判所は我々の権利を我々に戻せ、イスラム圏内数カ国の訪問者の入国を禁止する旅行禁止令(大統領令)を通せ>だった。そして思いついたように付け加えた:"Whatever the United States can do to help out in London and the U. K., we will be there - WE ARE WITH YOU. GOD BLESS!" この文章だとまるで「スター・ウォーズ」の乗りだ。
 夜が明けてすぐに、またツウィートを始めるのだが、中の一つがロンドンのカーン市長に喧嘩を売るのかと言われるような内容だったが、市長はツウィートに付き合っている暇は無い、と相手にしなかった。"At least 7 dead and 48 wounded in terror attack and Mayor of London says there is "no reason to be alarmed!"
 問題はいつものように相手の話を全部聞かずに、前後の脈絡関係なしに的外れな内容をツウィートしていることだ。大統領らしからぬとの意見が、支持率の低下とともに大きくなっている。
The London terror tweets prove Donald Trump is never going to be 'presidential' 2017.6.4. (CNN)
 大統領が解任した元FBI長官のコーミィ氏の公聴会は今週の木曜日だ。**





F)今日の新規アップ記事:2017年06月04日:

0)番外編:カリフォルニア(651): Mendocino, CA (10) & Cabrillo Point (1)

 2016.4.16.:西のニュー・イングランド (New England) と称されるメンドスィーノ (Mendocino, CA) の目抜き通りのすぐ前にある崖の上でハイキング。
 空模様がおかしくなってきたので、そろそろ引き揚げどき。入った場所より西側の崖に近い場所から道路へ戻った。そこは見渡す限りワイルド・ラディッシュ (Wild Radish) 、学名:(Raphanus raphanistrum) の花でいっぱい。花の色はクリーム色から薄紫まで。背丈は60cm+、元気だが、アジア原産、あるいは地中海原産と言われるこの外来種は、自生の植物を圧倒してしまうので問題になっている。



1)モハヴィ砂漠を走る長〜い貨物列車 (22)

 2017.3.19.:アメリカの大陸横断道の母と言われるイリノイ州シカゴ (Chicago, IL) とカリフォルニア州の太平洋岸のサンタ・モニカ (Santa Monica, CA) を結んだアメリカ最初の大陸横断道路、ルート66 (Route 66) が残されている40号線から58号線に戻り、モハヴィの町 (Mojave, CA) へ戻る。
 (途中)ヘクター・ロード (Hector Road) から入ったルート66の周辺は、昔の火山活動の痕跡満載:盛り上がった溶岩の塊が時間と共にひび割れて大きな岩がゴロゴロと転がっている状態か、もっともっと細かく砕けて、大地を覆う砂利のようになっている状態だ。



2)巨大地震の予兆か 幻サメ「メガマウス」立て続け捕獲の怪 2017.5.28. (日刊ゲンダイ)

** 5/28 にアリューシャン列島のボゴスロフ島の火山が1月に続き大爆発:粉塵は13,716mまで吹き上げられたと言われており、航空機の通り道でもあるため、最高警戒のコード・レッドが発令された。
 ここ24時間内に、M6.8/6.9の地震が発生しており、引き続き注意が必要。**


巨大地震の予兆か 〜 幻サメ

「メガマウス」立て続け捕獲の怪


<<過去に日本近海でメガマウスが捕獲されたケースを振り返ると、その1週間~2カ月後に震度5弱~7の大地震が起きている>>


** 6/4 - CA Time:マンチェスターで開催されたアリアナ・グランデのコンサートで起きた自爆テロに続き、先ほど、ロンドンのロンドン・ブリッジでヴァンが数人を轢いたと云うニュースが入ってきた。どういう性質の事件なのかの詳細は不明。
 速報によると、近くのレストランでナイフによる襲撃も起きていると云う。 
London police report 'incident' on London Bridge 2017.6.3. (CNN)
 昨日、フィリピンのマニラで起きたカジノ襲撃では、37名が死亡。これはテロでは無く、強盗であるとされていたが、イスラム国が声明を発表し、首謀者たちは関係者であることを確認した。
ISIS claims attack that left 37 dead in Manila casino 2017.6.2. (CNN)
 先週ミンダナオ島のマラウィで起きた事件もイスラム国関連だ。フィリピン軍が制圧に掛かっているが、人口20万の町から7万人以上が避難したと云う。
Philippines launches air strikes in bid to retake ISIS-occupied city 2017.5.31. (CNN)
 今日のニュー・ヨーク・タイムズ紙によると、米大統領はこれまで連邦政府が負担してきた国内の道路、橋、鉄道、水路などのインフラ整備経費を、州政府や市町村自治体や企業にできるだけ移行させる算段とのことだ。連邦政府の補助金カットは、インフラ面だけでなく、国の基礎である教育や医療、福祉にまで及んでおり、これまでのところ明らかに増額が見込まれている分野は軍事面だけだ。
Trump Plans to Shift Infrastructure Funding to Cities, States and Business 2017.6.3. (NYT)
 週末なので、ワシントンDC関連|政権のロシア問題などに関する目立った情報は今のところ見られない。**




スポンサーサイト

テーマ:アメリカ縦断/横断の旅 - ジャンル:海外情報

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yokoblueplanet.blog112.fc2.com/tb.php/15691-5e33f708
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック