Yoko's 人生=旅 on this Blue Planet
高速回転中の青い惑星地球、負けじと走り回る一人の記録。
地震に注意!!〜今日の新規アップ記事(313):2017年06月13日**2)国民健康保険の運営が市町村から都道府県に移管〜年額税額、陸前高田、釜石両市は引き上げ率が40%を超え
共謀罪は廃案に…」

<共謀罪>衆院通過 東北の与野党も賛否両論 2017.5.24.(河北新報)

共謀罪>衆院通過: 共同通信社が20、21の両日に実施した世論調査によると、政府の説明が不十分との回答が8割近くに達した。公明党宮城県本部の庄子賢一代表は「法案への理解が十分に広がっていないのも事実」と認め、政府に一層の努力を求めた。
 野党からは批判の声が相次いだ。民進党福島県連の亀岡義尚幹事長は「国民の自由を脅かし、総監視社会につながる恐れがある」と指摘。自由党岩手県連の佐々木順一幹事長は「これほどの重要法案を強行採決すべきではない」と訴えた。


** 6/12 - CA Time: 今日は朝から悪い夢を見ているような出来事が次から次へと起きていた。ヒエ〜、これ、本当にアメリカのホワイト・ハウスで起きているの?と多くの人が感じた閣僚会議。北朝鮮かロシアのようだ、と言うコメントが多かった閣僚会議だ。
 まず大統領が、歴史的記録を書き換えるスピードで物事を達成していると話した後、一人を除いて全員が大統領のこれまでの「業績」を讃え感謝しているのだ!「将軍様」への姿勢と同じ。
 閣僚、国会議員、官僚の忠誠心は大統領個人に向けられるものでは無く、憲法に向けられるものである姿勢を唯一貫いたのは、マティス将軍だけだった。
 明日は、司法長官ジェフ・セッションズが公聴会で質疑に応じる。その前日のこの異様な閣僚会議。果たしてセッションズは「真面目に」ことに挑むのだろうか?
Trump's Cabinet showers boss with praise 2017.6.12.(CNN)
 ロシアでは、これまで禁止されているデモに参加することの無かった多くの十代の若者が、身の危険を顧みず参加している。政府の腐敗に抗議するデモで、1,000人以上が逮捕されていると云う。リーダーとみなされるアレクセル・ナヴァルニィ (Alexei Navalny) 氏は、モスクワの自宅アパートで逮捕され、30日間の拘留となったそうで、拘束される様子をナヴァルニィ夫人が撮影し公表していた。
 この月曜日は「ロシアの日」で、ナヴァルニィ氏は政府の中枢で起きている腐敗に対する怒りを表現するために通りに出るようにと呼びかけていたと云う。反腐敗グループは、YouTube、ツウィート、ブログを駆使して人々に呼びかけている。3月にアップされたヴィデオには、メドヴェージェフ首相が巨額の富を築いていると非難していたそうだが、視聴回数は2千300万回を超えたと云う。
 ナヴァルニィ氏の呼びかけには次のような文があった: "I want changes. I want to live in a modern democratic state and I want our taxes to be converted into roads, schools and hospitals, not into yachts, palaces and vineyards."
Russia protests: Opposition leader Alexei Navalny sentenced 2017.6.12. (BBC)
 多分このリークは反応を見るためにトランプ側によって流されたものだと思うが、コーミィ元FBI長官に続いて、特別顧問/捜査官のモラー氏を解雇しようと考えていると云うニュース:この2−3日聞こえているのは、党よりも国を優先しろ、と云う意見だ。が、共和党議員は、大統領の人気の基盤が崩れない限りは、立憲主義を否定するような言動が続いてもだんまりを決め込むだろう。(日本も同じ)
Trump friend says president might fire special counsel Robert Mueller 2017.6.12. (LA Times)
 今日は事件があり過ぎて全部は書けないが、ワシントンDCとメアリーランドの司法長官が、大統領に対して裁判を起こした:日本にもある外国人から資金提供を受けてはダメと云う法規。大統領の職にありながら、息子たちの経営を任せているとは言え、その距離が近すぎて、トランプ系列のホテルなどに外国からの資金が大量に流れ込んでいると云う。トランプ帝国はロシアの資金で回っていることは良く知られている。この裁判の行方も注視だ。
 日本関連では、NYT の記事に、娘のイヴァンカのファッション・ブランドが日本のアパレル企業とビジネス交渉をしていたが、日本側企業の最大株主が政府系銀行であることが判明したため、交渉をボツにしたと云うニュースがあった。
Ivanka Trump Brand Ended Deal With Japanese Firm Over Government Ties 2017.6.12. (NYT)**


**4/24 - チリのヴァルパライソで M6.9、その後M5級の地震連発、インドネシア近辺はM5級が同じく連発している。
2.28 - この2−3日、地震が頻発しています。そして、東北➡️関東➡️九州➡️東北と云う動き方も気になります。どうぞ、水、食料、燃料などの備蓄を怠りなくお過ごしください。**


 

憲法改正への政治ゲーム:駆けつけ警護

自衛隊員の犠牲も厭わず、何とか

して自衛隊に銃を撃たせたい人たち


(9:30) ダイジェスト版



 







今日の新規アップ記事:

2017.06.13.
記事は7時以降の

アップです。



官邸前居座り込み救済訴え抗議 ‏@isuwarikomi 25 Aug
野山を返せ!!
田畑を返せ!!
子供を逃がせ!!

強く強く泣きながら叫ぶ福島の女性




ご訪問ありがとうございます。アップする記事の数が多いので、要点付きの目次をトップに置く事にします。この目次から、あるいはテンプレートの左側の最新記事コラムから記事本体に行けますので、よろしく!!



「真の文明は山を荒らさず,

川を荒らさず、村を破らず、

人を殺さざるなり」

「少しでも、人のいのちに、

害ありて、少しくらいは、

よいと云ふなよ」


        田中正造



「宮澤賢治は、「世界がぜんたい幸福にならないうちは 個人の幸福はありえない」と記しました。私は「世界ぜんたい」とは、人間のみを指すのではないと思います。人間を含めたこの世界全体が幸せになることを、賢治さんは願っていたはずです。またそう考えなければ、この地球という星を守ることはできないところにまで私たちは追い詰められてしまったと思います。」ー小出裕章




B)今日の新規アップ記事:2017年06月13日:

0)番外編:カリフォルニア(660): Mendocino Coast Botanical Gardens, Fort Bragg (6)

 2016.4.19.:メンドスィーノ (Mendocino, CA) の北隣のフォート・ブラッグ (Fort Bragg) には、公営のメンドスィーノ・コースト・ボタニカル・ガーデンズ (Mendocino Coast Botanical Gardens) 、19ha がある。
 ガーデンから門をくぐり沿岸部の自然のまま残されている「ガーデン」へ入る。松の樹の間に、背丈は大きくないが、濃い青紫の優雅な花の色が強烈に記憶に残るアイリスが顔を見せ始める。ダグラス・アイリス (Douglas Iris) 、学名:(Iris douglasiana) だ。



1)モハヴィ砂漠を走る長〜い貨物列車 (25)

 2017.3.19.:アメリカの大陸横断道の母と言われるイリノイ州シカゴ (Chicago, IL) とカリフォルニア州の太平洋岸のサンタ・モニカ (Santa Monica, CA) を結んだアメリカ最初の大陸横断道路、ルート66 (Route 66) が残されている40号線から58号線に戻り、モハヴィの町 (Mojave, CA) へ戻る。
 火山活動の痕跡満載のルート66の周辺で道草中:溶岩の痕跡と塩の原が広がる大地の上には、飛ぶ鳥のような姿の大きな雲が流れていた。



2)<国保移管> 税額引き上げ見込みに被災地困惑 2017.6.11. (河北新報)

国民健康保険の運営が市町村から

都道府県に移管


 2018年度導入の新制度で、各市町村でばらばらだった税額の算定基準を統一。県は新基準に従って市町村ごとの納付金を決め、市町村は加入者から集めた保険税を県に納付する。
 今回、県が示した1人当たりの年額税額は県平均11万3937円で、15年度に比べて6004円の引き上げになる。沿岸部では13市町村のうち8市町村で税額が増える(表)。陸前高田、釜石両市は引き上げ率が40%を超えた。






A)常設記事:

1)スイスMetro Mediaー最新ー放射性汚染物質拡散予報
2)ヨーロッパの放射性汚染物質拡散予想図:ドイツ気象局
3)地震地図:Japan Quake Map
4)気象庁地震情報>>
5)読んで欲しい原発関連記事、お役に立つと思われるものリスト
6)地震マップ、放射性汚染物質拡散予想図 & 各種ライフライン/災害情報 (3月28日更新)
WHO世界保健機関と IAEA国際原子力機関が共同で開催:2001年キエフ国際会議 真実はどこに?―WHOとIAEA 放射能汚染を巡って(原題:Controverses nucléaires)
http://youtu.be/oryOrsOy6LI


WSJ:「米NRC、原発認可手続きを停止」 2012年 8月 8日 11:10 JST

<動画:忘れていはいけない事>

「日本の子どもの数が一人になるまでの残された時間」が判る>>

「日本の子ども人口時計」

早川由紀夫:福島第一原発事故の放射能汚染地図、八訂版>>


食材の汚染度計測:食の安全のために:

生活クラブ:消費材の放射能検査結果>>

食品汚染マップ 2013.2.17>>

新・全国の放射能情報一覧>>

【マダムトモコの厚労省日報ダイジェスト】

【文鳥姉さんのお料理実験室】Foodbase23

こどもみらい測定所データ

NPO 法人ベクまる



7)小出裕章、広瀬隆講演会、原発関連講演会、イベント他  随 時 更 新 (06月04日更新)





元経済企画庁長官 田中 秀征氏

われわれは違憲な法律を認めないと

ともに、昨年の閣議決定を撤回し、

この法律を全面的に見直すこと


目指さなければならない。


「戦争させない」デモが国会包囲 参加者12万人と主催者 2015.8.30.(東京新聞)


C)今日の新規アップ記事:2017年06月12日:

0)番外編:カリフォルニア(659): Mendocino Coast Botanical Gardens, Fort Bragg (5)

 2016.4.19.:メンドスィーノ (Mendocino, CA) の北隣のフォート・ブラッグ (Fort Bragg) には、公営のメンドスィーノ・コースト・ボタニカル・ガーデンズ (Mendocino Coast Botanical Gardens) 、19ha がある。
 以前の関連記事はこちらへ>> 番外編:カリフォルニア(136):Mendocino & Fort Bragg, CA (10)
 自生種と外来種が混在する門周辺:シャクナゲの一種だが、カリフォルニアの山に自生するシャクナゲと異なり一段と華やかなロードデンドロン・ルービィ・F・ボウマン (Rhododendron 'Ruby F. Bowman') カリフォルニア州だけでも、130種前後のハイブリッドが作られていると云うシャクナゲ。ツバキと同じで、人気が高い。



1)Rodeo:ロデオ (647):2016年シーズン開幕 (127) 〜 Mutton Busting (4)

 2016.5.21.:ロデオ (Rodeo) 本大会の最初の競技は、10歳以下の子供たちの羊乗り競争、マトン・バスティング (Mutton Busting)
 7番目のマトン・バスターはアイナ:カウガール。
 8番目のマトン・バスターは氏名不詳:リーノが見守る中、一回転しそうな勢いで落下!



2)1)古賀茂明 × 大竹まこと × 倉田真由美:「前川喜平氏文書 信ぴょう性高い、本人に何のメリットも無い & 2)【Part2】前川喜平氏:官僚は政治に一方的に押し切られてはダメだ

1)古賀茂明著:『日本中枢の狂謀』

「前川喜平氏文書 信ぴょう性高い、

本人に何のメリットも無い」


2)官僚は政治に一方的に

押し切られてはダメ


<<なぜ、官僚のトップに登りつめた前川氏は、ここであえて出る杭となる決心をしたのか。既に始まっている、そしてこれからも予想される官邸からの報復をどう受け止めているのか。後輩の官僚たちに何を残し、何を伝えたいのか。>>



3)京都大学大学院教授 高山 佳奈子:もし「共謀罪」が成立したら、私たちはどうなるか【全国民必読】 2017.4.7.(現代ビジネス)

知らなかったと後悔する前に

なぜ、このように無用な処罰規定を広範に導入する法改正が急がれているのか。

京都大学大学院教授 高山 佳奈子:共謀罪とは、犯罪の未遂や予備よりも前の計画段階で処罰の対象とする犯罪類型である。」


**6/11 - CA Time:今日もニュースを聞く暇がなかったけれど、ロシアゲイトは、アメリカの大統領選、イギリスのブレギジット "Brexit" とその立役者であったナイジェル・ファラージによるEU潰し、ジュリアン・アサンジュ、フランスの大統領選挙、サウジアラビアの情報を下に宗派の異なるカタール潰しにかかる周辺国とサウジに取り込まれた米大統領、、、全てを覆う白い網のように見えてくる。
 そうすると、米大統領はトロイの馬になる?!
 人心を操るためのガセネタが諜報機関によってどれほどネット上に流されているのか、あるいは様々な手段を駆使しておだてれば踊る人物を通して社会に影響を及ぼす情報を拡散しているのか想像もつかないが、木曜日の公聴会で元FBI長官のコーミィ氏は、ロシア側は洗練された手段を使って計画的に影響を及ぼしてきており、これからもその活動を続けまた戻って来る。その存在には一点の疑問の余地も無いと断言していた。
Fmr FBI sr adviser: Comey 'crushed' Sessions 2017.6.9? (CNN)
 インターセプトが発表したロシアゲイト関連の情報では、ハッカーの根城はロシア軍関連の組織であるということだった。
 大統領との会話を記したメモを友人であるコロンビア大学の法学部教授を通して、解任され一般人となった後、メディアに流してくれるようにと依頼したのは、特別顧問|捜査官を任命させるためだったとも話していたが、それは現大統領に関する危険な臭いのする情報を幾つも持っているからだろうと推測する。
 公聴会でも、司法長官のジェフ・セッションズの問題について言及していた:大統領との近しい関係、ロシア側との隠れた関係などのため、ロシアゲイト捜査情報に関わるには不適格であり、司法省の責務を果たせない長官になっていた。結果としてロシアゲイトの捜査には関わらないと辞退したのだが、コーミィ元FBI長官の解任の際には大統領と組んで副司法長官の名前で(虚偽のー後に、大統領自身が、解任したのはロシアゲイトが理由とTVで言及)解任理由を発表していた、と考えると、副司法長官が、ホワイト・ハウスにも司法長官にも知らせず、特別顧問|捜査官ボブ・モラー氏を電撃任命した背景が少し見えてくる。
 大統領がコーミィ氏との会話を録音したとされるテープの存在と宣誓下で証言すると記者団を前に断言したことばが大統領を窮地に追い込むだろうと見られている。
If there are tapes, can the White House be forced to turn them over? 2017.6.11. (CNN)
 それでも巷では、トランプ支持者の陰謀説がネット上で拡散され続けており、コーミィ氏の公聴会のことばも違う意味で使われていたりしている。
A Pro-Trump Conspiracy Theorist, a False Tweet and a Runaway Story 2017.6.10. (NYT) **




C)今日の新規アップ記事:2017年06月12日:

0)番外編:カリフォルニア(659): Mendocino Coast Botanical Gardens, Fort Bragg (5)

 2016.4.19.:メンドスィーノ (Mendocino, CA) の北隣のフォート・ブラッグ (Fort Bragg) には、公営のメンドスィーノ・コースト・ボタニカル・ガーデンズ (Mendocino Coast Botanical Gardens) 、19ha がある。
 以前の関連記事はこちらへ>> 番外編:カリフォルニア(136):Mendocino & Fort Bragg, CA (10)
 自生種と外来種が混在する門周辺:シャクナゲの一種だが、カリフォルニアの山に自生するシャクナゲと異なり一段と華やかなロードデンドロン・ルービィ・F・ボウマン (Rhododendron 'Ruby F. Bowman') :カリフォルニア州だけでも、130種前後のハイブリッドが作られていると云うシャクナゲ。ツバキと同じで、人気が高い。



1)Rodeo:ロデオ (647):2016年シーズン開幕 (127) 〜 Mutton Busting (4)

 2016.5.21.:ロデオ (Rodeo) 本大会の最初の競技は、10歳以下の子供たちの羊乗り競争、マトン・バスティング (Mutton Busting)
 7番目のマトン・バスターはアイナ:カウガール。
 8番目のマトン・バスターは氏名不詳:リーノが見守る中、一回転しそうな勢いで落下!



2)1)古賀茂明 × 大竹まこと × 倉田真由美:「前川喜平氏文書 信ぴょう性高い、本人に何のメリットも無い & 2)【Part2】前川喜平氏:官僚は政治に一方的に押し切られてはダメだ

1)古賀茂明著:『日本中枢の狂謀』

「前川喜平氏文書 信ぴょう性高い、

本人に何のメリットも無い」


2)官僚は政治に一方的に

押し切られてはダメ


<<なぜ、官僚のトップに登りつめた前川氏は、ここであえて出る杭となる決心をしたのか。既に始まっている、そしてこれからも予想される官邸からの報復をどう受け止めているのか。後輩の官僚たちに何を残し、何を伝えたいのか。>>



3)京都大学大学院教授 高山 佳奈子:もし「共謀罪」が成立したら、私たちはどうなるか【全国民必読】 2017.4.7.(現代ビジネス)

知らなかったと後悔する前に

なぜ、このように無用な処罰規定を広範に導入する法改正が急がれているのか。

京都大学大学院教授 高山 佳奈子:共謀罪とは、犯罪の未遂や予備よりも前の計画段階で処罰の対象とする犯罪類型である。」


**6/11 - CA Time:今日もニュースを聞く暇がなかったけれど、ロシアゲイトは、アメリカの大統領選、イギリスのブレギジット "Brexit" とその立役者であったナイジェル・ファラージによるEU潰し、ジュリアン・アサンジュ、フランスの大統領選挙、サウジアラビアの情報を下に宗派の異なるカタール潰しにかかる周辺国とサウジに取り込まれた米大統領、、、全てを覆う白い網のように見えてくる。
 そうすると、米大統領はトロイの馬になる?!
 人心を操るためのガセネタが諜報機関によってどれほどネット上に流されているのか、あるいは様々な手段を駆使しておだてれば踊る人物を通して社会に影響を及ぼす情報を拡散しているのか想像もつかないが、木曜日の公聴会で元FBI長官のコーミィ氏は、ロシア側は洗練された手段を使って計画的に影響を及ぼしてきており、これからもその活動を続けまた戻って来る。その存在には一点の疑問の余地も無いと断言していた。
Fmr FBI sr adviser: Comey 'crushed' Sessions 2017.6.9? (CNN)
 インターセプトが発表したロシアゲイト関連の情報では、ハッカーの根城はロシア軍関連の組織であるということだった。
 大統領との会話を記したメモを友人であるコロンビア大学の法学部教授を通して、解任され一般人となった後、メディアに流してくれるようにと依頼したのは、特別顧問|捜査官を任命させるためだったとも話していたが、それは現大統領に関する危険な臭いのする情報を幾つも持っているからだろうと推測する。
 公聴会でも、司法長官のジェフ・セッションズの問題について言及していた:大統領との近しい関係、ロシア側との隠れた関係などのため、ロシアゲイト捜査情報に関わるには不適格であり、司法省の責務を果たせない長官になっていた。結果としてロシアゲイトの捜査には関わらないと辞退したのだが、コーミィ元FBI長官の解任の際には大統領と組んで副司法長官の名前で(虚偽のー後に、大統領自身が、解任したのはロシアゲイトが理由とTVで言及)解任理由を発表していた、と考えると、副司法長官が、ホワイト・ハウスにも司法長官にも知らせず、特別顧問|捜査官ボブ・モラー氏を電撃任命した背景が少し見えてくる。
 大統領がコーミィ氏との会話を録音したとされるテープの存在と宣誓下で証言すると記者団を前に断言したことばが大統領を窮地に追い込むだろうと見られている。
If there are tapes, can the White House be forced to turn them over? 2017.6.11. (CNN)
 それでも巷では、トランプ支持者の陰謀説がネット上で拡散され続けており、コーミィ氏の公聴会のことばも違う意味で使われていたりしている。
A Pro-Trump Conspiracy Theorist, a False Tweet and a Runaway Story 2017.6.10. (NYT) **





D)今日の新規アップ記事:2017年06月11日:

0)番外編:カリフォルニア(658): Mendocino Coast Botanical Gardens, Fort Bragg (4)

 2016.4.19.:メンドスィーノ (Mendocino, CA) の北隣のフォート・ブラッグ (Fort Bragg) には、カリフォルニア・コースト・ナショナル・モニュメント (California Coastal National Monument) の一環で、公営のメンドスィーノ・コースト・ボタニカル・ガーデンズ (Mendocino Coast Botanical Gardens) 、19ha がある。
 まだ自生の野草がそのままに保たれているガーデンの部分の門の外なのだが、足元には自生種が多くなっている:日本にも自生するマイヅルソウ、フォールス・リリー・オヴ・ザ・ヴァレー (False Lily Of the Valley) 、学名: (Maianthemum dilatatum) 。学名も同じだ。



1)お昼ご飯 (23)

 今年のカリフォルニアの天候は「不順」と言えば良いのだろうか?!5月になっても山の方では雪がチラついたりしている。平地でも雨が降ったりする。乾季と雨季がはっきりと分かれていた地中海性気候が「ぐずついて」いる。今年に始まったわけではないが、近年、このぐずつきが頻繁になっている。
 そんな5月のお昼ご飯:紫ジャガイモを茹でたもの、ニンジンも一緒の鍋で茹でたもの、そしてクスクス。でんぷん質が多めの食事。



2)【Part1】前川喜平氏:官僚は政治に一方的に押し切られてはダメだ (マル激トーク・オン・ディマンド 第842回) 2017.5.27.

「あるものをないことにはできない」

<<官僚は国民から選挙で選ばれた政治家は尊重しなければならないが、魂までは明け渡してはならない>>

一旦「総理のご意向」なるものが示されれば、各省庁が長い歴史の中で蓄積してきた知識や公共的な判断基準が簡単に歪められてしまうほどまでに、首相官邸の権限が肥大化していることの反映に他ならない。



3)日本家屋の美惜しむ 道路整備で取り壊しへ 2017.6.11. (河北新報)〜 ** 立派な観光資源ですが、行政は何をしているのでしょうか?

**立派な観光資源ですよ!**

<<12日午後1時から現地視察会を開催する。連絡先は090(4633)9570>>

国登録有形文化財の日本家屋、

道路整備で取り壊しへ


**6/10 - CA Time: 現在23:00前。1日仕事だったので、ニュースは一切耳にしていないが、昨日のFBI 特別顧問|捜査官ボブ・モラー氏が、最強の助っ人をチームに加えたと云う話の続きをしたいと思う。大統領側は「勝利」宣言をしたが、FBI 捜査チームは、ロシア問題と司法妨害(公務執行妨害)の両方の線で徹底的に調べ上げるための準備を万端にしつつある。
 解任されたFBI元長官のコーミィ氏の議会公聴会の前日に発表された氏の発言内容を確認したのだろう、大統領の弁護士カソウィッツ氏は勝利を祝うための箱入りシガーを購入するところを目撃されていた。そして翌日の公聴会の後に、1時間+遅れの勝利声明文を読み上げた。
 同じ時に、モラー氏がチームに加えているのは、法曹界で切れ者と言われるウォーターゲイト事件(ニクソン大統領辞任の引き金)やエンロン事件(電力売買|供給で不正を働いた他)などに関わった知識豊富な人材ばかりのようで、何も見逃すことの無いよう万全のチームが出来上がりつつある。
Mueller staffing up Russia probe while Trump lawyer declares victory 2017.6.10. (CNN)
 6/11 - CA Time: 金曜日か木曜日の MSNBC のニュース番組で、非常に興味深い「米大統領のお友達の輪」が紹介された:そしてここ数年ロンドンのエクアドル大使館に「避難」しているジュリアン・アサンジュがその輪に絡んでくる。
 番組では、イギリスの EU 離脱|ブレギジット "Brexit" の最初の引き金を引いた後引退してしまったナイジェル・ファラージ氏が親しいお友達、トランプ氏と楽しく過ごす会食の様子などを紹介した後アサンジュ氏を訪問するファラージ氏の姿を紹介していた。その日は去年の大統領選挙戦中の1日で、クリントン候補の電子メール漏洩の前日(だと記憶)だったと云う。
 これが意味する所は何なのか、となる訳だが、それはこらからの捜査を待つか何らかの漏洩を待つしか無い。
 これの電子版ニュースを探したのだが、時間切れ。分かったら再度書くことにする予定。
 今週の火曜日は、司法長官のジェフ・セッションズ氏が議会の公聴会で話すことになっている。ドタキャンをする傾向にあるが、今の所、変更は無し。
 コーミィ元 FBI 長官以外の諜報|情報機関の長が二人、公聴会で質疑に応じたのだが、肝心な所はだんまり。これに関しては色々な憶測が飛んでいる。二人ともどちらかと云うと大統領寄り、あるいは報復を恐れて貝のように閉じてしまったのだろうとも言われている。**




スポンサーサイト

テーマ:アメリカ縦断/横断の旅 - ジャンル:海外情報

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yokoblueplanet.blog112.fc2.com/tb.php/15707-5f8d12af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック