Yoko's 人生=旅 on this Blue Planet
高速回転中の青い惑星地球、負けじと走り回る一人の記録。
モハヴィ砂漠を走る長〜い貨物列車 (34)
2017.3.19.:モハヴィの町 (Mojave, CA) へ戻るため58号線に戻りさらに西へ向かうと、乾いてひび割れした「水溜り」の周辺に、大きめの黄色の花の群生が出現:モハヴィ砂漠とその南の山系に自生するカリフォルニア固有種であるリーフィ・ステムド・コレオプスィス (Leafy Stemmed Coreopsis) 、学名: (Leptosyne calliopsidea) と思われる野草の大群生!

亀甲型のひび割れの間から芽を出しているコレオプスィス、大きさが時系列!ここまで乾燥してくると、皆、背丈は伸ばさず、花を咲かせ種を結ぶことに集中しているようだ。おそらく一番小さなものは、このままでは生き残れないだろう。

blog 11 Mojave Desert, CA|58W near Mojave, Coreopsis?_DSC7003-3.19.17.(2).jpg

ここまでの大きさになっているのは、「島」や「中洲」の中央部分、周辺にまだ水がある間に芽を出したものたちだ。

blog 11 Mojave Desert, CA|58W near Mojave, Coreopsis? 2_DSC7005-3.19.17.(2).jpg

白骨化したセイジ・ブラッシ (Sage Brush) の周辺から伸びるコレオプスィスの道。奥に行くほど、コレオプスィス以外の植物が増える。もしかすると、この辺り、灌木を除去するとかの人の手が入ったことがあるのかも知れない。

blog 11 Mojave Desert, CA|58W near Mojave, Coreopsis?_DSC7011-3.19.17.(2).jpg

根元の葉が茶色に変色し始めている「島」や「中洲」の周辺のコレオプスィス。

blog 11 Mojave Desert, CA|58W near Mojave, Coreopsis?_DSC7015-3.19.17.(2).jpg


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yokoblueplanet.blog112.fc2.com/tb.php/15757-48d5b603
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック