Yoko's 人生=旅 on this Blue Planet
高速回転中の青い惑星地球、負けじと走り回る一人の記録。
小林麻央さんの生き方 〜 「皆様にも、今日 笑顔になれることがありますように」(新・情報 7days ニュースキャスター 2017.06.24.)
小林麻央さんの生き方〜新・情報 7days ニュースキャスター 2017.06.24.


「皆様にも、今日 笑顔になれることが

ありますように」


(3:31〜32:42) Published by NEWS *** JAPAN Ver.1:



**乳がんに負けず健康体で約20年、今、80歳になろうとしているカリフォルニアの友人、10代の娘を持ち現在乳がんと闘っているアイルランドの友人、1歳になるかならないかの娘を残して肺がんのために31歳で逝ってしまった台湾出身のカリフォルニアの友人、3年前に膵臓癌で逝ってしまった東京の友人、福島の1,000人を超える小児甲状腺がんで苦しむ子供達、、、がんに苦しむ人々の姿も様々、がんの原因も一言では言えないほどあるでしょう。
 これまでの科学者の研究で分かっていることは、人工的に引き起こされる核分裂から生じる「人工放射性核種」は人体に多大な負の影響を及ぼすと云うことです。日本でも、原発が導入され稼働されるようになって以来、がんの発症率は急激に増加してきました。
 これまでに放出された人工性核種は、半減期が長いものは何十万年と有害な放射線を発し続けます。使用済み核燃料、核廃棄物の処理もままならない原発業界です:ヒトも含む地球上の生物が健康で暮らせるように、これ以上、汚染を拡大させないために、改めてここに核兵器|原発の廃絶を求めます。**



0x5)広島大学、市川定夫先生の「環境学」:自然放射性核種と人工放射性核種

  天然放射能と人工放射能は違う!
  



0x34)柳澤桂子「「放射線が、生命をおびやかすのはなぜですか。」(クロワッサン/Croissant) 2011.7.10.



0x43)1)「福島原発4号機 プールのヒビ割れだけでも人類史上最悪の事態に」週刊朝日 3月8日(木)8時49分配信 & 2)アーニー・ガンダーセン氏 「フクシマ事故の影響で100万人はがんが増える」2012.3.16.号 週間朝日




0x55)震災・原発・政治「作家 高村薫 原発」2011.9.11. (報道ステーション)



0x76)1)福島原発事故から1年:鎌仲ひとみ「内部ひばくを生き抜く」(1) & (2) 「ニュースの深層」2012.3. (朝日ニュースター)、2)「福島の子供 35.8% に甲状腺のう胞やしこりが発見された」2012.5. (TBS ひるおび)



0x115)肥田瞬太郎 「内部被爆の真実・危険とどう向き合うか」 2012.3.31. 尾道しまなみ交流館



0x117)市川定夫 「放射能はいらない」:子供達の未来のためにこれだけは知って欲しい。 2011.3.14.



0x155)武田邦彦:「Help!! 緊急提言3 子どもを汚染地帯に行かせてはいけない」2012.10.21.



0x381)書き起こし付き!! 〜 必聴!! 〜 木村真三 × 青木 理:「原発事故の健康や生活への影響」(JAM THE WORLD) 2017.03.10.

(32:21)

 

放射能の汚染というものは、忘れた頃にやってきたり、また原発事故の恐ろしさって云うのは忘れてはいけないものなんです

今、国が言ってることっていうのは、目先の話しかしていないんですよ。山も先ほど青山さんが言ってられた除染なんかできるわけもないしって。それがどんどん蓄積して流れ出て、流出して、それがどうなって行くのかって云うことの推定もできないような中、これを一切解決もせぬ中、ただ線量が下がったから帰っても良いって云うのは、我々衛生学者として、その公害を見据えてきたこの経験は一体何なのかっていうことは、僕は逆に衛生学者に問うてるんですよね。

で、真っ向から、正面切って僕は言ってるんですよ。で、僕らが罪を作っちゃいけないんです。犠牲者を産んじゃいけないんです。犠牲者を出ないように、守るための仕事と云うのが僕らの学者の領分であって、そういうことの立ち位置を絶対見誤ってはいけない、と。そういう風に感じてますね。





0x377)安倍政権が見捨てた福島・飯舘村から悲痛な叫びを『報ステ』が報道「東京が1mSvなのに、なぜ福島は20mSv?差別でしょ」 2017.3.10. (LITERA)

「東京が1mSvなのに、なぜ福島は

20mSv?差別でしょ


 3.11から明日で丸6年。テレビでは多くの局が東日本大震災の特集を組んでいる。しかし、原発事故の苛烈な実態を報じるものは少なく、なかでも、安倍政権に尻込みしているのか、国の原発政策に対する批判的な報道はほとんど見られない。そんななか、昨日9日の『報道ステーション』(テレビ朝日)では、綿密な取材を通して、国が定める放射線量基準の“ダブルスタンダード”を真っ向から批判した。





0x373)思考の種(527): 「電気料金が上がるワケ」 & もんじゅ廃炉の次に待ち構える「悪夢の原子力行政」

経産省資産:福島原発事故の処理

費用が21.5兆円
〜3年前の試算の

2倍の額〜うち廃炉費用は8兆円

消費者への転嫁:託送料金に上乗せ







0x369)小出裕章先生講演:「エネルギー問題と社会」2015.11.29. @脱原発信州ネットワーク・松本


「エネルギー問題と社会」

(31:42)





0x386)広瀬隆氏講演会: 1) 子どもや孫を守るために【放射能の正体を知る】& 2)【原発は地震に耐えられるか?】2017.3.5. @放射NO! 会議in鳩山

一体どこに放射能があるのか

子どもや孫を守るために

【放射能の正体を知る】

食べ物に問題が移ってきている

【原発は地震に耐えられるか?】

震度7の熊本地震〜中央構造線上


福島原発事故から6年近くになり、被ばく等の記事が少なくなっても、放射性物質が無くなったわけではありません。
一旦体内に取り込むと被ばくを受け続けます。
特に子どもたちはその影響を受けやすく様々な異常や病気の元になります。
今回の広瀬隆氏のお話がその対応の一助になれば幸いです。




スポンサーサイト

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yokoblueplanet.blog112.fc2.com/tb.php/15776-38214967
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック