Yoko's 人生=旅 on this Blue Planet
高速回転中の青い惑星地球、負けじと走り回る一人の記録。
思考の種(558):古賀茂明氏、「日本中枢の狂謀」出版記念講演:メディアと安倍政権の裏側、2)下村文科大臣、200万賄賂?問題ほか
1)古賀茂明氏、「日本中枢の狂謀」出版記念講演: 2017.6.5. (東京外国特派員協会)


イスラム国の後藤さん殺害と安倍首相の中東訪問:
”I am not Abe." の背景

メディアと安倍政権の飴と鞭:
政府のメディアの直接規制は放送法違反

「記者クラブ」の弊害:
官制PR要員とジャーナリストの違い

メディア企業中枢|広告主と権力中枢の距離:
経営者側の報道現場介入

潤沢な政党交付金 + 広告代理店のメディア管理:
報道の自由の萎縮

安倍政権のメディアへの圧力:
メディアを理解し、組織的に徹底して管理

メディア企業のトップ懐柔〜会食、ゴルフ

で仲良しアピール
➡️ 社員への影響大

森友学園|加計学園問題:
役人は文書で仕事をする、文書が無いと

云うことはあり得ない。


<「廃棄しました」は「無い」では無い。>

(1:48:47)


Published on Jun 5, 2017 by FCCJ:

Shigeaki Koga: Author of "Nihon Chusu no Kyobo"





こちらの記事もどうぞ ⏬⏬

2)選挙前にいい度胸だ 国民愚弄政権の詭弁とドーカツ 2017.7.1. (日刊ゲンダイ)


闇献金200万円」

自民党の下村博文元文科相に200万円の「加計マネー」


 200万円の中に「加計マネー」は1円も入っておらず、秘書室長が友人知人に声をかけて集めたものだと下村は釈明してみせたが、だとしたら秘書室長の行為は「あっせん」に当たり、集めた金額が20万円を超えた場合は、あっせん者の名前を記載しなければならないが、こちらも記載がない。

 いずれにしろ200万円の不記載は、政治資金規正法に抵触する可能性が高い。政治資金規正法違反(不記載・虚偽記載)は、5年以下の禁錮または100万円以下の罰金という重罪である。

 最大の問題は、200万円はワイロだった疑いが捨てきれないことだ。

「この問題のポイントは、200万円のカネが渡った当時、下村博文は文科大臣だったことです。その時期、加計学園は獣医学部の新設を切望し、さらに教育学部を新設するために下村文科相に認可を申請していた。結果的に教育学部の新設は認められています」(政治学者・五十嵐仁氏)


記事全文は、上の タイトルから元記事へ>>




3)室井佑月の「嗚呼、仰ってますが。」 “全国に獣医学部”発言 安倍さんのおバカが加速している 2017.6.29. (日刊ゲンダイ)


“全国に獣医学部”発言

安倍さんのおバカが加速

「今治市だけに限定する必要は全くない。地域に関係なく、2校でも3校でも、意欲あるところにはどんどん新設を認めていく」(安倍首相/24日の講演会)

 これは安倍さんが6月24日、神戸で開かれた講演会で語った言葉だ。


記事全文は、上の タイトルから元記事へ>>




4)「私らを落としてみろ」 自民・二階幹事長が“逆切れ口撃” 2017.7.1.(日刊ゲンダイ)


「私らを落としてみろ」 自民・二階幹事長

「私らを落とすなら、落としてみろ」――。30日、東京・国分寺市での都議選応援演説で自民党の二階俊博幹事長がマスコミにほえまくった。

 二階氏は29日の演説で北朝鮮の弾道ミサイル発射を批判する際、精神障害者への差別的表現を使ったため、演説後、記者団に「今後注意したい」と釈明した。30日の演説では「きょうもマスコミが来ているが、言葉をひとつ間違えたら、すぐいろいろなことを書く」と牽制。「選挙が弱かったら落とされてしまう。私たちを落とすなら落としてみろと。マスコミの人だけが選挙を左右すると思ったら大間違い」「あんたらはどういうつもりで書いてるか知らんが、われわれはお金を払って(新聞を)買ってるんだよ」となじった。


記事全文は、上の タイトルから元記事へ>>



スポンサーサイト

テーマ:報道・マスコミ - ジャンル:政治・経済

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yokoblueplanet.blog112.fc2.com/tb.php/15784-ee4cd1ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック