Yoko's 人生=旅 on this Blue Planet
高速回転中の青い惑星地球、負けじと走り回る一人の記録。
今日の新規アップ記事(315)2017年6月25日〜7月1日: 6/26 - 憲法9条3項加憲案=猫だまし改憲案(深草徹弁護士)
E)今日の新規アップ記事:2017年07月01日:

0)番外編:カリフォルニア(678): Mendocino, CA to Auburn, CA (2)

 2016.4.22.:ロデオ・シーズン4月下旬の大会が迫っていた。ゆっくりした時間からまた移動の時間。20号線で山越えをしてスィエラ・ネヴァダ山脈 (Sierra Nevada Mountains) の麓へ向かう。
 陽当たりの良い場所に小さな群生をなしていた野生のオニオンの一種、フリンジド・オニオン (Fringed Onion) 、ワイルド・オニオン (Wild Onion) 、学名: (Allium fimbriatum) の亜種と思われる紫の野草。



1)モハヴィ砂漠を走る長〜い貨物列車 (31)

 2017.3.19.:モハヴィの町 (Mojave, CA) へ戻るため58号線に戻りさらに西へ向かうと、乾いてひび割れした「水溜り」の周辺に、大きめの黄色の花の群生が出現:モハヴィ砂漠とその南の山系に自生するカリフォルニア固有種であるリーフィ・ステムド・コレオプスィス (Leafy Stemmed Coreopsis) 、学名: (Leptosyne calliopsidea) と思われる野草の大群生!
 カサカサに干上がった水溜りの底を渡りながら、コレオプスィスの島を探検。しばし時を忘れる。(幸い、ここにも柵は無かった!)



2)思考の種(557):1)陸揚げコンテナは年間865万個…殺人毒アリ“拡散”の恐怖、2)地球の海面上昇、過去100年で約20センチ上昇

1)南米原産の殺人毒蟻「ヒアリ」

神戸港の周辺で拡散


2)地球の海面上昇が1990年代以後

加速:過去100年で約20cm上昇


**6/30 - CA Time: 今日も銃撃事件があった。ニュー・ヨークのブロンクスにある大きな病院に元従業員と言われる男性が身分証明書を持ち白衣を着て入り、5人を撃った後、16階で撃たれて死亡した女性の側で自殺を遂げているのが確認された。この事件の人間関係や元従業員の抱える問題は明らかになっていないが、現在、病床900以上の大病院に立てこもっている他の銃撃犯人がいないことを確認する作業が進行中と云う。
 最新のニュースだと、犯人は医師とのことだ。
Shooter kills 1, wounds others at NYC hospital; officials say he was doctor 2017.6.30. (CNN)
 米国訪問中の韓国の大統領とホワイト・ハウスで共同記者会見を開いた大統領が、北朝鮮に対する戦略的堪忍袋の緒が切れた的表現をした。ロシア問題から注意をそらしたい大統領にとっては格好の材料だが、そのために性急な決断を下し武力行使などと云うことになったら大問題だ。それこそ1997年製作のバリー・レヴィンソン監督の政治ブラック・コメディ Wag the Dog になってしまう。要注視!
Trump: US patience with the North Korean regime 'is over' 2017.6.30. (CNN)
 クリントン元大統領候補の電子メールを求めてハッカーに接触していた共和党側の工作員が、辞職した大統領の元国家安全保障アドヴァザー、フリン将軍との関係を示唆していた、とウォール・ストリート・ジャーナルが報じた:
GOP operative sought Russian hacker help against Clinton: WSJ 6.29.17. (MSNBC)
 脛にいくつもの傷を持つフリン元将軍は、FBIのロシア問題捜査に協力していると云う話も出ており、トランプ側支持者|議員たちは、FBI捜査の信頼度を貶めるための動きに出ている。
Trump allies work to smear FBI, discredit Russia investigation 2017.6.29. (MSNBC)
 大統領の娘婿、ジャレッド・クッシュナーに関する記事が「ポリティコ」に掲載された。政策アドヴァイザーに囲まれる今のクッシュナーだが、不動産会社経営時に「集めた」信頼の置ける相談相手とも連絡を欠かすことはない。その中には彼の父親や81歳のクリントン支持者でヴェンチャー・キャピタリストであるアラン・パトリコフも含まれている。
 パトリコフは大統領選挙中に、自分はこの男を援護しなければならないクッシュナーの立場にはなりたくない、と思ったと振り返る。クッシュナーの自然の直感は、トランプ支持ではないと思うが、真逆のことが起こったと云う。興味深い記事なので、お時間のある方は下のサイトから元記事へ>>
Inside Jared Kushner’s circle of trust 2017.6.29. (POLITICO)
 昨日のMSNBCの"Morning Joe"のホストの一人、ミカ・ブレズィンスキーを「低知能、フェイス・リフトなどなど」をツウィートで攻撃した大統領は、今度は、ゴシップ新聞の「ナショナル・エンクワイラー」を使って脅しにかかったと報じられている。今年初めにも大統領とホワイト・ハウスのスタッフから、番組の内容を変えるよう脅されていたと云うが、ホストのジョー・スカボローは上級補佐官からのテキストや電話の記録もあると蹴った。
Scarborough, Brzezinski say White House used National Enquirer as threat 2017.6.30. (CNN)**




F)今日の新規アップ記事:2017年06月30日:

0)番外編:カリフォルニア(677): Mendocino, CA to Auburn, CA (1)

 2016.4.22.:ロデオ・シーズン4月下旬の大会が迫っていた。ゆっくりした時間からまた移動の時間。20号線で山越えをしてスィエラ・ネヴァダ山脈 (Sierra Nevada Mountains) の麓へ向かう。
 途中のカロコルタス属 (Calochortus) のユリの花は終わり、ナデシコ科マンテマ属の多年草、カリフォルニア・インディアン・ピンク (California Indian Pink) 、学名:(Silene laciniata ssp. californica) が満開の時期を迎えていた。カリフォルニア種だが、分布は北米西部に限られている。



1)Rodeo:ロデオ (649):2016年シーズン開幕 (129) 〜 Steer Wrestling (1)

 2016.5.21.:ロデオ大会 (Rodeo) で人気のベアバック・ブロンコ・ライディング (Bareback Bronco Riding) が終わると、大会のスポンサー旗がロデオ・クウィーン (Rodeo Queen) やヴォランティアによって披露される。
 8秒間暴れる馬を乗りこなす競技の後は、全速力で走る馬上から、同じく全速力で走る牡牛を捕まえて組み伏せる時間を競う大男の競技、スティア・レスリング (Steer Wrestling) が始まる。



**銀行法に抵触と云うのであれば、ぜひ銀行が高利貸し並みの行為をしているカードローンの弊害についても調査の手を入れて欲しいものだ。羊の皮を被った猛獣並み。手数料の「盗り方」にも問題あり。**


2)岩瀬 達哉:金融庁が問題視! 銀行「老人狙い」のヒドすぎる詐欺 銀行法に抵触する可能性も… 2017.6.7.(現代ビジネス)

「老人狙い」のヒドすぎる 銀行の詐欺

問題視されたのは、銀行が顧客に、アパート経営の建設資金を融資する一方で、建設業者をもセットで紹介。その建設業者から建設費の0.5~3.0%を紹介手数料として受け取っていたというものだ。



3)今日の新規アップ記事(313)2017年6月11日〜17日: 6/17 - 2) 東電原発事故により広い範囲にばらまかれた放射性物質、この影響から人々の健康を守ることは国の責務〜山本太郎参議院議員

6/17 - 2)2017.4.28. 国会活動 〜 復興特別委員会:「新大臣 農家と直接話し合うの巻」 2017.6.9.(山本太郎議員)

東電原発事故により広い範囲にばらまかれた放射性

物質、
この影響から人々の健康を守る

ことは国の責務:
放射線管理区域と同等又はそれ以上で営農する農業生産者はどのような規則、法律で守られますか。

国務大臣ー吉野正芳君:全く突然のことで、正直まだ引継ぎもしておりません。


**6/29 - CA Time: 10年振りの豊富な降雨量だった今年の冬は、雑草もこれまでに無く大きく育ち大地を覆った。先週からの高温続きで、乾燥した草は山火事の格好のエネルギー源になってしまう。今日は朝から南カリフォルニアのロサンゼルス盆地の端から沿岸部にかけて新たな山火事が発生し、周辺には鼻をつく山火事の季節特有の臭いが立ち込めていると云う。
 ロサンゼルス郊外のバーバンクでは、火事から「避難」した鹿が住宅街を移動する姿が、読者のツウィートで紹介されている。詳細は下のサイトから>>
Southern California is blanketed by the smell of wildfires; here's the latest 2017.6.29. (LA Times)
 ワシントン・ポスト紙も含めて、最近出演頻度が高いホワイト・ハウスの副報道官サラー・ハッカビー・サンダースの事実誤認について言及している:下の記事は、彼女がトランプ大統領を援護した際の7つの誤りを指摘している。MSNBCのミカ・ブレズィンスキーの発言が気に入らなかった大統領が今朝、彼女の(したとされる)フェイス・リフトを攻撃したことに端を発する。
 1。SHS: アメリカの人々はタフで、頭がキレる、ファイターを選んだ」→大統領がしたことは「タフ」の定義に収まるものでは無く単なる「いじめ "bullying"」に過ぎない。
 2。「アメリカの人々はファイターを選んだ。ただ座っている何もしない人を選んだわけではない。」「彼は火には火を持って戦う。」→真のファイターは?フロイド・メイウェザー Jr.を例にとってみよう。彼は戦うべき時に戦うのであって、通りですれ違う人が何かを言ったからと云って戦いはしない。
 3。「大統領はこれまでどんな形でも暴力を示唆したり奨励したりしたことは無い。」→選挙運動中、トランプは繰り返し、抗議する人たちへの暴力を示唆した。時には、弁護士費用は払うから、メタメタにしてくれ、とまで言っていた。
 4。「彼はただ押し返して自分を守っているだけだ。」→トランプが何を元に "Morning Joe" のブレズィンスキーを攻撃したのかは定かでないが、彼のツウィートはその類ではない。単なる個人攻撃だ。
 5。トランプがもっと高い道徳的規範を維持するとは思えない:サンダースが大統領の道徳的規範について質問された際に「毎日毎時個人的に攻撃されている人に、ただ座っていることを期待することはできない」と答えたが、彼は一介の小市民ではない、世界に名だたる民主主義の国の大統領だ。彼の立場には責任が伴う。。。
 6。「大統領は我々がもっと立法府のアジェンダに集中することを欲していると思う」→トランプが何を気にかけているかは、彼のツウィートが一番よく表している。もしメディアに取り上げて欲しいことがあるならば、ケーブルTVのホストの容姿では無く、課題の医療保険などについてツウィートするべきでだ、彼は大統領としてアジェンダを設定する権限を持っているのだから。
 7。「彼は何もしないでただ座ってリベラルなメディアやハリウッドのエリートからの攻撃を受けることはしない。」ドナルド・トランプの最大の敵はドナルド・トランプだ。ツウィートを発しているのは彼自身だ。メディア攻撃は盲目的に彼を支持する層には効果的かも知れないが、何を是正するものでもない。
7 things Sarah Huckabee Sanders got totally wrong in her defense of Trump's tweets 2017.6.29. (CNN)
 共和党内でも成立させるに十分な票を集めることのできなかった健康保険案は、金曜日までに終始案を出すという意見も出ていたが、独立記念日の休暇前には無理な様相となったようだ。党内闘争も異様に激しく、共和党支援団体が反対を表明した共和党議員を攻撃するTV広告を流すほどだった。
No GOP deal on health care expected this week as Senate leaves town 2017.6.29. (CNN)
 共和党も大統領自身も、ロシア問題を追及する姿勢を明確にしておらず、逆に捜査を中止させようという動きが目立つこの頃だが、それに関してはMSNBCが突っ込んだ発言をしているので、それは明日に。





G)今日の新規アップ記事:2017年06月29日:

0)番外編:カリフォルニア(676): Mendocino, CA (15)

 2016.4.21.:隣町のメンドスィーノ・コースト・ボタニカル・ガーデンズ (Mendocino Coast Botanical Gardens) へ出かけた日から2−3日後、夕方、前の丘は賑やかになった。
 太平洋沿岸北西部に生息するミュール・ディア (Mule Deer) 、学名: (Odocoileus hemionus) の亜種、コロンビア・ブラック・テイルド・ミュール・ディア (Columbian Black-tailed Deer) 、学名:(Odocoileus hemionus columbianus)先客のいる丘の上の方から来たグループ。先客に近づき「ご挨拶」?



1)朝ご飯 |ブランチ (37)

 翌日のブランチには、前夜の残り物に友人得意の茶碗蒸しが加えられた。
 この時間の茶碗蒸しもお腹に優しくて良いものですね。
 そして友人が作った春雨、人参とカラスミの炒め煮。



2)巨象「三菱重工」が東芝みたいになってきた〜1年で営業利益が半分に 2017.5.19. (週間現代)

問題は飛ばないジェット機以外にも

東芝みたいになってきた'三菱重工'

1年で営業利益が半分に


**6/28 - CA Time: 「フェイク・ニューズ」と主要メディアを攻撃する事で有名な大統領だが、昨日から、「フェイクの ”TIME" 誌の表紙が、大統領のゴルフ・リゾート2カ所に飾られていると話題になっている。
 表紙一杯にドナルド・トランプの写真が広がる "TIME" のコピーは、南フロリダからスコットランドに至るトランプ大統領の少なくとも5つのクラブの壁に額に入れられて掛けられている。見出しには、『ドナルド・トランプ:”アプレンティス” は大ヒットTV番組だ!』と大きな見出しが入れられ、"TIME" の社名の上には、大文字で書かれたもう一つの見出しが『トランプはすべてを網羅する。。。TVも!』と書かれてある。
 2009年3月1日付の表紙は、大統領になる前のトランプが単なるTVのリアリティー・ショーのスターではなく、”TIME" の表紙になるようなスターであると印象付けるものだ。
 が、事実では無い。"TIME" の表紙は偽物|フェイクなのだ。2009.3.1.号は存在しない。トランプが表紙を飾った "TIME" の号は無い。。。
 さて、これはどういう風に解釈すればいいのだろうか?
A Time magazine with Trump on the cover hangs in his golf clubs. It’s fake. 2017.6.27. (WaPo)
 CNNが現政権のアドヴァイザーとロシア銀行の関係を報道する際に、誤りがあったとして謝罪し、記事を引っ込める事件があった:間違いがあっても、絶対に謝らない事で知られている大統領(以前、ブッシュ(息子)元大統領の国家安全保障アドヴァイザーだったコンデリーザ・ライスも絶対謝らないヒトだった)は、執拗に自分が正しいと主張し続ける事によって、自分に敵対する相手から身を守ってきた。
 CNN側では3人が辞任した。問題なく機能しているアメリカのメディアでは、間違いがあれば「自己修正」をする、それが当然のことであり、それはCNNへの信頼を促進するためでもある。
 ジャーナリストたちが書く記事が「フェイク・ニューズ」だとする大統領だが、今週はホワイト・ハウスの副報道官、サラー・ハッカビー・サンダースの語気がまるで鬼の首を獲ったように強くなっている。。。
Trump’s asymmetric warfare against the media continues to pay off 2017.6.27. (WaPo)
 アメリカ合衆国の大統領への世界の評価をワシントン・ポスト紙が紹介している:ピュー・リサーチが、カナダからロシア、南アフリカまで含み37カ国で調査した結果だ。結果は想定内だが、嫌悪される度合いが目を引く。特に記者の目を引いたのが以下の4点だそうだ:

1。世界はプーティンよりもトランプを信頼
  していない、
2。同盟国では、10カ国の内9カ国がトラン
  プを「傲慢」、7カ国が「危険」と見なし
  ている、
3。ナショナリストでさえもトランプが好きで
  はない、
4。トランプの評判は既にジョージ・W・
  ブッシュの最低値より悪い。


読者からの反応に一つ面白いものがあった:

馬鹿げた髪型、✅
危険なほど不安定、✅
制限の無い傲慢さ、✅
現実乖離、✅
偏執的、✅
地球規模のパライア(のけ者、きらわれ者)、✅
見落としてることある?


The 4 most brutal numbers in that poll showing the world hates Trump 2017.6.27. (WaPo)
**





H)今日の新規アップ記事:2017年06月28日:

0)番外編:カリフォルニア(675): Mendocino, CA (14)

 2016.4.21.:隣町のメンドスィーノ・コースト・ボタニカル・ガーデンズ (Mendocino Coast Botanical Gardens) へ出かけた日から2−3日後、夕方、前の丘は賑やかになった。
 まずワイルド・ターキー (Wild Turkey) 、学名:(Meleagris gallopavo) の家族が訪れた。野生の七面鳥は体も大きく「飛べない鳥」であるような印象を与えるが、実際は飛べる。が、ほとんどの場合、歩くか走るかして移動する。
 孔雀のような派手さは無いが、尾羽を広げるとかなりの貫禄だ>> 番外編 カリフォルニアの鳥など(285): Wild Turkey



1)モハヴィ砂漠を走る長〜い貨物列車 (30)

 2017.3.19.:モハヴィの町 (Mojave, CA) へ戻る途中、、、58号線に戻りさらに西へ向かうと、乾いてひび割れした「水溜り」の周辺に、大きめの黄色の花の群生が出現:ゴールドフィールズと違うことは遠目でも分かる。モハヴィ砂漠とその南の山系に自生するカリフォルニア固有種であるリーフィ・ステムド・コレオプスィス (Leafy Stemmed Coreopsis) 、学名: (Leptosyne calliopsidea) と思われる野草の大群生!
 これまで10年以上、毎年のように通過する地域だが、ここまでの大群生は見たことがない。コレオプスィスの「島」もできている。



**イノシシの汚染度が高く、出荷制限中と云うことは、イノシシの生息地が汚染されていると云うことだ。そんな山から浸み出す水の汚染は大丈夫か?その水が流れる川、海、そして人のいる里は、飲料水は?あまり表に出ない宮城の汚染だが、注意するに越したことはない。**


2)思考の種(556):放射能汚染 3)イノシシ処理施設整備 〜 宮城県内全域で現在も続くイノシシ肉の出荷制限、0)除草剤「ラウンドアップ」、発がん性物質認定ほか

0)モンサント除草剤を発がん性認定

カリフォルニア


 [26日 ロイター] - 米カリフォルニア州は26日、米農薬・種子大手モンサント(MON.N)の人気商品である除草剤「ラウンドアップ」に含まれる有効成分グリホサートについて、7月7日から発がん性物質のリストに加えると発表した。

3)現在も続く宮城県内全域での

イノシシ肉の出荷制限


**6/27 - CA Time: こちらの昼過ぎに、下記の共和党の健康保険案件は、独立記念日の休暇が終わってからの投票に延期と発表された。「愛」がない人ほど「愛」と云う言葉を連発する。見苦しいことの連続!
 オバマ・ケア医療保険のシステムを破棄したいトランプ率いる共和党側執行部がゴリ押しする医療保険は、数日前まで内容が明らかにされず、有意義な議論が許されないまま独立記念日(7/4)の前に投票に掛けられそうだが、これまでこの案には同意しないと表明してきた共和党議員4名に加えて、昨夜遅く、また一人共和党側からの反対票が増えた。
 議員が地元に戻り、説明|近況報告集会を開いている報道画像を見ると、いずれも強烈な、時にはつかみ合いになるほどの加熱した抗議、議論が噴出している。それはそうだろう、医療保険に加入できなほど貧しい子供達や難病に苦しむ人たちを切り捨て、彼らを守ってきた メディケイド (Medicaid) - wikipediaの予算を大幅に削減することによって、国庫の負債額を減らすことができると云うが、タックス・ポリスィー・センター (Tax Policy Center) の試算によると、その反対側には、人口の0.1%を占める年収が¥56,035,250,000以上の「超」富裕層には、¥28,011,500の減税になると云う試算があるのだ。人口の1%を占める年収1億円前後の富裕層でも、節税額は平均500万円ほどになる。オバマ・ケア下で保険会社や製薬会社に課されてきた税金が無くされる結果、連邦政府の収入は10年で約¥78,471,050,000,000 減るのだが、その45%は人口のトップ1%を潤すことになるわけだ。
 トランプ政権はアメリカの税制も変えようとしているが、この流れでは、富をさらに富裕層に集中させるシステムになるだろう。が、不思議なことに彼の考えを支持するのは富裕層だけではなく、本当にメディケイドの支援が必要な層のヒトが結構多いのだ。議会予算局の試算では、10年以内に22,000,000人前後が健康保険を失うことになると云う。その中には貧困層のセイフティ・ネットであるメディケイドで守られてきた15,000,000人も入る。
Senate health care bill gives $250,000 gift to the mega-rich 2017.6.26. (CNN)
 2001年に健康保険に加入していなかった人の数は41,000,000人だったが、オバマ・ケア発効 (2010.3.23.) 時、50,000,000に達していたその数(日本の人口の約半分ですよ!)は、2016年までに27,000,000人に減っていた。10年後、オバマ・ケアでは無保険者の数は28,000,000前後と予想されているが、下院で議決された共和党の案では49,000,000人になり、現在論議されている上院の案では51,000,000人になる模様だ。
 貧困層や既往症を持つ人たちだけでなく、給与が高くなるため解雇されやすい50代から60代前半の層が大きく影響を受けそうだ。
Senate GOP health-care bill appears in deeper trouble following new CBO report 2017.6.26. (WaPo)
 ロシア問題では、大統領の娘婿の動向に注目が集まっている。一昨日のワシントン・ポスト紙の記事では、ロシアから出たお金の洗浄問題で、アメリカ連邦政府から多額の罰金刑を受けているドイッチュ・バンクとトランプ帝国、さらにクッシュナーの不動産取引とドイッチュ・バンクからの借金額とタイミングなどの関係について捜査が進んでいる様子が報告されている。クッシュナー氏は、これまで大きな政治事件を扱ってきた有名弁護士を雇ったと云う。
 オレゴン選出のワイデン議員が、金の流れを追え、消えた人物を追え、と繰り返しているが、要注目の捜査の流れだ。
Kushner firm’s $285 million Deutsche Bank loan came just before Election Day 2017.6.25. (WaPo)





I)今日の新規アップ記事:2017年06月27日:

0)番外編:カリフォルニア(674): Mendocino Coast Botanical Gardens, Fort Bragg (20)

  2016.4.19.:林業で栄えたフォート・ブラッグ (Fort Bragg) にある公営のメンドスィーノ・コースト・ボタニカル・ガーデンズ (Mendocino Coast Botanical Gardens)
 今回は、奥の門の向こうに自然のままに残されている区域には行かず、前庭に戻って気になった花を見ながら戻る:この黒に近いパンジーの近くに植えられていたピンクの花。花の形はアカバナ科の植物に似ているようでもあるが、残念ながら、名札を記録していなかった。
 ヌマミズキ科 (Nyssaceae) のダヴ・ツゥリー (Dove Tree) 、ハンカーチーフ・ツゥリー (Handkerchief Tree) 、学名:(Davidia involucrata) も植えられていた。



1)Rodeo:ロデオ (648):2016年シーズン開幕 (128) 〜 Bareback Bronco Riding (5)

 2016.5.21.:ロデオ (Rodeo) 本大会の最初の競技は、人気のあるベアバック・ブロンコ・ライディング (Bareback Bronco Riding) 。鞍を使わずに、8秒間、跳ね回る馬を乗りこなす競技だ。
 6番目のブロンコ・ライダー (Bronco Rider) はブレイン:シュートのドアが開けられると、彼の引き当てた馬は前脚を蹴り上げた。
 勢いの良い馬は全速で駆け回り、ブレインを振り落とそうとしていたが、、、



2)松尾貴史のちょっと違和感: 安倍首相の国会答弁 あまりに下品で不誠実で幼稚 2017.5.21. (毎日新聞)

安倍首相の国会答弁 

あまりに下品で不誠実で幼稚


<<聞かれたことに答えずに時間と税金を無駄遣いする総理大臣>>


**6/26 - CA Time: 今日、トランプ大統領が大統領令でイスラム教下の特定6カ国の住民のアメリカへの渡航禁止を命じた件が、連邦最高裁で審議され、一部訴えを起こした人々に有利、一部大統領に有利な判断が成された。
Supreme Court allows parts of travel ban to take effect 2017.6.26. (CNN)
 詳細は、ロイターズが報じているので、こちらへ>> 米最高裁、トランプ大統領の入国制限一部執行を容認 秋に最終判断 2017.6.27. (ロイター)
 2ヶ月半前に新たに最高裁判事に任命されたニール・ゴーサッチ氏は保守的なことで知られていたが、大企業に送り込まれたクラレンス・トーマス判事、サミュエル・アリト判事と共に「若手」判事のこれまでの型を破る強烈な意見展開をしていると云う。上記の6カ国からの渡航禁止もこの3人に判断が委ねられれば、即大統領令が効力を発する判断になったと云う。
 オバマ大統領在任中に最高裁判事の席が空いたのだが、勢力的にオバマ大統領が判事を任命する機会は阻止された。現在、最高裁判事のケネディ氏が間も無く引退かと言われているので、トランプ大統領下で、さらに保守的な判事が最高裁に送り込まれる可能性が強くなってきた。最高裁は国の法的方針|方向を決めるので、極端な見解を持つ人物が送り込まれれば、中庸の道は無くなるので危険だ。
Justice Neil Gorsuch delivering as Trump's promised conservative 2017.6.26. (CNN)
 アメリカが現政権になって以来悪化し続ける中東情勢、特に地域最大のアメリカの基地があるカタールが窮地に立たされている。下のロイターのアンディー・クリッチロウ氏の記事が興味深いのでサイトを貼っておきます。
コラム:カタールと近隣諸国の対立、石油市場は油断し過ぎ 2017.6.26. (ロイター)
 大統領の補佐として無給でホワイト・ハウスに入っている娘のイヴァンカ・クッシュナーが最新のTVのインタヴューで、できるだけ政治に関わらないようにしていると発言し、「えっ、ハ〜?!?」になっている。
Ivanka Trump 'tries to stay out of politics.' Um, what? 2017.6.26. (CNN)
 そして父親大統領は、オバマ大統領がロシアと共謀または捜査妨害した、謝罪しろ、とツウィート攻撃開始!
Trump demands apology, accuses Obama of having 'colluded or obstructed' 2017.6.26. (CNN)
 蛇足ですが、昨日、日本の大谷選手がCBSの有名長寿番組で取り上げられた:タイトルは「日本のベイブ・ルースはメジャーへ向かうのか?」”Is Japan's Babe Ruth headed to the Majors?” だった。
Is Japan's Babe Ruth headed to the Majors? 2017.4.9. (CBS)**





J)今日の新規アップ記事:2017年06月26日:

0)番外編:カリフォルニア(673): Mendocino Coast Botanical Gardens, Fort Bragg (19)

2016.4.19.:林業で栄えたフォート・ブラッグ (Fort Bragg) の公営のメンドスィーノ・コースト・ボタニカル・ガーデンズ (Mendocino Coast Botanical Gardens)
 今回は、奥の門の向こうに自然のままに残されている区域には行かず、前庭に戻って気になった花を見ながら戻る:この黒に近いパンジーの名前は、ホーンド・パンズィー (Horned Pansy) 或いは ホーンド・ヴァイオレット・「ボウルズ・ブラック」 (Horned Violet 'Bowles Black') 、学名:(Viola cornuta)
 パンズィーは、19世紀にアメリカ大陸からイギリスへ持ち込まれた黄色の大きな花をつけるカリフォルニア固有種のカリフォルニア・ゴールデン・ヴァイオレット (California Golden Violet) | ジョニー・ジャンプ・アップ (Johnny Jump Up) を元に、ハイブリッド化されたと云う。



1)夕ご飯(37)

 カリフォルニアの3月、アスパラガスも出回り始める。この日は友人宅で共同作業:カラスミがたくさんあると云う。
春雨と野菜の炒め煮に薄切りのカラスミが入った:削ってもいいのだが、消費量を増やしたいとのことでスライスになった!
 春雨の味付けは、基本的にオイスター・ソース。野菜は人参、サヤインゲン、ネギ。
 カラスミを油を敷いたフライパンで少し焼いた後、野菜を加え、少量の塩、胡椒で手早く炒める。。。



2)弁護士深草徹の徒然日記:「普通の軍隊に変貌する自衛隊」 2017.6.21. 他

**深草徹先生の憲法に関する一連の記事の紹介です:本文へは マークの付いているタイトルから行ってください。**

2)弁護士深草徹の徒然日記:憲法9条3項加憲案の「深層」 2017.6.19.

憲法9条3項加憲案=猫だまし改憲案

 安倍首相は、極右・超保守勢力の後押しで、自民、公明、維新、民進の一部の大連合による圧倒的多数の賛成を得て、9条に3項を追加するという、如何にも無害そうな憲法「改正」案(教育の無償条項案も抱き合わせにして)を発議し、国民の反対の矛先をかわしつつ、まずお試し改憲をやる、そして今度はそのどうしようもない坐りの悪さをあげつらって、9条2項の書き換えと、3項による国防軍創設へと誘導する、そんな小賢しさが透けて見えます。

 私は、これを称して猫だまし改憲案だと言いたいと思います。


絵画展のお礼>> 阿部健一作品展:

ブログ: 「震災をのりこえて 阿部健一 ギャラリー 絵画 KENICHI ABE GALLERY」のノンビリサン”の息子さんの絵画展がが無事終了しました。

ご高覧下さった方々、感謝です!

**6/25 - CA Time: こちらは今日が日曜日。ラマダンが終わる日でもあるが、中東ではISISがラマダン中も攻撃を止めず、各地で命を失う人が絶えなかった。フィリピンでの活動も活発になっている。
 ホワイト・ハウスでは何十年と恒例となっていたラマダンの夕食を祝うことは、今年は無かったという。
 <今日CNNのサイトに掲載された、2009〜2013年の間、国家安全保障会議に勤めていたサマンサ・ヴィノグラードさんの記事:「トランプの下での、アジアの(力の)再配分|リバランスは疑問」
 間も無くインドのモーディ首相と韓国のムーン大統領がワシントンを訪問する。トランプ大統領は、この二人に、オバマ大統領のアジアの(力の)再配分|リバランス政策は、現在も順調に進んでいると明確に伝えるべきとヴィノグラードは語る。
 この政策が続行されるためには、二つの鍵となる問題がある:一つは、トランプ政権がアジア地域の複数の国々の安全保障、経済成長、人権問題、平和的紛争解決などに深く携わるに十分な人材があるのか。
 もう一つは、アメリカの同盟国および敵対国は、これらの政策を遂行するに足ると信頼しているのか、と云う問題だ。
 特に、パリ協定から脱退して以来、トランプ政権には言うこととすることが一致しているとアジアの首脳達を納得させるだけの信用があるのか、、、
 アメリカを再度偉大にするためには、インドへのビジネスを拡大することを意味する、、、と記事は続く。
 続き詳細は、以下のサイトから⏬>>
Under Trump, fate of Asia rebalance a question 2017.6.25.(CNN)





K)今日の新規アップ記事:2017年06月25日:

0)番外編:カリフォルニア(672): Mendocino Coast Botanical Gardens, Fort Bragg (18)

 2016.4.19.:林業で栄えたフォート・ブラッグ (Fort Bragg) には、カリフォルニア・コースト・ナショナル・モニュメント (California Coastal National Monument) の一環で、公営のメンドスィーノ・コースト・ボタニカル・ガーデンズ (Mendocino Coast Botanical Gardens) 、19ha がある。
 カフェア (? Cuphea) はミソハギ属の一種で、夏の花として重宝されているようだが、この花は、面白い顔をしていた。
ハミングバードやチョウなど、昆虫が大好きな植物で、仲間には約115種類あるそうだ。



1)モハヴィ砂漠を走る長〜い貨物列車 (29)

 2017.3.19.:モハヴィ (Mojave, CA) 郊外の395/58 号線のクレイマー・ジャンクション (Kramer Junction, San Bernadino County, CA) 近辺でたくさんの黄色のパッチを見かける。
 引き続き、リーフィ・ステムド・コレオプスィス (Leafy Stemmed Coreopsis) 、学名: (Leptosyne calliopsidea) と思われるモハヴィ砂漠とその南の山系に自生するカリフォルニア固有種の群生地に感激。ここ数年の干ばつで、春の野草の状態は惨憺たるものだった。今年は会えるかと期待しながら砂漠へ出かけるのだが、残念な年が続いていたので、今年の状況はただ感謝あるのみ!純粋に嬉しい。



2)共謀罪強行成立記念! 安倍政権の暴挙を忘れないために振り返る「共謀罪トンデモ答弁・暴言録」 2017.6.15. (LITERA)

安倍政権の暴挙を忘れないために

振り返る「共謀罪トンデモ答弁・

暴言録」

戦後の憲政史上に残る汚点


<<2月6日には法務省がマスコミに向けて、「法案を国会提出後に法務委員会で議論すべきだ」とする文書を配布。ようするに、「質問する野党のほうがおかしいから批判しろ」質問封じの圧力をかけた>>


**6/24 - CA Time: 今週の熱波来襲でアメリカ南西部は文字通り燃え上がっている。アリゾナ州6、ユタ州3、カリフォルニア州3、ニュー・メキシコ州3、ネヴァダ州2、オレゴン州は1箇所だが規模が大きい。これらの山火事の中でも最も規模の大きいものはアリゾナ州南部とユタ州で起きている。
 2017年前半だけで既に記録破りの被害が出ており、木曜日までに100万エーカー以上が焼失とCNNのウェザー・センターのヘイリー・ブリンクが伝えている。
Wildfires blazing under extreme heat out West 2017.6.24. (CNN)
 昨日のワシントン・ポスト紙の大スクープ(2016年の大統領選挙へのロシア側からの妨害は、プーティン大統領から直接下された命令で実行されたと云う内容:このスクープをした安全保障ティームのメンバーで日系のナカシマさんは朝から夜遅くまで多数のTV番組に出ずっぱりだった)への反響は大きく、トランプ大統領も、オバマ前大統領は知っていたのに何もしていなかったと攻撃開始。
Trump: Obama 'did nothing' about Russia election meddling 2017.6.24. (CNN)
 昨日のWaPo紙の別の記事では、トランプ大統領がロシア問題で感情をあらわにする事態が続いており、別のニュースではTV報道を見ながら大声でがなっていると云う話も出ていた。
 この記事では大統領の「新しい朝の儀式」に触れている。ほぼ毎日朝の6時30分頃、TVニュースが放映される前に、彼が個人的に雇った外部の弁護士ティームの一人とロシア問題について電話会談をする。
 3人のホワイト・ハウスの上級要員によると、この電話会見は一部作戦会議であり、一部大統領の愚痴を吐く時間であると云うことだ。この時間に、弁護士ティームとPRのグルたちは交代で最新の見出しを検討する。さらに彼らの公然の敵と戦うための作戦を立てる:ロシア問題の捜査を牽引している特別顧問|捜査官、それを記録し続ける「偽ニューズ」メディア、そして時にはその捜査を監督している大統領の司法省。
 この早朝の電話会談は、彼のアドヴァイザーたちの忠言によって実現した。拡大し続けるロシア問題の捜査を区分けするためのこの電話会談は、ホワイト・ハウス内のプライベートな住空間でされる。大統領執務室に大統領が到着するまでには、頭上の黒雲のように大統領を覆っているロシア問題に精力を使い果たすことはなくなるだろうと期待されているのだが、そうは行かないようだ。
詳細は下のサイトから元記事へ>> Trump is struggling to stay calm on Russia, one morning call at a time 2017.6.23. (WaPo)
 弱者への支援を大幅に削減する(大統領が云う所の「ハートのある」)共和党の医療保険案は、共和党内の中道派から反対意見が出ており、昨日は当初の4人に加え、もう一人ネヴァダ州選出のディーン・ヘラー議員が加わった。共和党のリーダーたちは来週末までに投票に持ち込みたい意向だが、このまま行けば、この保険案はボツになる。
 (**オバマ・ケアはまだ完全に消滅させられたわけではないが、大統領と議会のこの騒ぎで保険会社が引き上げる事態が起きており、保険料も値上がりするなどの問題が起きている。世界で一番裕福な国と言われるアメリカで、医者にもかかれない人が多数いることは、アメリカの「自由」の質に疑問を投げかけるものだ。**)
Senate health-care bill faces serious resistance from GOP moderates 2017.6.24. (WaPo)**




スポンサーサイト

テーマ:アメリカ縦断/横断の旅 - ジャンル:海外情報

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yokoblueplanet.blog112.fc2.com/tb.php/15804-002b34bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック