Yoko's 人生=旅 on this Blue Planet
高速回転中の青い惑星地球、負けじと走り回る一人の記録。
番外編:カリフォルニア(692): Auburn, CA to Oregon (7)
2016.4.25 .:5号線沿いにあるサクラメント・ナショナル・ワイルドライフ・レフュージ (Sacramento NWR) で2時間弱過ごし、さらに北上し、テハマ郡レッド・ブラフ (Red Bluff, Tehama County, CA) から134号線東でマウント・ラッセン国立公園 (Mt. Lassen NP) へ向かう。

前記事の池のある場所の道路の反対側は、今は乾燥しているが、湿地のようで植物の種類が一風変わっていた。ちょっと葱坊主に似た姿だが、ホワイト・ハイアスィンス (White Hyacinth) 、学名: (Triteleia hyacinthina) 。残念ながら近づけなかったのだが、白い花びらにグリーンの線が入っている清楚な感じの野草だ。

blog 42 Auburn to Weeds on 5N, Red Bluff 134E, Mt. Lassen, White Hyacinth (Triteleia hyacinthina), CA_DSC9976-4.25.16.(1).jpg

湿地の水溜りが干上がった後に出てくるホワイトヘッド・ピンクッションプラント (Whitehead Pincushionplant) 、あるいはホワイトヘッド・ナヴァレティア (Whitehead Navarretia) としても知られるホワイト・ナヴァレティア (White Navarretia) 、学名: (Navarretia leucocephala) 。フロックスの仲間だ。

blog 42 Auburn to Weeds on 5N, Red Bluff 134E, Mt. Lassen, White Navarretia (Navarretia leucocephala), CA 2_DSC9978-4.25.16.(1).jpg

北アメリカ、特に西部からカナダ中央部に自生する野草。輝くような白い花は葉のように見える額に囲まれている。葉も切れ込みが多く、トゲのようにも見える。

blog 42 Auburn to Weeds on 5N, Red Bluff 134E, Mt. Lassen, White Navarretia (Navarretia leucocephala), CA 2_DSC9979-4.25.16.(1).jpg

自生地の水分の量によって、見た目が変化するらしい。カリフォルニアには、絶滅危惧しに指定されている亜種が2つあると云う。
この場所のホワイト・ナヴァレティアの茎は少し赤みを帯びていた。背丈は15cm前後だった。

blog 42 Auburn to Weeds on 5N, Red Bluff 134E, Mt. Lassen, White Navarretia (Navarretia leucocephala), CA 2_DSC9980-4.25.16.(1).jpg


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yokoblueplanet.blog112.fc2.com/tb.php/15825-cfa17bd6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック