Yoko's 人生=旅 on this Blue Planet
高速回転中の青い惑星地球、負けじと走り回る一人の記録。
Rodeo:ロデオ (655):2016年シーズン開幕 (136) 〜 Ranch Saddle Bronco (2)
2016.5.21.:全速力で走る馬上から、同じく全速力で走る牡牛を捕まえて組み伏せる時間を競う大男の競技、スティア・レスリング (Steer Wrestling) の後は、約10年前に交通事故で亡くなったカウボーイ、イアンの追悼記念のランチ・サドル・ブロンコ・ライディング (Ranch Saddle Bronco Riding)

イアンのお母さんが、息子の追悼のために創設した競技で、イアンと同じように牧場で働くカウボーイ仲間や友人たちが参加する。

通常のサドル・ブロンコの競技と異なり、フリー・ハンドがなく、両手とも手綱と鞍に付けられた投げ縄を握っている。そのため、乗馬スタイルが、通常のサドル・ブロンコとはかなり異なる。動きが制限される分、馬を乗りこなすのは難しくなるようだ。

2番目のランチ・サドル・ブロンコ・ライダーは、常連のクリス。素敵なブルーのシャツがよく似合っていたが、残念なことに、8秒間に至らず、無得点。

blog 85 Rowell Ranch Rodeo, Ranch Saddle Bronco 2, Chris Vizio (NT) 2_DSC9980-5.21.16.(3).jpg

3番目のライダーは、フィリップス:彼の馬は「マイクのペット」。両手とも、片方は手綱、もう一方は鞍に付けられたロープを握っていてふさがっているため、馬の動きに合わせて体のバランスを保つのが難しいことがよく見えるライドだった。

blog 85 Rowell Ranch Rodeo, Ranch Saddle Bronco 3, Philips (NT

馬が蹴り上げた後脚を下ろし着地した後、前脚から上体を起こすのだが、その動きでフィリップスの体は前に押し出されてしまった。

blog 85 Rowell Ranch Rodeo, Ranch Saddle Bronco 3, Philips (NT

フィリップスは体を反転させて、右手から着地。8秒には時間が足りず、残念ながら無得点。

blog 85 Rowell Ranch Rodeo, Ranch Saddle Bronco 3, Philips (NT

馬はまだ蹴り足らないのか、鎮まる迄に少し時間がかかった。

blog 85 Rowell Ranch Rodeo, Ranch Saddle Bronco 3, Philips (NT


スポンサーサイト

テーマ:ロデオ:Rodeo - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yokoblueplanet.blog112.fc2.com/tb.php/15834-c010e747
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック