Yoko's 人生=旅 on this Blue Planet
高速回転中の青い惑星地球、負けじと走り回る一人の記録。
朝ご飯 |ブランチ (39)
2017.3.30.:毎週木曜日にサンノゼ南部にあるフリー・マーケットへ買い出しに出かける友人たちがいる。予定が合えば、できるだけ仲間に入れてもらい、ちょっと珍しい食材を探しに出かける。フリー・マーケットの名の通り、骨董からガラクタ、日用品まで多彩なものが並ぶ。

お客さんは圧倒的に白人以外のアメリカ人が多い。シリコン・ヴァレーのハイテック産業の華やかさには遠いとも言える場所だ。が、来る人々の背景は様々で、少数派が多数派になったカリフォルニアの顔が良く見える場所でもある。それを反映して、販売されている野菜や果物の種類も多様で面白い。

アフリカでマニオック (Manioc) と呼ばれているカッサヴァ (Cassava) の根:カッサヴァの本体は高さ2−3mの潅木で、熱帯、亜熱帯地域で広く栽培されている。コンゴなどでは、農家が道端に餅のように固めたマニオックを木の葉で包み販売していた。

熱帯、亜熱帯地域では、お米、とうもろこしに続く主食となっている。乾燥して痩せた土地でも育つカッサヴァは、タイでもナイジェリアでも良く見る作物だ。それがサンノゼフリー・マーケットに出ていた。

blog CP2 San Jose, Capitol Flea Market_DSCN4202-3.30.17.jpg

カッサヴァの隣には、カブラのように見えるヒカマ (Jicama) 、学名:(Pachyrhizus erosus) 。メキシカン・ターニップ (Mexican Turnip) とも呼ばれる。マメ科の植物の根の部分で、別名メキシカン・ヤム・ビーン (Mexican Yam Bean) だ。

根っこの部分しか見たことがないが、食感はかすかな甘みのあるシャキシャキ「ナシの20世紀」のような。。。ただし、水気が少ないので、かすかな甘みとシャキシャキ感が美味しい「メキシコ・カブラ」だ。スープや炒め物に使われることもあるが、生で食べられることの方が多い。

メキシコでトウモロコシを食べる時に、唐辛子の粉を使うのだが、同じように唐辛子と組ませられることが多い。簡単にサルサをつけて食べても美味しい。(マヨネーズや醤油でもいけると思う。)

ヒカマの隣は生姜、後ろは玉ねぎ。

blog CP2 San Jose, Capitol Flea Market_DSCN4203-3.30.17.jpg

奥にはパール・オニオンよりちょっと大きめの白い玉ねぎ、その右手にはシャロット。
ヒカマの皮は極薄く、切るにしてもカボチャのような固さではないので、扱いやすい。

blog CP2 San Jose, Capitol Flea Market_DSCN4204-3.30.17.jpg


スポンサーサイト

テーマ:料理日記 - ジャンル:グルメ

コメント
この記事へのコメント
楽しい!
カッサヴァ? 芋のようなもの??
ヒカマ?? 生で食べられてシャクシャクてて甘い??
見たことないですー!!
フリーマーケットは面白いですね♪



2017/07/29(土) 05:14:18 | URL | みのじ #-[ 編集]
みのじさんへ: 楽しい!← 珍しい食材でしょう?!
みのじさん、こんばんは。

> カッサヴァ? 芋のようなもの??
> ヒカマ?? 生で食べられてシャクシャクてて甘い??
> 見たことないですー!!
> フリーマーケットは面白いですね♪

見たこと無かったですか?
色々な国の人がいるので、食材も豊かですよ。
それに料理の仕方が分かると、結構、美味しく食べられます!
フリー・マーケットや各国の市場は、生活が見えるので、一番面白いですね。
2017/07/29(土) 21:26:15 | URL | yokoblueplanet #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yokoblueplanet.blog112.fc2.com/tb.php/15860-492694dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック