Yoko's 人生=旅 on this Blue Planet
高速回転中の青い惑星地球、負けじと走り回る一人の記録。
モハヴィ砂漠からデス・ヴァレーへ "Mojave to Death Valley, CA"(21)
2017.3.21.:95号線と178号線のジャンクションの南に位置する人口30人前後のショショニ村 (Shoshone Village, Inyo CO., CA) で植物の様子を少し見た後、178号線でデス・ヴァレー国立公園 (Death Valley National Park) 内に入る。

2016年のデス・ヴァレーの様子はこちらのシリーズへ>> 番外編:カリフォルニア(502): Eastern Sierra Nevada & Death Valley (106)

ど根性植物とも言える舗装された道路の裂け目から出て花を咲かせていたサルヴィアの仲間のチア (Chia) の近くには、背の低いキク科の黄色い花が咲いていたが、まだ「身元不明」。エッ、それってこれまで見てきたゴールドフィールズと同じじゃないですか、と言われると困るのだが、そのようでもありそのようでもない所が問題で。。。

ゴールドフィールズにもヴァリエーションがあるので、否定はできないが、今の所は「確認できず」と云うことで。

blog 13 95S-178W, Shoshone to Badwater, Daisy ?, CA_DSC7281-3.31.17.jpg

花びらの先に小さな切り込みがあり、枝分かれしながらつける花の姿も風情があって良い感じ。この枝分かれや花のつき方、葉の形状などがゴールドフィールズとは大きく異なる。

blog 13 95S-178W, Shoshone to Badwater, Daisy ?, CA 2_DSC7282-3.31.17.jpg

近くには、細かな切り込みの入った銀緑色の葉をワサワサとつけた、上の野草の風情とは懸け離れた様子のピグミー・ポピー (Pygmy Poppy) 、学名:(Eschscholzia minutiflora) 。北米大陸南西部からメキシコ北部に自生するケシ科の1年草の野草。

blog 13 95S-178W, Shoshone to Badwater, Pygmy Poppy, CA_DSC7284-3.31.17.jpg

背丈は35cm前後。花の大きさは環境によっても異なり、小さいものは1cm未満、大きくても3cm前後で、カリフォルニアの州花になっているカリフォルニア・ポピー (California Poppy) <画像はこちらへ>> 番外編ーカリフォルニアの花 (629): California Poppy (Eschscholzia californica)に比べると小ぶりだ。

blog 13 95S-178W, Shoshone to Badwater, Pygmy Poppy, CA 2_DSC7285-3.31.17.jpg


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017/10/01(日) 05:42:15 | | #[ 編集]
10/1 の鍵コメさんへ: おはようございます ← 行ってらっしゃい!
10/1 の鍵コメさん、こんにちは。
はい、了解しました!
気をつけてね!
2017/10/01(日) 08:16:20 | URL | yokoblueplanet #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yokoblueplanet.blog112.fc2.com/tb.php/16116-9fec1c87
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック