Yoko's 人生=旅 on this Blue Planet
高速回転中の青い惑星地球、負けじと走り回る一人の記録。
番外編:カリフォルニア(767): Oregon (46)

**カリフォルニアのSF湾岸地区で借家をお探しの方がおられましたら、ぜひこちらをご覧になってください。知り合いの物件です:一家族、あるいは4−5人の友人共同でのレンタルも可だそうです。場所は便利で、学校も良い場所です。
Click the following link to view the Listing:
http://search.mlslistings.com/DE.asp?ID=7081049179&L=1



2016.4.30.: オチョコ国有森林公園 (Ochoco National Forest) から約90kmほど北東にある約40,000,000年前からの自然環境の変化を目にすることができるジョン・デイ・フォッスィル・ベッド・ナショナル・モニュメント (John Day Fossil Bed National Monument) へ。

所々に藪のような様相のセイジブラッシュが出てくる:セイジブラッシュは標高1,200m前後のステップ|標高の高い所にある砂漠に多く自生している。今いる場所では、ここだけに垣根のように茂っていた。小動物たちに格好の棲家を提供していると思われる。

blog 47 Prineville, John Day Fossil Bed NM, Painted Hills Unit, Sagebrush, OR_DSC0529-4.30.16.(2).jpg

近くの乾燥した草地には、インディアン・ペイントブラッシュと同じくらい元気なオレンジ・グローブ・マロウ (Orange Globe Mallow) 、学名:(Sphaeralcea munroana) が数本、目立つ朱赤の花を咲かせていた。

blog 47 Prineville, John Day Fossil Bed NM, Painted Hills Unit, Orange Globe Mallow (Sphaeralcea munroana), OR_DSC0531-4.30.16.(2).jpg

このスファエラルケア属アオイ科の野草は、ウサギやシカ、アンテロープの大切な食糧源だそうだ。特にシカは、硬い茎の部分だけを残して、葉も花も全部食べるという。動物たちの食糧となるだけでなく、乾燥した西部を華やかにする野草のひとつだ。

blog 47 Prineville, John Day Fossil Bed NM, Painted Hills Unit, Orange Globe Mallow (Sphaeralcea munroana), OR_DSC0534-4.30.16.(2).jpg

茎や葉は細かな毛で覆われているので、触感は荒い。背丈は20〜80cm。花は五弁。学名にある "munroana" はロンドンの "the Horticultural Society of London" のキュレーターであったドナルド・マンロー博士 [Dr. Donald Munro (1789 – 1853)] に由来する。

グローブ・マロウの種が球体なので、属名は球体を表すギリシャ語の "spharia" から来ているようだ。

blog 47 Prineville, John Day Fossil Bed NM, Painted Hills Unit, Orange Globe Mallow (Sphaeralcea munroana), OR 2_DSC0535-4.30.16.(2).jpg

これまで何回かこの野草の仲間を紹介してきたが、分布はカナダのB.C.からワシントン、アイダホ、モンタナ、ワイオミング、コロラド、ユタ、ネヴァダ、オレゴン、カリフォル二アまでと広い。

blog 47 Prineville, John Day Fossil Bed NM, Painted Hills Unit, Orange Globe Mallow (Sphaeralcea munroana), OR_DSC0536-4.30.16.(2).jpg


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
今晩は
この野草がウサギやシカなどの大切な食糧になるんですね
乾燥した土地を華やかにするとは、素晴らしい事です
人間も、こうありたいです
2017/09/30(土) 21:35:54 | URL | チャンコナベ #-[ 編集]
チャンコナベさんへ:「一隅を照らす、これすなわち国宝なり」ですね。
チャンコナベさん、こんにちは。

> 今晩は
> この野草がウサギやシカなどの大切な食糧になるんですね
> 乾燥した土地を華やかにするとは、素晴らしい事です
> 人間も、こうありたいです

まったく同感です。
植物の支える命の数は限りなく、我々も含めて、感謝あるのみですね!
2017/10/01(日) 02:52:54 | URL | yokoblueplanet #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yokoblueplanet.blog112.fc2.com/tb.php/16119-59cd04e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック