Yoko's 人生=旅 on this Blue Planet
高速回転中の青い惑星地球、負けじと走り回る一人の記録。
比較:平成26.4.8. の「社会保障の充実のための消費税増税による増収分の使い道」と平成29.10. の「国難突破解散」消費税の使い道を見直し約束
<3年前の消費税増税時の増収分の

使い道に関する応答>


1)衆議院議員山井和則君提出 「社会保障の充実のための消費税増税による増収分の使い道」に関する質問への答弁本文(平成26.4.8.)


3年前の消費税増収見込額:五兆四十六億円

公的年金制度には 0.02%約十億円


1)消費税率地方消費税率と合わせて五パーセントから八パーセントへ引き上げることによる平成二十六年度予算における増収見込額(以下「増収見込額」という。)は、五兆四十六億円

2)9.9% : 社会保障の充実に向けられる金額
約四千九百六十二億円

3)0.02%: 約四千九百六十二億円のうち、公的年金制度には約十億円を向ける




答弁本文情報

平成二十六年四月八日受領
答弁第一〇一号

  内閣衆質一八六第一〇一号
  平成二十六年四月八日
内閣総理大臣 安倍晋三

       衆議院議長 伊吹文明 殿
衆議院議員山井和則君提出社会保障の充実のための消費税増税による増収分の使い道に関する質問に対し、別紙答弁書を送付する。

衆議院議員山井和則君提出社会保障の充実のための消費税増税による増収分の使い道に関する質問に対する答弁書


一について
 社会保障の安定財源の確保等を図る税制の抜本的な改革を行うための消費税法の一部を改正する等の法律(平成二十四年法律第六十八号)及び社会保障の安定財源の確保等を図る税制の抜本的な改革を行うための地方税法及び地方交付税法の一部を改正する法律(平成二十四年法律第六十九号)(以下「税制抜本改革法」という。)の規定により、消費税率地方消費税率と合わせて五パーセントから八パーセントへ引き上げることによる平成二十六年度予算における増収見込額(以下「増収見込額」という。)は、五兆四十六億円である。




二について
 増収見込額のうち、社会保障の充実に向けられる金額約四千九百六十二億円であり、その割合は約九・九パーセントである。なお、税制抜本改革法の規定により消費税率(国・地方)が十パーセントに引き上げられた場合において増加する消費税及び地方消費税の収入の合計額は、現時点で一定の仮定の下で計算すれば、平成二十九年度において十四兆円程度になると見込まれ、この二割程度の二・八兆円程度を社会保障の充実に向ける予定である。

三について
 二についてでお答えした約四千九百六十二億円のうち、少子化対策には約三千六十億円医療制度には約千八百四十九億円介護保険制度には約四十三億円公的年金制度には約十億円を向けることとしており、増収見込額に占める割合は、それぞれ約六・一パーセント、約三・七パーセント、約〇・一パーセント及び約〇・〇二パーセントである。

四について
 増収見込額については、その全額を社会保障の充実・安定化に向けることとしており、基礎年金国庫負担の二分の一への引上げに約三兆円、安定財源が確保できていない既存の社会保障費に約一・三兆円、社会保障の充実に約四千九百六十二億円を向けることとしている。また、社会保障の安定財源の確保及び財政の健全化を同時に達成することを目指す観点から、社会保障の充実に向ける金額は、消費税収の増加に応じて拡大していくこととしており、これらにより、適切に社会保障の充実が図られるものと考えている。





質問主意書はこちら ↓
社会保障の充実のための消費税増税による増収分の使い道に関する質問主意書

 平成二十六年四月一日から、消費税率(国・地方)が、五パーセントから八パーセントへ引き上げられます。
 そこで、以下のとおり質問します。

 平成二十六年度における、消費税率の五パーセントから八パーセントへの引上げによる歳入増はいくらと想定していますか。

 平成二十六年度予算で、一において想定される歳入増のうち、社会保障の充実に使われるのはいくらで、想定される歳入増分の何パーセントですか。

 二を踏まえ、社会保障の充実に使われる歳入増分のうち、医療、年金、介護、子育て支援の四分野に、それぞれいくら使われ、また、それぞれの額は、想定される歳入増分の何パーセントですか。

 一から三を踏まえ、今回の消費税増税により想定される歳入増による社会保障の充実は、適当と考えていますか。

 右質問する。






2)高橋乗宣:日本経済一歩先の真相 民意無視の身勝手 安倍首相の国難ならぬ“僕難”突破解散 2017.9.29.(日刊ゲンダイ)


民意無視の身勝手 安倍首相の国難ならぬ

“僕難”突破解散


消費税増税社会保障の充実に使われるのは5分の1だけ

 それにしても「国難」とは時代がかった表現だ。まさか、先の大戦後にA級戦犯容疑をかけられた祖父に教わったわけではあるまい。戦前・戦中の軍国主義を連想させる実に嫌な言葉である。


 安倍首相が今度の解散を「国難突破解散」と命名した。その意味するところはいまひとつ、よく分からないのだが、国民と約束した消費税の使い道を見直す以上、速やかに国民の信を問わねばならないそうだ。

 現行8%の消費税を2%引き上げることで5兆円強の税収増となる。このうち社会保障の充実に使われるのは5分の1だけ。残りの5分の4である4兆円余りは借金返済に使う予定だが、安倍首相はこの使い道を唐突に変えると言い出した。

 具体的には借金返済だけでなく、幼児教育の無償化や貧困世帯の高等教育無償化など子育て支援に多く回したい。税の使い道の約束を変更するから民意を問うというのが、国難突破解散とやらの建前だが、この理屈は極めて怪しい。

 消費税率10%への引き上げは、2019年10月の予定だ。まだ2年も時間がある。それこそ使い道の変更について、国会で十分議論すればいい。今すぐ国民の信を問うのは筋が通らない。

 せっかく安倍首相は臨時国会を召集するのだから、冒頭解散など実施せず所信表明演説で税の使い道の変更を強く訴えればいい。そして野党の代表質問に堂々と受けて立ち、税の議論を深めるべきである。

 議論百出し収拾がつかなくなってから、それこそ安倍首相は国民の信を問えばいいのである。消費税の使い道に限らず、この国には他にも議論すべき問題が山積しているのだ。国会を召集しておきながら、何も行わずに解散するなんてあり得ない。

 共同通信の世論調査によれば、この時期の安倍首相による解散には有権者の64.3%が反対している。これだけの民意を無視して安倍首相が解散を急ぐ理由はハッキリしている。

 臨時国会を開けば、野党の代表質問で必ず“もり・かけ”疑惑を追及される。そうなったら北朝鮮情勢を奇貨として、ようやく回復した内閣支持率も再び下降線をたどりかねない。だったら今のうちに……という多くのメディアの見立ては恐らく間違ってはいまい。

。。。

 それにしても「国難」とは時代がかった表現だ。まさか、先の大戦後にA級戦犯容疑をかけられた祖父に教わったわけではあるまい。戦前・戦中の軍国主義を連想させる実に嫌な言葉である。


写真詳細、記事の続きは、上の タイトルから元記事へ>>


スポンサーサイト

テーマ:このままで、いいのか日本 - ジャンル:政治・経済

コメント
この記事へのコメント
増収分の0.02%約十億円ぽっちを公的年金制度にとは、何も変えないのと同じです。
安倍氏は再三、消費税の増収分は100%社会保障に充てると答えてましたよ、ウソが豪快すぎて呆れ果てますね。
モリカケからの”わが逃走”解散だったんですが、街頭演説も予定地を当日変えたりしてるみたいです。でないと”お前が国難”と書かれたボードを掲げられたりしますからね。これもまた逃亡、逃げるだけ。
ここまで姑息な総理は見たことないです。

組織票を持つ与党勢力を過半数割れに追い込むには、一時的には毒を食らう事も必要かもしれません。その党は、最近立ち上がった政党の分派が過半数押さえていると見れば、希望に変わります。理念を守った新党は”仲間”の選挙区には候補立てないと言ってます。反自民の票を割れさせないために、安倍降ろしの可能性があるからです。
2017/10/07(土) 17:18:38 | URL | ktpage #-[ 編集]
ktpageさんへ:<”仲間”の選挙区には候補立てない>
ktpageさん、おはようございます。

> 増収分の0.02%約十億円ぽっちを公的年金制度にとは、何も変えないのと同じです。
> 安倍氏は再三、消費税の増収分は100%社会保障に充てると答えてましたよ、ウソが豪快すぎて呆れ果てますね。

この数字、凄いでしょう?!
確かに100%社会保障の充実に充てると言ってましたが、これはオリンピック競技場建設に使っている税金額とも全く比較にならない数字です。
国民を守る、と集団的自衛権の際にも再三繰り返していましたが、国の安全や国民の安寧など考えていませんね。

> モリカケからの”わが逃走”解散だったんですが、街頭演説も予定地を当日変えたりしてるみたいです。でないと”お前が国難”と書かれたボードを掲げられたりしますからね。これもまた逃亡、逃げるだけ。
> ここまで姑息な総理は見たことないです。

姑息と云うか、政治家|議員としての資格など微塵も無い欠陥人間でしょう。
麻生と云い、、、しかし再選され続ける。
組織票云々とは言え、まさに「国難」です。

> 組織票を持つ与党勢力を過半数割れに追い込むには、一時的には毒を食らう事も必要かもしれません。その党は、最近立ち上がった政党の分派が過半数押さえていると見れば、希望に変わります。理念を守った新党は”仲間”の選挙区には候補立てないと言ってます。反自民の票を割れさせないために、安倍降ろしの可能性があるからです。

過半数割れに追い込んだとして、果たして目くらましの緑の色を使う党に流れた議員たちが、反阿部であるのかどうか、それが最大の疑問ですね。保証が無い。
あまりにも露骨な動きでリベラル潰しの分裂を仕掛けた党首は、やはり某国の工作員かも知れないですね。
これまでにも何回か怪しい動きをしていたし。
それはさておき、ここで有権者がリベラル潰しの策にうまく誘導されてしまうと、さらに大きな「国難」が降りかかってきますね。。。
2017/10/07(土) 22:21:47 | URL | yokoblueplanet #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yokoblueplanet.blog112.fc2.com/tb.php/16145-e1420c84
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック