Yoko's 人生=旅 on this Blue Planet
高速回転中の青い惑星地球、負けじと走り回る一人の記録。
番外編:カリフォルニア(775): Oregon (54)
2016.5.02.: オレゴン州中央部のこの辺りの標高は880m前後:キャスケイド火山帯 (the Cascade Volcanic Arc) が近くにあり、ここからは3,000mを超える火山、スリー・スィスターズ (Three Sisters) が見える。昔は林業が盛んな土地だったがそれも廃れ、今は環境の良さもプラスになりハイテック業界が入り始めている。

前日の雲の多い日とは大きく異なるこの日、空にはまったく雲が無い快晴。農場の遥か奥に見えるスリー・スィスターズにもかかる影もなく、くっきりを表情が見える。

blog 49 Three Sisters, Prineville, OR_DSC0622-5.2.16.(1).jpg

この日はオレゴンを南北(カリフォルニアとの州境にあるクラマス・フォールズ - Klamath Falls - からワシントン州との州境コロンビア・リヴァー - Columbia River)に走る全長465.60 kmの97号線を探索する予定。1930年代に入植が始まった大農業地帯にある人口1,500前後のカルヴァー・スティ (Culver City, Jefferson CO., OR) やカルヴァーより30年ほど前から開拓が進んだ人口6.500前後のマドラス (Madras, Jefferson CO., OR) へ向かう。

blog 49 Mt. Hood, 26W-97S from Prineville to Culver City, OR_DSC0625-5.2.16.(1).jpg

途中の環境は高地砂漠:遠くに大きな火山が見え隠れする。ここで目立つのはセイジブラッシュ (Sagebrush) とジンの材料となるジュニパー・ベリー (Juniper Berry) を生み出すジュニパーの樹。ベリーのように見えるが、マツカサなどと同じ球果だ。

実際に食用になるのは特定の種類で、中には毒性のあるものもあり簡単に口に入れるのは避けたい。オレゴンで見られるジュニパーは、学名:(Juniperus occidentalis)と思われる。ここでは圧倒的にセイジブラッシュが多い。

blog 49 Mt. Hood, 26W-97S from Prineville to Culver City, OR_DSC0627-5.2.16.(1).jpg

厳冬期、ジュニパーの広がる枝葉が上に雪を積もらせ、その下の草が雪に埋もれないようにしている。そして冬場食べ物に困る動物たちの避難所になる。が、大多数の牧場主や国有地管理組織は、ジュニパーを邪魔者扱いし伐採を続けていると云う。ジュニパーの成長の速度は遅く、セイジブラッシュより背が高くなるまでに25〜30かかる。大きく伸びて動物たちの避難場所になるほどの大きさになるには50年も掛かる。

厳しい環境で長い時間をかけて成長するジュニパーの幹は真っ直ぐではなく、盆栽のように曲がりくねり、1本1本に重厚な味わいがある。

blog 49 Mt. Hood, 26W-97S from Prineville to Culver City, OR_DSC0634-5.2.16.(1).jpg

大きくそびえ立つこの雪山は、約130km北西にある3,429mのマウント・フッド (Mt. Hood) マウント・ジェファーソン (Mount Jefferson) ではないかと思う。 オレゴン州 1:マウント・フッド (Mt. Hood, Clackamas and Hood River counties, Oregon)

blog 49 Mt. Hood, 26W-97S from Prineville to Culver City, OR_DSC0635-5.2.16.(1).jpg


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ワア- 言われるように見事な冠雪
活火山独特な形 いいですね
こんなの見てたらヤな事は忘れますよ
ジェニパ-って木も伐採の運命に有るんですね、昔はこの平原も一面に覆われていたんでしょうね
自然保護か生活かって言われれば生活だろうが矛盾は多いですよ
2017/10/08(日) 09:39:44 | URL | EGUTI YOUSYKE #-[ 編集]
EGUTI YOUSUKEさんへ:子供が小さい時は。。。
EGUTI YOUSUKEさん、おはようございます。

> ワア- 言われるように見事な冠雪
> 活火山独特な形 いいですね
> こんなの見てたらヤな事は忘れますよ

ヤな事は忘れるかも知れませんが、あまり近くに住むのも考えものですよ。
だって活火山が幾つもゴロゴロしている訳で、1980年に起きたワシントン州のMount St. Helensを昨年だか一昨年だか初めて訪問しましたが、なぎ倒された木々がそのまま山の斜面や底が押し上げられた湖に放置されたまま白骨化している何キロも続く光景は「いいですね」なんて単純に喜んでられません。死者の数も確認できていないんですから、凄まじいものがあります。

> ジェニパ-って木も伐採の運命に有るんですね、昔はこの平原も一面に覆われていたんでしょうね
> 自然保護か生活かって言われれば生活だろうが矛盾は多いですよ

短期的には「生活」、長期的にはヒトの生活体系を変えて「自然保護」の考え方に早く切り替えないと、先が無いです。
2017/10/09(月) 00:10:27 | URL | yokoblueplanet #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yokoblueplanet.blog112.fc2.com/tb.php/16155-f71192db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック