Yoko's 人生=旅 on this Blue Planet
高速回転中の青い惑星地球、負けじと走り回る一人の記録。
モハヴィ砂漠からデス・ヴァレーへ "Mojave to Death Valley, CA"(25)
2017.3.21.:95号線と178号線のジャンクションの南に位置する人口30人前後のショショニ村 (Shoshone Village, Inyo CO., CA) で植物の様子を少し見た後、178号線でデス・ヴァレー国立公園 (Death Valley National Park) 内に入る。

2016年のデス・ヴァレーの様子はこちらのシリーズへ>> 番外編:カリフォルニア(502): Eastern Sierra Nevada & Death Valley (106)

しばらくビゲローのコレオプスィス (Bigelow's Coreopsis) 、学名: (Coreopsis bigelovii) が目立つ砂地が続くのだが、

blog 13 95S-178W, Shoshone to Badwater, California Coreopsis, CA_DSC7305-3.31.17.jpg

いずれも生育状態が悪く背丈が30cm未満:コレオプスィスの黄色い花が際立つ光景は見られず、辛うじて水が流れ込む地形に小さな群生ができていただけだった。

blog 13 95S-178W, Shoshone to Badwater, California Coreopsis, CA_DSC7307-3.31.17.jpg

こうして見ると、セイジブラッシュの株の近くに大きめのコレオプスィスが散見される。セイジブラッシュの濃い葉の茂り具合が、水分の蒸発を遅らせてくれているのだろうと思う。春でも注意しないと熱中症でヒトが死ぬ環境だ。厳しい。

blog 13 95S-178W, Shoshone to Badwater, California Coreopsis, CA_DSC7309-3.31.17.jpg

そんなことを考えながら進むと、岩場の近くに強烈な存在を主張するデザート・インディアン・ペイントブラッシュ (Desert Indian Paintbrush) 、 学名: (Castilleja angustifolia | Castilleja chromosa) の大きめの株が出現:半寄生のペイントブラッシュは元気だ。昨年実らせた種の殻がそのまま立っていた。

blog 13 95S-178W, Shoshone to Badwater, Applegates Paintbrush, CA_DSC7310-3.31.17.jpg


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yokoblueplanet.blog112.fc2.com/tb.php/16166-2f334ac9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック