Yoko's 人生=旅 on this Blue Planet
高速回転中の青い惑星地球、負けじと走り回る一人の記録。
今日の新規アップ記事(330)2017年10月15日〜21日: 10/21 - 4)伊勢崎賢治:「今、日本の国防の最大の脅威は、安倍政権です。」
F)今日の新規アップ記事:2017年10月21日:

0)番外編:カリフォルニア(788): Oregon (64)

 2016.5.02.: 普通に見える田園|牧畜地帯の細い道を、迷子になってるんじゃないかと心配しつつも、ロック・クライミング (Rock Climing) で有名らしいスミス・ロック州立公園 (Smith Rock State Park) に到着。5月初めだが、午後の日差しは猛烈に厳しく野草の状態も芳しくないので少々力が抜けている。
 だがリム・ロック・トレイル (Rim Rock Trail) を進むと、オ~ッと感嘆符が出そうな光景が広がってきた。



1)モハヴィ砂漠からデス・ヴァレーへ "Mojave to Death Valley, CA"(28)

 2017.3.21.:95号線と178号線のジャンクションの南に位置する人口30人前後のショショニ村 (Shoshone Village, Inyo CO., CA) で植物の様子を少し見た後、178号線でデス・ヴァレー国立公園 (Death Valley National Park) 内に入る。
 公園内部に入るにつれて少しずつ生態系が変化していく。
 サボテンが顔を出し始めた。チョヤ・カクタス (Cholla Cactus) の仲間だが、果たしてスィルヴァー・チョヤ (Silver Cholla) 、学名:(Cylindropuntia echinocarpa) なのかどうかまでは確定できず。



2)第57回:安倍政権にお灸を据えたいとは思うけれど、しかたなく与党へ投票するという人へ(想田和弘)

 「他に適当な人がいない」?

 政治で重要なのは、チェック&バランスです。どんな権力も、必ず腐敗するからです。与党とその補完勢力が両院の3分の2を占める状況は、すでにバランスを欠いています。安倍政権の横柄な態度は、そもそもこのアンバランスが主な原因となって、生じているのです。デモクラシーが公正に機能するには、与党が野党を少し上回っているくらいがちょうどいいのだと思います。
 日本維新の会や希望の党は、「反対勢力」としてカウントできないということも、申し上げておく必要があります。選挙の後に自民と連立する可能性があるからです。つまり安倍政権に対する批判票として彼らに入れたつもりが、実は応援していたということにもなりかねません。
 安倍政権へお灸を据えたいなら、立憲民主、共産、社民、あるいは彼らに立場の近い無所属候補に入れてほしい。そう、強く願います。与党を支持する皆さんには、もしかしたら抵抗があるかもしれないけれど。



3)今日の新規アップ記事(329)2017年10月08日~14日: 10/14 - 2)政権交代があった09年は69.28% 有権者は絶対に投票に行かなくてはダメだ

10/14 - 2)思考の種 (569): 矢部宏治 ~「前原民進党・解党事件」、最終的な目的は、軍事問題についての「野党の消滅」または「大政翼賛体制の成立」|田母神俊雄<小池さんも前原さんも、日本の左翼つぶしに是非とも頑張ってほしい>ほか

1)政権交代があった09年は69.28%

有権者は絶対に投票に行かなくてはダメだ

2)最終的な目的は、軍事問題についての「野党の消滅」または「大政翼賛体制の成立」: 総選挙後に始まる安全保障の議論のなかで、「核兵器の地上への配備だけは絶対に認めてはならない」



4)思考の種(572):1)この悪辣政権に圧勝させれば、白紙委任状を渡すも同然だ。数々の疑惑も帳消しにされてしまう。国民は本当にそれでいいのか。ほか

4)伊勢崎賢治:今、日本の国防の最大の脅威は、安倍政権です。これは、リベラルな立場で言っているんではなくて、極めて専門的な立場で申し上げています。その理由をおはなしします。


**10/20 - OR 時間: 民主主義とメディアの役割について、新たな論争が勃発している。先週はリベラルなNBCの報道内容が嘘だと言って大統領は放送免許を停止することもありとの可能性を示唆したばかりだが、今度はホワイト・ハウスの報道官、サラー・サンダースが定例の記者会見で金曜日、息を呑むほど驚きの発言をした。
 CBSニューズの記者、チップ・リードが、ホワイト・ハウスの首席補佐官で退役している海兵隊のジョン・ケリー将軍が木曜日に、フロリダ州選出の民主党議員フレデリカ・ウィルソン攻撃した際の事実上の誤りについて質問した。サンダースは以下のように返答した:
 「もしあなたがケリー将軍を問い詰めたいのであれば、それはあなた次第だ。もしあなたが四つ星将軍と討論をしたいと云うのであれば、それは非常に不適切なことだと私は思う。」
 サンダースが示唆していることがはっきり分からない場合を想定して、説明しよう:ケリー将軍は多くの勲章を授けられた兵士だ。なので、彼が言うことを問いただすことは<非常に不適切>だと。
 それは民主主義の仕組みではない。全く違う。実際の所、それは民主主義の仕組みの対極にあるものだ詳細は下の元記事へ>>
Sarah Sanders just made an absolutely outrageous argument about the media 2017.10.20. (CNN)
 ロシア問題で議会の上院諜報委員会は、ドナルド・トランプ・ジュニアとトランプ・タワーで2016年6月に会見したロシア人(複数)から聞き取り調査をした。ロシア側はクリントン候補に損害を与える情報を提供すると言い、またロシア政府はジュニアの父親に大統領になって欲しいと伝えたと云う。この会見には当時の選挙参謀ポール・マナフォートと娘婿のジャレッド・クッシュナーも出席していた。
 上院諜報委員会の長であるバー議員によると、既にクッシュナー、マナフォート両名からの聞き取りは済んでいると云うが、ドン・ジュニアから何を引き出すかを正確に知るために、まず会見に関係した人物に順序をつけて話を聞いていると云うことらしい。
 キャロライナ選出の共和党議員であるバーは、何人のロシア人から聞き取りをしたのか、誰なのかなど詳細は明かさなかった。
 一方で、上院司法委員会はトランプ・ジュニアから内密に聞き取りを行い、公聴会に大統領の息子を招聘する計画を詰めているそうだが、委員会の情報源によると今月にも実現しそうだと云う。詳細は下の元記事へ>>
Senate investigators spoke with Russians present at Trump Tower meeting with Trump Jr.2017.10.20. (CNN)




G)今日の新規アップ記事:2017年10月20日:

0)番外編:カリフォルニア(787): Oregon (63)

 2016.5.02.: 前日とは大きく異なる快晴のこの日オレゴン州を南北に走る97号線沿線を探索。26号線と交わるカルヴァー (Culver City, Jefferson CO., OR) とマドラス (Madras, Jefferson CO., OR) の大農業地帯まで足を伸ばし、近くの
クルックド・リヴァー・ナショナル・グラースランド (Crooked River National Grassland) の2kmほどのトレイルを歩き、植物を調査。
 その後、まだ明るいので30分ぐらいで到着できそうな巨岩のあると云うスミス・ロック州立公園 (Smith Rock State Park) へ。普通に見える田園|牧畜地帯の細い道を、迷子になってるんじゃないかと心配しつつ進むと、やっと公園の看板がある場所に到着。



1)夕ご飯(54):ペトラール・ソール (Petrale Sole) 「ムシガレイ」のムニエル

 2017.4.12.:お客様と一緒の夕ご飯の日、主はペトラール・ソール (Petrale Sole) 「ムシガレイ」。お供の野菜類はまず旬のアスパラガス、芽キャベツとジャガイモの炒め物、そしてテンペー
 アスバラガスはよく洗い、小さな土埃が入っていることが多い「はかま」をナイフで切り取る。
塩を小さじ1/2ほど加えた水が沸騰したら、オリーヴを2−3滴垂らし、アスパラガスを加えてえる。色が変わったら水きりザルに取り上げて、そのまま余熱で火を通す。



2)思考の種(571):「安倍政権が恐れているのは、立憲民主旋風の背後にいる市民の力です。」

安倍政権が恐れているのは、

立憲民主旋風の背後にいる市民の力


 大手メディアが「自公300議席」と報じている10・22総選挙。しかし、289選挙区のうち、自民党候補が「当選圏内」に入っているのは、せいぜい150程度だ。残りの140議席は、どうなるかまったく分からない。自民党は51の選挙区で野党候補と接戦となり、23人の無所属候補にリードを許すか接戦となっている。
 安倍自民党は立憲民主つぶしに血まなこになっている。



3)今日の新規アップ記事(328)2017年10月01日〜07日: 10/07 - 2)3年前の消費税増収見込額:五兆四十六億円 公的年金制度には 0.02%の約十億円 - 民意無視の国難ならぬ“僕難”突破解散

10/7 - 2)比較:平成26.4.8. の「社会保障の充実のための消費税増税による増収分の使い道」と平成29.10. の「国難突破解散」消費税の使い道を見直し約束

1)<3年前の消費税増税時の増収分

の使い道に関する応答>


3年前の消費税増収見込額:五兆四十六億円

公的年金制度には 0.02%の約十億円


2)民意無視の身勝手 安倍首相の

国難ならぬ“僕難”突破解散


消費税増税:社会保障の充実に使われる

のは5分の1だけ


**10/19 - OR 時間: トランプ大統領就任前後から人種問題が表面化しているアメリカだが、今日のワシントン・ポスト紙がフロリダ大学で講演をした白人至上主義者のリチャード・スペンサーの声は、抗議の声を上げる人たちによってかき消されたと報じている。スペンサーは、「ここで僕が話していることは世界を変えるんだ」と言い、また別の時点では聴衆を暴徒と呼んだと云う。
 聴衆は「黒人の命も大切だ!」や「家へ帰れ、スペンサー!」と繰り返した。スペンサーは「君たちは大人か?そうは見えないね」と応じ、「金切り声をあげ愚痴を言う白痴バカ」と呼ぶと、客席からは、「さあ行くぞ、ゲイターズ!」と応酬した。<注:「ゲイターズ "Gators"」はフロリダ大学のフットボール・ティームの名前>
 州立大学であるフロリダ大学は、安全確保のために約676,000円を費やしたと云う。詳細は下の元記事へ>>
‘Go home, Spencer!’ Protesters disrupt white nationalist’s speech at the University of Florida 2017.10.19.
 気候変動真っ只中、国立気象局が3年連続で温暖な冬予測と、これもワシントン・ポスト紙の報道:地図があるので、下の元記事へ>>
Climate change at work? Weather Service calls for third straight mild winter.. 2017.10.19. (WaPo)
 CIA長官マイク・ポムペオが木曜日に民主主義防衛財団 (Foundation for the Defense of Democracies) 主催の催しで、アメリカの諜報機関は2016年の大統領選挙へのロシアの介入は結果に影響を及ぼさなかったと語った。その後すぐに、CIAは長官の見解を説明する声明を発表した。
 直後の CIA と声明は、「ロシアの選挙への介入に関しての諜報評価に変化は無い、さらに長官は変化があったと示唆していたわけではない」と長官の言葉を説明した。
 諜報機関コミュニテイに不協和音が流れているのか、、、分断、不協和、、、全てロシア側にとっては好都合な敵を弱体化する要素ばかりが目立つこの頃だ。詳細は下の元記事へ>>
CIA corrects director's Russian election meddling claim 2017.10.19. (CNN)





H)今日の新規アップ記事:2017年10月19日:

0)番外編:カリフォルニア(786)

 オレゴンの画像処理が間に合っていないので、今日はロデオと砂漠を往来している時によく利用するカリフォルニア中央部のレスト・エリア (Rest Area) を紹介したいと思う。(小さなクール・ピックスで撮影)
 2017.4.17.: 「世界の干しぶどうの首都」と豪語するフレズノ (Fresno, Fresno County, CA) の近くにある99号線沿いのレスト・エリア。日本のサーヴィス・エリアのようなお店も食堂も無く、極々地味な施設で、最低限必要なトイレ設備、ピクニック用テーブルとベンチ、ペット用散歩公園、飲み物やスナック類の自動販売機、自家用車と大型トラックに分けられた駐車場があるだけだ。



1)Rodeo:ロデオ (683):2017年シーズン開幕 (3) 〜 Livermore Rodeo - Slack (3)

 2017.6.9.:本大会の前にスラック (Slack) と呼ばれる予選大会が1−2日かけて行われる。まず二人でするなわ投げ競技のティーム・ローピング (Team Roping):牡牛の頭を捕らえる役目のヘッダー (Header) と後脚を捕らえるヒーラー (Heeler) の二人。
 27番目のティームは、カリフォルニアのポーターヴィル (Porterville) とヴァイサリア (Visalia) 出身のヘッダー役のケニーとヒーラー役のボビー。シュートを出て直ぐ、向かって右側にいるヘッダーのケニーが牡牛の角を捕らえた。



2)竹内 明〜私が出会った北朝鮮工作員たち 第1回 : ミサイルより恐ろしい…北朝鮮「浸透工作員」 2017.10.8. & 第2回 日本に自由に出入りする「北朝鮮工作員」2017.10.15.(現代ビジネス)

ミサイルより恐ろしい…

北朝鮮「浸透工作員」


 北朝鮮の脅威が、あらぬ方向で議論されている。ある閣僚が講演で、「難民射殺発言」をしたのには驚いた。北朝鮮有事が発生した場合、日本に逃げてくる難民の中に「武装難民」がいたらどうするのか、と指摘した上で、「射殺」という物騒な言葉を使ったのだ。
 しかし、その言葉の強さとは裏腹に、この発言は日本の平和ボケと防諜意識の欠如を露呈している。もっと身近な脅威があることに、政府はあえて目を瞑っているのだ。



3)今日の新規アップ記事(328)2017年10月01日〜07日: 10/07 - 2)3年前の消費税増収見込額:五兆四十六億円 公的年金制度には 0.02%の約十億円 - 民意無視の国難ならぬ“僕難”突破解散

10/5 - 2)室井佑月が前川喜平・前文科事務次官にあらためて訊く! 安倍政権問題の本質:道徳教育は、戦前の 国体思想、教育勅語につながるもの <前編><後編> 2017.9.23. (LITERA)

1)前編:解散でフタをされよう

としている加計問題の全貌と本質


2)後編:安倍政権の道徳教育は、戦前

の国体思想、教育勅語に繋がるもの





I)今日の新規アップ記事:2017年10月18日:

0)番外編:カリフォルニア(785)

 オレゴンの画像処理が間に合っていないので、今日はロデオと砂漠を往来している時によく利用するカリフォルニア中央部のレスト・エリア (Rest Area) を紹介したいと思う。(小さなクール・ピックスで撮影)
 2017.4.17.: 今年の天候は、日本もそうだったが、世界的に「異常」のつく「不順」。もうどこが「順」の基準になるのか分からなくなりつつある。カリフォルニアで夏に雨が降るなどと云う日はまったくと言っていい程無かったが、近年、そのパターンが変わってきた。夏の暑さも記録破りで、夏ってこんなに暑かった?と云う日が多かった。サン・フランシスコ湾南岸部で40度超えの気温は、80年代から住んでいるが、多分今年が初。記憶に無い。。。
 4月中旬のこの日は雲が多く、通り雨が降ったりする日だった。天候の異常は即食料生産の場に影響を及ぼすが、カリフォルニアの最大の問題は「水」だろう。



1)モハヴィ砂漠からデス・ヴァレーへ "Mojave to Death Valley, CA"(27)

 2017.3.21.:95号線と178号線のジャンクションの南に位置する人口30人前後のショショニ村 (Shoshone Village, Inyo CO., CA) で植物の様子を少し見た後、178号線でデス・ヴァレー国立公園 (Death Valley National Park) 内に入る。
 デザート・インディアン・ペイントブラッシュ (Desert Indian Paintbrush) から然程遠くない場所に、小さな黄色い花が咲いていた。ピグミー・ポピー (Pygmy Poppy) 、学名:(Eschscholzia minutiflora) だ。アメリカ南西部の砂漠からメキシコ北部に自生する一年草のケシ科の野草。



2)思考の種(570):1)有権者に顔向けできないようなトップを担ぐ政党に、なぜ比例第1党予想なんて数字が出てくるのか。何かの間違いではないのか。ほか

安倍自民300議席は狂気の沙汰

<逃げ回る選挙戦でも<自民は議席減どころか、逆に増やす見込みとはすさまじい。
 最近まで安倍は「帰れコール」を恐れて、遊説日程を直前まで明かさなかった。有権者に顔向けできないようなトップを担ぐ政党に、なぜ比例第1党予想なんて数字が出てくるのか。
何かの間違いではないのか。



3)アメリカ政治 関連ニュース (4) 〜 9/16〜 9/30 ニュースまとめ:9/29 〜 米国空軍士官学校、ジェイ・スィルヴェリア中将「多様性に溢れるグループとしての我々の力。。。人種偏見を持つものは出て行きなさい」

9/29 - Air Force Academy head to racists: 'Get out'~ Lt. Gen. Jay Silveria

 多様性の力、君たち4,000人とスタッフ・タワーの全員、、、多様性に溢れるグループとしての我々の力。。。The power of diversity

 「もし尊厳と尊敬を持って人を遇することができないのであれば、出ていくべきだ。男であれ女であれ、異性に対して尊厳と尊敬を持って遇することができないのであれば、出ていくべきだ。どんな形でも人を卑しめるのであれば、出ていくべきだ。そして他の人種に属する人を、肌の色が異なる人を、尊厳と尊敬を持って遇することができないのであれば、出ていくべきだ。


**10/17 - OR 時間: 今日のオレゴン中央部は昨日とガラリと変わり、午前中は雲に覆われ気温も低めだったが、午後15:00頃から雲が消え青空が広がった。
 ハリケーンに立て続けに襲われたプエルト・リコは、トランプ大統領の無関心もあって相変わらずの状況だが、雨のために地滑りが起きたりしてさらに状況が悪化しているようだ。また、沖合に停泊している病院船も島民の治療に当たることは無くほぼ空の状態が続いているという。下の記事には動画も付いていますので、詳細は下へ>>
Mudslide hits Puerto Rico neighborhood that Trump visited 2017.10.16. (CNN)
 トランプ大統領は火曜日、国家薬物管理政策局 (the Office of National Drug Control Policy) の長官候補だったペンスィルヴァニア州出身のトム・マリーノ (Tom Marino - 共和党) が辞退を申し出たと発表した。引き金になったのはワシントン・ポスト紙|”60 Minutes" の調査結果だ:オピオイド (アヘン様合成麻酔薬) の乱用による死亡者数が増加し続けているに時に、薬物の売人 (drug distributors) を取り締まる薬物法執行機関の力を削ぐ法令を、議員がどのように議会で通させたかを詳細に報道したのだ。
 トランプ政権の要職の多くがまだ空いたままだが、今回のマリーノ議員が候補として名を挙げられたのは9月のこと:政権運営がうまく行っていない理由には、家族しか信頼しない大統領の性格や気まぐれの多さもあるようだが、オバマ前大統領への個人的反感と云うか有色人種を忌み嫌う傾向とか、実に様々な目の前のスクリーンが物事をハッキリと見えなくさせていることも大きな理由だろうが困ったことだ。記事の詳細は下の元記事へ>>
Trump says drug czar nominee Tom Marino is withdrawing after Washington Post/‘60 Minutes’ investigation 2017.10.17. (WaPo)





J)今日の新規アップ記事:2017年10月17日:

0)番外編:カリフォルニア(784)

 オレゴンの画像処理が間に合っていないので、今日はロデオと砂漠を往来している時によく利用するカリフォルニア中央部のレスト・エリア (Rest Area) を紹介したいと思う。(小さなクール・ピックスで撮影)
 2017.4.17.: カリフォルニアを南北に縦断する道路は、沿岸部を走る1号線、それより内陸を走るもう少しまっすぐな101号線、さらに内陸を走るもっとまっすぐな5号線、そして101号線と5号線の間に歴史的な99号線がある。それぞれにレスト・エリアがあって、ここ何年か改装が進行中だ。
 設計もモダンになり格好いい姿に生まれ変わりつつある:これは干しぶどうの生産高で随一のフレズノ (Fresno, CA) の近くのレスト・エリア。大農業地帯であるセントラル・ヴァレーを走る99号線沿いにある。



1)夕ご飯(53):レンティル・スープ (Lentil Soup)

 2017.4.20.:ロデオ大会の取材と砂漠から戻り、やっと料理ができる環境に!この日の夕ご飯はレンティル・スープ (Lentil Soup) 、レンズ豆のスープ
 レンズ豆は火の通りが早いので調理しやすい。前に アーティチョーク (Artichoke) と組ませたレンズ豆のスープや 畑のキャビア、ウンブリアのレンズ豆のスープを載せていたが、アイダホ州を通過中になだらかな丘の広がる豆の産地も通過していた!>> アメリカ横断:アメリカ全州訪問の旅 第2部(329)The Grand Tour - Part II
 この日のスープは、玉ねぎ、人参、セロリ、ジャガイモを加えたもの。調理にはオリーヴ油、塩、胡椒、白ワイン、野菜ストックを使っている。食べる時に、バスク地方のヤギのチーズを賽の目に切って加えている。基本的なスープだ。



2)ドクターZ〜「電撃解散」は財務省にとってまさに“瓢箪から駒”の事態 消費増税さえできれば何でもいい… 2017.10.8.

消費増税さえできれば何でもいい…

財務省のいう財政再建はあくまで建て前で、増税によって省庁により多くの予算を配りたいというのが財務省の真の思惑である。


**10/16 - CA 時間: 今日のカリフォルニアからオレゴン中央部までの走行距離は約420km。大きな町ではクラマス・フォールズ (Klamath Falls, OR) 、ベンド (Bend, OR) やレッドモンド (Redmond, OR) を通過する。今回はソックスを荷物に入れるのを忘れてしまったため、ベンドでソックスを購入。
 途中の山の様子を見ていると、例年より秋が早めに来ているようだ。葉が黄金色に変わるアスペンも既に色がくすみ茶色が目立っていた。オチョコ国有林のずっと奥の方に煙が上がっているのが見えるので、山火事が発生しているのかも知れないが、全体的に空気は澄んでいる。
 ほとんどが山越えなので主だったラジオ局は入らず、途中はほとんど宗教関係の局かカントリー・&・ウェスターンの局ばかりだったため、今日はまだどんな事件があったのか分からないが、昨日から騒いでいたのは、トランプ大統領が北朝鮮のキム・ジョング・ウンを刺激するようなツウィートを発信続けていると云う件。
 コーカー議員がホワイト・ハウスは「大人用のデイ・ケア・センター」だと揶揄したが、下の記事では、補佐官たちがどのようにトランプをコントロールし誘導しているのか、と衝動的な大統領の難しい管理について書いている。詳細は下の元記事へ>>
Inside the ‘adult day-care center’: How aides try to control and coerce Trump 2017.10.16. (WaPo)
 天文学の新しい時代を展開させる重力波を新種のノヴァから科学者たちが探知したとワシントン・ポスト紙が報じている。1億3千万年前、遥か彼方の銀河系で、まだ熱を帯びくすぶっている二つの星が衝突した。そこから起きた爆発は宇宙空間へ流れ出すγ線を送り出し宇宙の組織そのものに波紋を生じさせた。
 8月17日にこれらのシグナルが地球に到達し、天文学革命を引き起こした。遠方の衝突は科学者たちがこれまでに見たことの無い天文学的奇跡である「キロノヴァ "a kilonova"」を発生させた。γ線のような電磁放射を観察できる従来の望遠鏡と、遠方の激変によって生み出される空間ー時間のシワ|波紋を感知できる重力波探知機 (Gravitational Wave Detectors) を使って目撃されることになった史上初の宇宙事象だった。 と壮大な宇宙の事象が報告されている。詳細は下の元記事へ>>
Scientists detect gravitational waves from a new kind of nova, sparking a new era in astronomy 2018.10.16. (WaPo)
 トランプ政権のロシア問題、共和党への攻撃がトランプと政権外へ出たスティーヴ・バノンによって続けられているが、それが「配当」を出し始めているとか、いろいろあるけれど、今日は宇宙の話でおしまい。
 ついでの話だが、フロリダ州から下院選挙に子どもの頃背の高い金髪の宇宙人に誘拐されたと云う女性が出馬するようだ。興味のある方は下の元記事へ>>
She claimed tall, blond aliens kidnapped her as a child. Now she’s running for Congress. 2017.10.16. (WaPo)





**リンク機能が動きませんので、一応真似てプログラミングをしてみました。もし動かない場合は、左の「最近の記事」のコラムから今日の記事へ飛んでください!**

K)今日の新規アップ記事:2017年10月16日:

0)番外編:カリフォルニア(783): Oregon (62)

  2016.5.02.:マドラスの近くにある70,265ヘクタールの「草原」クルックド・リヴァー・ナショナル・グラースランド (Crooked River National Grassland) の2kmほどのトレイルを歩き、植物を調査中:2kmほどで一周する作りになっているリム・ロック・トレイル (Rim Rock Trail) で3つの火山、スリー・スィスターズ (Three Sisters) を特定できる表示板にたどり着いたと昨日の記事で書いた。
 ここで一つ問題が出てきた:2−3日前にマウント・フッド (Mt. Hood) と紹介した山が実はマウント・ジェファーソン (Mt. Jefferson) である可能性が出てきたのだ。。。😅



1)Rodeo:ロデオ (682):2017年シーズン開幕 (2) 〜 Livermore Rodeo - Slack (2)

 2017.6.9.:5月の末に開催される予定だったカリフォルニアの州都、サクラメントの北にある町のロデオ (Rodeo) 会場が、大量の雪解け水のために洪水に襲われ9月に延期になったので、6月の大会からハイライト部分を紹介。
 本大会の前にスラック (Slack) と呼ばれる予選大会が1−2日かけて行われる。まず二人でするなわ投げ競技のティーム・ローピング:15組目のティーム・ローピング:農場や牧場の多いカリフォルニア中部のターロック (Turlock) とマデラ (Madera) 出身のケイスとコードの二人。全て順調で時間は5.6秒。悪くない。



2)山本太郎が街頭で叫ぶ!「この政治状況でも闘う方法はある!!」改憲翼賛体制にどう抗うのか? 2017.10.14. (LITERA)

権力側が「憲法を変えろ」

「憲法を変えたい」って
言い出す

って、図々しいにもほどがある


おまけに憲法改正の国民投票では、最低投票率が決められていないので、投票率がビックリするほど低くても憲法が変えられてしまう可能性が生まれる、無茶苦茶です。


**10/15 - CA 時間: 今日は朝の9時から夜の9時まで移動のため運転をしていたので、今(22:16) も何となく動いている感覚が残っている。明日からオレゴンなので山越えがある。雪がチラついているようなので、現状維持で止まって欲しいところだ。。。と云うことで、アメリカ政治雑感はお休み。
 風がほとんど無い今日は、ナパ、ソノマ、カリストガなどで消防士の方たちの仕事がはかどったようで、一部帰宅が許された地域もあったようだ。
 今日の行程の一部にはサンタ・ローザを通過する101号線が入っていた。高速の両側に火が飛んで大火になってしまったのだが、道路からは一部の焼け跡が見えるだけだった。スヌーピーの作者、シュルツ氏のミュージアムは被害を免れたと云う。だが、東側の山々にはまだ新しい煙がもくもくと湧き上がっており、ナパ、ソノマ、カリストガ方向は煙にすっぽりと覆われて視界が悪い。101号線周辺も含めて煙が立ち込めていて、煙はサン・フランシスコ湾岸南部のサンノゼ方面まで拡散しており、空気の質は最悪。
 死者も40名を超えた。行方不明者の半分位は、連絡が取れるようになれば、生存が確認されるだろうと言われている。そう願いたい。





L)今日の新規アップ記事:2017年10月15日:

0)番外編:カリフォルニア(782): Oregon (61)

 2016.5.02.: 前日とは大きく異なる快晴のこの日オレゴン州を南北に走る97号線沿線を探索。26号線と交わるカルヴァー (Culver City, Jefferson CO., OR) とマドラス (Madras, Jefferson CO., OR) の大農業地帯まで足を伸ばす。
 マドラスの近くにある70,265ヘクタールの「草原」クルックド・リヴァー・ナショナル・グラースランド (Crooked River National Grassland) の2kmほどのトレイルを歩き、植物を調査中:野鳥などの観察ができる展望台を含み、2kmほどで一周する作りになっているリム・ロック・トレイル (Rim Rock Trail) の最終段階に近づいた頃にやっと3つの火山、スリー・スィスターズ (Three Sisters) を特定できる表示板にたどり着いた。下の三山がスリー・スィスターズ!



1)モハヴィ砂漠からデス・ヴァレーへ "Mojave to Death Valley, CA"(26)

 2017.3.21.:95号線と178号線のジャンクションの南に位置する人口30人前後のショショニ村 (Shoshone Village, Inyo CO., CA) で植物の様子を少し見た後、178号線でデス・ヴァレー国立公園 (Death Valley National Park) 内に入る。
 乾燥地帯に強いセイジブラッシュ (Sagebrush) やクレオソート・ブッシュ (Creosote Bush) が広がる178号線、まだしばらく同じような光景が続く。
 派手やかな色の無かった場所に、強烈な赤い葉が花のように見えるデザート・インディアン・ペイントブラッシュ (Desert Indian Paintbrush) 、 学名: (Castilleja angustifolia | Castilleja chromosa) の大きめの株が出現。目立つ。



2)岩上安身インタヴュー:立憲民主党代表 枝野幸男 2017.10.9. & 新宿駅街宣「東京大作戦」 2017.10.14.〜「自民党は保守ではない」

立憲民主党、新宿駅東南口広場街宣

小林よしのりー「自民党は保守ではない」

鈴木邦男:「一水会」代表ー

右翼の運動を50年間やってきた。

が、最近、疑問に思ってきた。



3)今日の新規アップ記事(327)2017年9月24日〜30日: 9/30 - 2)福島原発事故の現状と子どもたちの未来 ・放射性物質は今でも毎日外部に放出。・地殻変動は、3.11時よりも危ない状況

9/26 - 2)4年間の世界一周を終えた旅人が思うこと「できることはできる時にやらんとアカン」 (Cyclestyle.net)

できることはできる時にやらんと

アカン


「ただの夕日やけどな、俺にとっては世界一キレイな夕日やった。『生きている』って、嬉しいことなんやな。まだまだ何でもできる。死んだらノーチャンスや。生きていれば何でもできるんや。生きているって素晴らしいんやな。できることはできる時にやらなアカン。後からできるって言うのは幻想や


**10/14 - CA 時間: 昨日から一番ニュースを賑わしているのは、やはりトランプ大統領のイランとの核合意、イランと国連安保理常任理事国<アメリカ、ロシア、イギリス、フランス、中国の5カ国+ドイツと EU が2015年7月に結んだ包括的共同作業計画(the Joint Comprehensive Plan of Action )を破棄すると宣言した事件だ。
 その宣言の中で大統領が使った「事実」の検証をワシントン・ポスト紙が掲載しているので、詳細は下の元記事へ>>
Fact-checking President Trump’s speech on the Iran deal 2017.10.14. (WaPo)
 共和党議員で引退を表明しているボブ・コーカー議員は先週からトランプ大統領とのツウィッター戦でメディアを賑わしているが、昨日のワシントン・ポスト紙が「ボブ・コーカーが語るトランプの最大の問題:レックス・ティラーソンの<去勢|無力化>」と題した記事を掲載している。
 ドナルド・トランプはアメリカを本当に第三次世界大戦への道へ誘導しているのだろうか?
 テネシー州選出のコーカー議員(共和党)が、トランプとのツウィッター戦で発した警告だ。大方のアメリカ人は大統領が嘘をネット上にばらまき、周囲の「大人」によって囲いの中に戻されなければならないとわかっているが、銀髪の浮ついたところの無い外交委員会チェアマンのトランプが壊滅的な戦争を呼び込む可能性があると云う見方は、これから4年間続くであろう国内の混乱に諦めを感じている者にさえ眠れぬ夜をもたらすものだ。
 懸念材料は十分にある、北朝鮮に対する執拗な好戦的声明や北朝鮮の首長であるキム・ジョング・ウンに対する個人攻撃、金曜日のイランとの核合意の破棄|認証取り下げでの派手な発表など。だが、コーカーが見ているトランプの最大の問題は、彼の首席外交官である国務長官テックス・ティラーソンを無力化してしまったことだ:結果、アメリカ合衆国は二者択一「バイナリー」状態を呼び寄せることになり、アメリカ合衆国が核兵器で脅かすことができる北朝鮮あるいはイランと戦争のどちらかを選ばなければならなくなることだ。詳細は下の元記事へ>>
Bob Corker on Trump’s biggest problem: The ‘castration’ of Rex Tillerson 2017.10.13. (WaPo)




スポンサーサイト

テーマ:アメリカ縦断/横断の旅 - ジャンル:海外情報

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yokoblueplanet.blog112.fc2.com/tb.php/16250-88f2a692
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック