Yoko's 人生=旅 on this Blue Planet
高速回転中の青い惑星地球、負けじと走り回る一人の記録。
番外編:カリフォルニア(791): Oregon (77)
2016.5.03.: ロック・クライミング (Rock Climing) の発祥の地とも言われているスミス・ロック州立公園 (Smith Rock State Park) を訪問した翌日、オチョコ国有林公園 (Ochoco National Forest) のもう一つの地域へ出かける。

オチョコ国有林地区に入ってから、林道と思われる横道に入りながら直物チェック:林道の奥、松の林が途切れ、草地が出現。コーン・リリー(バイケイソウやコバイケイソウ)の若芽を確認した後、さらに進むと。。。(昨年に比べて今年は冬が早めのようで、2017年の10月中旬、すでに降雪があり、場所によっては地表に雪が残っていた。)

コーン・リリーの葉の陰にいました!雪解け中、雪解け後間もなく開花するグレイシャー・リリー (Glacier Lily) 、学名:(Erythronium grandiflorum) 。呼び名は他にイェロー・アヴァランシェ・リリー | ドッグトゥース・フォーン・リリー (Yellow Avalanche Lily | Dogtooth Fawn Lily) があるが、ユリ科のカタクリの仲間だ。

blog 51 26E Ochoco NF, Glacier Lily (Erythronium grandiflorum), OR_DSC0854-5.3.16.jpg

分布は広く北米西部のカナダのBCやアルバータ州、アメリカのニュー・メキシコやカリフォルニアまで自生するが、アリゾナとネヴァダ州では確認されていないようだ。

blog 51 26E Ochoco NF, Glacier Lily (Erythronium grandiflorum), OR_DSC0855-5.3.16.jpg

大きな少し厚手でツヤのある2枚の葉に守られるように花茎が伸びる。30cm前後。受粉にはバンブルビー (Bumblebees) などのハチ類が活躍する。

blog 51 26E Ochoco NF, Glacier Lily (Erythronium grandiflorum), OR_DSC0857-5.3.16.jpg

球根はかなり深い所にあるらしいのだが、グリズリー・ベア (Grizzly Bear) の好みの食材だそうだ。ミュール・ディア (Mule Deer) | オグロジカは、葉や花を食べる。ワシントン州のマウント・レイニエ (Mt. Rainier, WA) では、夏場、まだ雪の残る山の斜面に咲くシロバナのグレイシャー・リリーをミュール・ディアの一家が美味しそうに食べていた。>>Mt. Rainier, WA: ワシントン州のレイニエ山 (1)

blog 51 26E Ochoco NF, Glacier Lily (Erythronium grandiflorum), OR_DSC0859-5.3.16.jpg


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
黄色のカタクリ!
こんばんは。
黄色のカタクリとても珍しいです。
野生ではまだ見た事がありません。
山野草展で買い求めたことがありますが、
すぐにダメになってしまいます。
うっとりする位きれいなカタクリ!
日本では早春の花です。
近くに小さな群生地があるので
春が楽しみです。
山で見る野草は格別ですよね。
2017/11/03(金) 19:48:44 | URL | ノンビリサン #aYocD0BA[ 編集]
ノンビリサンへ: 黄色のカタクリ! ← そう言えば、水芭蕉も黄色。。。
ノンビリサン、

> こんばんは。

こんばんは!

> 黄色のカタクリとても珍しいです。
> 野生ではまだ見た事がありません。
> 山野草展で買い求めたことがありますが、すぐにダメになってしまいます。

日本のカタクリには無い色ですね。(こちらの水芭蕉も黄色です!)
オレゴンのこの地域は高度が1,100〜1,400m前後なので、早春に開花します。
ワシントンやモンタの高山では、7月後半の開花です。
山の花を庭で育てるのは、環境が異なることが多いので難しいですね。。。こちらでは、州ごとに「地元野草協会」の組織があって、州立公園や国立公園などと一緒に種や球根の管理採取をして、年に1回とかの管理販売をしています。
他に特別認可を受けた野草専門の園芸店があって、そこでは地元の樹木や野草を増やして販売してます。
地元の植物を使った造園を奨励してますよ。

> うっとりする位きれいなカタクリ!
> 日本では早春の花です。
> 近くに小さな群生地があるので春が楽しみです。
> 山で見る野草は格別ですよね。

近くに群生地があるのは嬉しいですね。
カリフォルニアではまだ白いカタクリの仲間しか見ていませんが、オレゴンでは日本のカタクリとほぼ同じ色のものと黄色と2種類見たことになります。
雪解け後の山の様子は、行き辛いこともあり、残念ながらなかなか探索できませんが、はい、山で見る野草が一番美しいですね!
出会えると小躍りするくらい嬉しくなります!
2017/11/03(金) 20:54:04 | URL | yokoblueplanet #-[ 編集]
今晩は
黄色いカタクリの花。。。
何とも、可愛いカタクリですね
日本では、春に咲くカタクリを妖精と呼びます。
この黄色いカタクリも、まさしく妖精ですね
(●^o^●)
2017/11/03(金) 21:38:12 | URL | チャンコナベ #-[ 編集]
おお~、黄色のカタクリですね。
コチラのカタクリの自生地でも、稀に黄色のものが混じって咲いているのを見かけます。
うつむきがちに咲く花は控えめな印象ですが、黄色だと元気な女の子に見えちゃいます。(^^♪
先ほどはやとうりさんんところで、コメントを見かけました。
車麩が見つかるとイイですね~。
2017/11/03(金) 22:44:55 | URL | なっつばー #-[ 編集]
チャンコナベ さんへ:黄色、白、ピンク/紫
チャンコナベ さん、こんにちは。

> 今晩は
> 黄色いカタクリの花。。。
> 何とも、可愛いカタクリですね

カタクリの花の姿は、クリンと花びらを巻き上げるところがとても魅力ですね。

> 日本では、春に咲くカタクリを妖精と呼びます。
> この黄色いカタクリも、まさしく妖精ですね
> (●^o^●)

こちらで山に自生している種類では(これまでの所)、黄色、白、ピンク/紫を確認しています。
「妖精」と云う言葉にぴったりの姿ですが、こちらではカタクリよりもホテイランとかのラン系に多いような印象です。
カタクリもホテイランも春を告げる野草なので、春を運ぶ妖精の姿にぴったりですね!
2017/11/04(土) 09:22:24 | URL | yokoblueplanet #-[ 編集]
なっつばー さんへ:黄色の原種が日本にも?!
なっつばー さん、こんにちは。

> おお~、黄色のカタクリですね。
> コチラのカタクリの自生地でも、稀に黄色のものが混じって咲いているのを見かけます。
> うつむきがちに咲く花は控えめな印象ですが、黄色だと元気な女の子に見えちゃいます。(^^♪

本当ですか?日本にはピンク/紫系のカタクリと変種の白しか無いと思っていましたが。。。
品種改良された園芸種で黄色が広く栽培されるようになっているようですが、もし原種の黄色があるとすると、それは驚き!
見てみたいです!

黄色は太陽の光のようで、元気印ですね!

> 先ほどはやとうりさんんところで、コメントを見かけました。
> 車麩が見つかるとイイですね~。

そうなんです〜なっつばー さんの車麩を見て、美味しそう!となりました。
吸い物に使うようなお麩を見かけることはあるのですが、車麩は日本へ戻るまで無理かもです。。。
今は、落花生のタンパク質で作られた植物タンパク料理の瓶詰を時折食べてます。
台湾製ですが、ご飯に合う味になってます!
2017/11/04(土) 09:29:04 | URL | yokoblueplanet #-[ 編集]
私が見たカタクリが原種だったら凄いんですね。
どうなんだろう~。
その場所は水芭蕉も見られるところで、やっぱり黄色の水芭蕉もあったんですよ~。
車麩の食感はお肉みたいですよね。
日本じゃ無いとダメなのかなぁ。
残念ですね。

あられの心配をして下さってありがとうございました。
嬉しかったです。
2017/11/05(日) 22:56:13 | URL | なっつばー #-[ 編集]
なっつばーさんへ:黄色の水芭蕉もあるとなると。。。
なっつばーさん、おはようございます。

> 私が見たカタクリが原種だったら凄いんですね。
> どうなんだろう~。
> その場所は水芭蕉も見られるところで、やっぱり黄色の水芭蕉もあったんですよ~。

アヤシイ!😊 原種でない可能性が高くなりましたね。。。
どこだったか記録を見ないとはっきりしませんが、日本の白い水芭蕉の自生地の小さな沼地にアメリカ産の黄色の水芭蕉が植えられていた場所がありました。これはできる限り避けてほしい行為です、客寄せの意図でされているのかも知れませんが。

> 車麩の食感はお肉みたいですよね。
> 日本じゃ無いとダメなのかなぁ。
> 残念ですね。

探せばどこかにはあると思いますが、食べないと死んでしまうという状況ではないので、お正月に帰省したら食べることにします!😊

> あられの心配をして下さってありがとうございました。
> 嬉しかったです。

この話したかも知れませんが、友人の16歳の猫兄弟の体の大きい方のブーちゃんが甲状腺数値の異常で毎日薬を「食べて」ます。
猫語が100%解ればいいのですが、そうもいかないので、余計に心配ですね。
大事なく済むことを祈ってます!
2017/11/06(月) 00:10:27 | URL | yokoblueplanet #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yokoblueplanet.blog112.fc2.com/tb.php/16268-04900515
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック