Yoko's 人生=旅 on this Blue Planet
高速回転中の青い惑星地球、負けじと走り回る一人の記録。
Rodeo:ロデオ (691):2017年シーズン開幕 (11) 〜 Livermore Rodeo - Bareback Bronco Riding (6)
2017.6.10.:5月の末に開催される予定だったカリフォルニアの州都、サクラメントの北にある町のロデオ (Rodeo) 会場が、大量の雪解け水のために洪水に襲われ9月に延期になったので、6月の大会からハイライト部分を紹介。

本大会の前のスラック (Slack) と呼ばれる予選大会が終わり、土曜日の本大会初日:昔ながらの馬車のパレードやロデオ・クウィーンたちの紹介の後、ロデオ大会で1−2の人気を争うベアバック・ブロンコ・ライディング (Bareback Bronco Riding) が終了。

実際に牧場で必要となる二人で牛を捕らえるティーム・ローピング (Team Roping) 、画面の手前のカウボーイはヒーラー (Heeler) と呼ばれ、奥のヘッダー (Header) が牡牛の角にロープをかけた後、牡牛の後脚にロープをかける役目を担う。この時に、ヘッダーが角にロープをかけることに失敗すれば、即失格。ヒーラーも同じだが、両脚を捕縛できない場合、5秒の罰則時間が加算される。

このティームはトラヴィスとダニーの家族ティーム:時間は8.4秒だったが、残念なことに片脚だったので5秒が加算され記録は13.4秒となった。ヘッダーは牡牛の角を捕らえた後、牡牛の後脚がヒーラーの前に来るように誘導しなければならないのだが、この角度で撮れることはなかなか無く、タイミングよく両カウボーイが入ったのでアップ。

blog (6x4@300) Yoko 76 Livermore, Team Roping 8, Travis & Danny Xavier (8.4 + 5P=13.4)_DSC7917-6.10.17.(3).jpg

カウガール唯一の公式ロデオ競技、バレル・レイスィング (Barrel Racing) :競技場に三角に置かれた樽|バレルの間を規定のパターンに沿って周り、その時間を競う競技だ。上位のバレル・レイサー (Barrel Racers) たちの収入は2千万円に達する場合もある。千万単位の金額で売買される良質の馬との共同作業だ。

画像のバレル・レイサーは5番目に登場したカリフォルニア出身のスィド:記録は18.38だった。記録上げるために急角度でバレルに回りこむのだが、近づきすぎるとバレルを倒し元の木阿弥になるので厳しい。一個のバレルが倒れるごとに、5秒の罰則時間が加算されるので、千分の1秒単位で競う競技では命取りになる。

blog (6x4@300) Yoko 76 Livermore, Barrel Racing 5, Syd Wheeler (18.38 Greenfield, CA)_DSC7961-6.10.17.(3).jpg

緊張感漂う競技の世界だが、全体の雰囲気を和らげ競技の合間の準備時間を埋めて観客を飽きさせないのがロデオ・クラウン (Rodeo Clown) の仕事だ。彼らの特技は実に様々で、研鑽の跡がよく見える。ピンクのシャツを着た小さな女の子と一緒に登場。彼の名前はウォルフィー (Wolfy) 。女の子はお父さんのお手伝いで初登場の娘さん。

blog (8x10@300) Yoko 76 Livermore, Rodeo Clown, Wolfy_DSC7933-6.10.17.(3).jpg

各地のロデオ大会ではしばらく前から乳がん撲滅運動のための「ピンク・デイ "Pink Day"」を設けて、研究資金募金を実施している。ロデオ大会関係者も競技参加のカウボーイもカウガールも我々写真担当者もピンクのシャツを着用する。週末の本大会の土曜日か日曜日かのいずれかだが、大きなカウボーイたちがピンクのシャツを上手に着こなしているのはなかなか素敵だ。

ウォルフィーの娘さんが持っているショッキング・ピンクのトート・バッグの中には観客のためのT−シャツが入っており、お父さんが観客席に向かってT−シャツを投げ込む。手持ちの空気圧縮を利用した道具(名前?)が使われることもあるが、観客は大いに盛り上がる。

blog (8x10@300) Yoko 76 Livermore, Rodeo Clown, Wolfy_DSC7938-6.10.17.(3).jpg

信心深い同僚の写真家が時々顔をしかめるほどのきわどいジョークや出し物が多いウォルフィーだが、この日は、いつもより優しいお父さんの顔になっていた。

blog (8x10@300) Yoko 76 Livermore, Rodeo Clown, Wolfy_DSC7943-6.10.17.(3).jpg


スポンサーサイト

テーマ:ロデオ:Rodeo - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
今晩は
ロデオの競技の合間に、こういう乳がん撲滅運動のための「ピンク・デイ "Pink Day"」が行われるのは、素晴らしい事ですね
日本は、こういう事は不慣れですが、見習いたいですね
2017/11/12(日) 21:37:07 | URL | チャンコナベ #-[ 編集]
日本でもピンクリボンの活動が行われていますね。
大きな大会で、こういう活動を行うと効果大な気がします。
そしてお父さんとしての優しい一面が見られたのも収穫?( *´艸`)
2017/11/12(日) 22:26:42 | URL | なっつばー #-[ 編集]
チャンコナベ さんへ:2003年ごろから日本でも。
チャンコナベ さん、おはようございます。

> 今晩は
> ロデオの競技の合間に、こういう乳がん撲滅運動のための「ピンク・デイ "Pink Day"」が行われるのは、素晴らしい事ですね
> 日本は、こういう事は不慣れですが、見習いたいですね

もうひと方、この件についてコメントしてくださったなっつばーさんが日本でもピンク・デイがあるとのことでちょっと調べてみました。2003年ごろから活動が始まっているようですが、目的は同じようですがちょっと雰囲気が違う感じですね。
ロデオの場合だと、各地のロデオ運営委員会(ほとんどが牧場主の集まり)がそれぞれに募金を募って、乳がんの研究機関へ寄付するという形のようです。
一応、関係NPOのサイトを貼っておきますね。
ピンクリボンフェスティバル>>http://www.pinkribbonfestival.jp/festival/
認定NPO法人J.POSH日本乳がんピンクリボン運動>>http://www.j-posh.com/about/pinkribon/
2017/11/13(月) 00:05:45 | URL | yokoblueplanet #-[ 編集]
なっつばー さんへ:調べてみました!
なっつばー さん、おはようございます。

> 日本でもピンクリボンの活動が行われていますね。
> 大きな大会で、こういう活動を行うと効果大な気がします。

早速調べてみました。ありましたが、サイトを見ても目的がストレートに伝わらない感じですね。
お金の流れの問題とかあるのかな?とも考えましたが、、、
中間に入る組織に関係なく、例えば、サッカー大会や野球の試合で1日だけピンク・デイにするとか、国体で1日をピンク・デイにするとかすれば、効果大ですね。
ロデオ大会では、それぞれの町にロデオの組織委員会があり、そこでピンク・デイを実施するかどうか決めているようです。
独自にどんどん進めると云うことが難しい日本ですね、多分まだ。

> そしてお父さんとしての優しい一面が見られたのも収穫?( *´艸`)

これは貴重でした。娘を優しく気遣う父親の顔でしたね!
2017/11/13(月) 00:15:12 | URL | yokoblueplanet #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yokoblueplanet.blog112.fc2.com/tb.php/16273-dbdf2c21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック