Yoko's 人生=旅 on this Blue Planet
高速回転中の青い惑星地球、負けじと走り回る一人の記録。
安倍政権が議席をカサに本物の独裁国家化を開始! 与党の質疑時間を7割にして国会を機能停止に 2017.10.31. (LITERA)
**前日の中国関連記事は、日本に強まる独裁政治への警鐘として一部紹介したものだが、今日、野党の質疑応答時間を大幅削減の動きがあることを知り、ますます日本の立憲主義無視|破壊が進みそうと危惧。こんな状況で憲法をいじられたらどうなるか?
 これまでも様々な案件に関して「ていねいに」説明する、説明したと言いながら、一切してこなかった政権だ。推して知るべし、危険極まりない。**


安倍政権が議席をカサに本物の独裁国家化を開始! 与党の質疑時間を7割にして国会を機能停止に 2017.10.31. (LITERA)


与党の質疑時間を7割に?!

???「国会議員は国民の負託を得て当選してきている。各会派の議席数に応じた質問時間の配分は、国民の側からすればもっともな意見だ」???

政府が国会に提出する法案は大前提として国会入りする前に政調部会などで事前審査を済ませている。与党の議員は、党内議論に参加し自分の意見を法案に反映させることができる。

しかし、野党は国会に提出されて

はじめて法案を見る
のだから、

与党の質問と野党の質問を同等に

扱うことは、まったく平等などでは

なく著しく不公平
なものだ。


「謙虚」が聞いて呆れる。国会での質疑時間現在の「与党2割・野党8割」の配分から、議席数に応じて野党を削って与党の時間を増やすよう、安倍首相が見直しを指示している件だ。

 もし衆院で議席数に応じて質疑時間を見直せば「与党7割・野党3割」という異常な配分となり、まさしく“独裁”国会となる。当然ながら立憲民主党や共産党などの野党は猛反発しているが、信じられないのは政府と与党の姿勢だ。

 まず、菅義偉官房長官は「国会議員は国民の負託を得て当選してきている。各会派の議席数に応じた質問時間の配分は、国民の側からすればもっともな意見だ」と会見で発言した。

 しかし、たとえば立憲民主党の長妻昭代表代行自民党が野党時代、強力に要請をして今の配分比となった〉と述べており、産経新聞も〈旧民主党政権では一時、「与党1、野党9」となった〉と伝えている。それが、自民党は政権を奪取すると、与党の質疑時間増を要求。2013年10月の衆院予算委員会では「与党6割・野党4割」にするよう要請している。このとき現在の「与党2割・野党8割」(先の閉会中審査のみ与党3割・野党7割)で折り合ったが、このように安倍自民党は自分たちの都合でしか動いていないのだ。

 さらに、なんと自民党は、この質疑時間問題を明日からはじまる特別国会での〈質疑に応じるための「取引条件」にする構え〉を見せているという(毎日新聞より)。つまり、特別国会で森友・加計問題について言及したいのなら質疑時間の見直しに応じろ、と要求しているのである。




 選挙前には森友・加計問題について「選挙で説明する」と言い、選挙がはじまると「国会で説明する」と言い出した安倍首相。にもかかわらず、野党から追及を受けることから逃げるため、まったく筋の通らない取引をふっかけようとしているのだ。自己都合で不当な二者択一を迫るとは、まさしく悪徳商法さながらの詐欺的手法ではないか。


▪️野党の質問時間削減は議院内閣制

を無視した民主主義の破壊行為


 いや、今回の話は「自民党の身勝手」とか「疑惑隠し」とかそんなレベルではすまない。安倍政権がやろうとしている質問時間の配分は、明らかに民主主義の破壊、本物の独裁国家への第一歩となるものだ。

 というのも、国会で野党に多くの質問時間を割くことは、日本が採用している議院内閣制の欠陥をカバーし民主主義の根幹である権力分立を保障するための措置だからだ。議院内閣制では、国会の多数党が内閣を形成するため、与党と内閣が一体になってしまう。当然、国会の内閣に対する批判やチェックは機能しづらく、そのままでは権力分立も有名無実化してしまう傾向にある。そのため、イギリスなどでは、議会の運営や政党助成金など、制度上さまざまな面において野党に与党より大きな機能や権力を与えてきた。

 一方、日本ではそういった野党優遇措置はほとんどなく、唯一、権力分立を保障するために存在していた慣例質問時間の野党への優遇配分だった。それが今度は議席数に応じて、野党の質問時間を削ろうというのである。これは国会の機能停止も同然の暴挙だろう。

 考えてみればいい。国会で審議される法案や予算案はとっくに政府と与党間で、調整されているのだ。そんなものに対して、与党が厳しい批判や質問をするはずがない。与党が与党に質問しても、法案推進のための事前に申し合わせた質問とその回答という茶番劇が繰り広げられるだけ。つまり、野党の質問時間が削られれば、法案はなんの批判やチェックも受けずに通り放題になる。

 自民党の安倍チルドレンである“魔の3回生”が、与党の若手議員にも平等にチャンスをなどと言っているが、前述したように、政府が国会に提出する法案は大前提として国会入りする前に政調部会などで事前審査を済ませている。与党の議員は、党内議論に参加し自分の意見を法案に反映させることができる。しかし、野党

は国会に提出されてはじめて法案を

見るのだから、与党の質問と野党の

質問を同等に扱うことは、まったく

平等などではなく著しく不公平


ものだ。


記事の続きは、上の タイトルから元記事へ>>


スポンサーサイト

テーマ:憲法改正論議 - ジャンル:政治・経済

コメント
この記事へのコメント
この問題ね 確かに国会の慣例問題だけど
あまり賛成はしないな 慣例は変えて行かねば発展はないんだけどそれよりも国会の投票時間の短縮を考えた方がまともだがな
1・2Hも投票に要すことはないよ ボタン投票にでもすれば早いよ その分質問時間に充てるとかまあ魑魅魍魎が闊歩する世界ですから誰も考えないかな
2017/11/02(木) 07:59:36 | URL | EGUTI YOUSYKE #-[ 編集]
EGUTI YOUSYKEさんへ:偏りすぎ
EGUTI YOUSYKEさん、こんにちは。

> この問題ね 確かに国会の慣例問題だけど
> あまり賛成はしないな 慣例は変えて行かねば発展はないんだけどそれよりも国会の投票時間の短縮を考えた方がまともだがな
> 1・2Hも投票に要すことはないよ ボタン投票にでもすれば早いよ その分質問時間に充てるとかまあ魑魅魍魎が闊歩する世界ですから誰も考えないかな

何事も中庸が大事です。
まず立憲民主主義の国で現政権がしていることは、真逆のことばかり。
「ていねいに説明する」と言いながら、一切説明はしない。
その上、今度は質疑時間まで削ろうとする。
違憲政権でしょう。
投票時間短縮して、質疑応答の時間を増やすべきですね。それはいい考えだと思います。
それと質疑応答の、あまりにもいい加減な答えの内容をなんとかして欲しいですね。
2017/11/02(木) 09:43:15 | URL | yokoblueplanet #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yokoblueplanet.blog112.fc2.com/tb.php/16277-361db525
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック