Yoko's 人生=旅 on this Blue Planet
高速回転中の青い惑星地球、負けじと走り回る一人の記録。
番外編:カリフォルニア(799): Oregon (85) オチョコ国有林公園 (Ochoco National Forest)
2016.5.03.: ロック・クライミング (Rock Climing) の発祥の地とも言われているスミス・ロック州立公園 (Smith Rock State Park) を訪問した翌日、オチョコ国有林公園 (Ochoco National Forest) のもう一つの地域へ出かける。

オチョコ国有林地区に入ってから、林道と思われる横道に入りながら直物チェック:念願のイェローベルズ | イェロー・フリティラリア (Yellowbells | Yellow Fritillary) は、森の(まだ草はほとんど生えていなかったが)草地に咲いていた。隣の松の森の中を見ると、また美しい姿の雪解け後間もなく咲くグレイシャー・リリー (Glacier Lily) 、学名:(Erythronium grandiflorum) が点在している。

別名イェロー・アヴァランシェ・リリー | ドッグトゥース・フォーン・リリー (Yellow Avalanche Lily | Dogtooth Fawn Lily) とも呼ばれるが、「アヴァランシェ - 雪崩」や「フォーン - 子鹿」はイメージ的につながるが、「ドッグトゥース - 犬歯|糸切り歯 "Dogtooth"」はどこから来るのだろう?

blog 51 26E Ochoco NF, Glacier Lily, OR_DSC0927-5.3.16.jpg

蕊のやくの部分が崩れ始めているので、開花後2−3日は経過?

blog 51 26E Ochoco NF, Glacier Lily, OR_DSC0930-5.3.16.jpg

この個体はやくの部分がほぼ無くなっており、奥の雌しべの子房が大きくなっていた。

blog 51 26E Ochoco NF, Glacier Lily, OR_DSC0931-5.3.16.jpg

背丈が30cm+はあるグレイシャー・リリーはガリヴァーのように見えるかもしれないが、小さな小さなミジェット・フロックス、あるいはスレンダー・フロック (Midget Phlox, Slender Phlox) 、学名 (Microsteris gracilis) も満開。クサキョウチクトウ属の野草で、松のイェロー・パイン (Yellow Pine) やアカモミ (Red Fir) などの森に多く見られる。

blog 51 26E Ochoco NF, Pink?, OR_DSC0937-5.3.16.jpg

松の根元に寄り添うように立つグレイシャー・リリー。優雅だ。

blog 51 26E Ochoco NF, Glacier Lily, OR_DSC0940-5.3.16.jpg


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんばんは。
何度見ても素敵な色と立ち姿。
綺麗ですね。
黄色は元気になれるから好きな色です。
白い小さな花も可愛い!
小さくとも強い生命力を持っているのですね。
2017/11/11(土) 23:17:44 | URL | ノンビリサン #aYocD0BA[ 編集]
ノンビリサンへ: こんばんは。← 黄色の元気
ノンビリサン、おはようございます。

> 何度見ても素敵な色と立ち姿。
> 綺麗ですね。
> 黄色は元気になれるから好きな色です。

このグレイシャー・リリーは、いい姿をしていますね。
カタクリの仲間全体が風情のある姿ですが、黄色と云うとまた違った雰囲気で魅力的です。
ヒヨコの🐤の黄色よりも濃いですが、春の初めの太陽の光をいっぱいに取り込んだような元気感がありますね!

> 白い小さな花も可愛い!
> 小さくとも強い生命力を持っているのですね。

グレイシャー・リリーとは対照的な小さな小さな野草ですが、負けずに存在を主張してました!
植物の世界は果てがないほど深いです、そして彼ら無しでは、我々の命は維持されない〜凄い力を持ってますね!
2017/11/12(日) 01:02:33 | URL | yokoblueplanet #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yokoblueplanet.blog112.fc2.com/tb.php/16288-d709a157
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック