Yoko's 人生=旅 on this Blue Planet
高速回転中の青い惑星地球、負けじと走り回る一人の記録。
浜矩子 :「1強」「圧勝」メディアが一斉に同じ言葉を使う時は疑え 2017.11.4. (日刊ゲンダイ)
浜矩子 :「1強」「圧勝」メディアが一斉に同じ言葉を使う時は疑え 2017.11.4. (日刊ゲンダイ)


「1強」「圧勝」メディアが一斉に同じ

言葉を使う時は疑え

 今度の選挙を通じて感じたのは、「1強」や「圧勝」などメディアがみな同じ言葉を使っている時、たぶんそれは違うだろうと疑ってかかるべきだということ。そして、メディアのモードが一斉に変わる時は危ういということです。読者や有権者は、常日頃から真実がどこにあるのかを自ら探り出す構えを持っていないと、踊らされているメディアにさらに踊らされて、本質とは違うことを信じ込んでしまう恐れがある。つくづく気をつけなければいけないと思います。


 衆院選を通じてメディア報道への疑問を強くしました。事前の世論調査で新聞各紙が「自公圧勝」と報じましたよね。かなり細かい数字まで出して、まるで開票速報のようでした。あれが有権者の投票行動バイアスをかけたのではないかと思うのです。実際にうちの大学の学生はあの報道を見て、「選挙に行っても仕方がない。あのような結果になるのなら、野党に投票しても意味がないので自民党に入れちゃおうという気になった若者が多かったのでは?」と話していました。

 御用メディアだけでなく、マトモなメディアまで、中立性を意識しすぎるあまり、世論調査の機械的な数字を偏重する。中立重視だとメディアが思い込んでいる報道が逆にバイアスをかけることになっていませんか。どうして迷っている人に変な行動指針を与えてしまうような報道をするのでしょうか。



 開票結果を受けた報道にも疑問があります。おかしいと思ったのが、「圧勝」「大勝」という表現です。与党の議席数は選挙前比で微減です。増えたわけではない。それなのに「圧勝」という言葉を使えば、「ああ、与党はますます勢いを増したのだ」と読者は思ってしまう。

 それに、安倍政権は、立憲民主党が野党第1党になったことに大いにショックを受けたと思うんです。議席数こそ大差がついているものの、国会での議論や与野党協議では野党第1党が前面に出るわけですから、選挙前と状況は大きく変わった。ところが「圧勝」というメディアの報じ方ですと、一段と政権基盤が強化されたような印象を受ける。


世論調査数字偏重

投票行動バイアス


「1強の驕り」という表現もそう。私はあれは「驕り」ではなく「怯え」だと思います。安倍首相は強くない。むしろ“弱虫”です。だからすぐ怒ったり、過激に相手をやっつけようとしたり、ゴリ押ししたりする。「国難」という言葉を口走る。本当に強くて自信のある人は、そんなことはしない。反対意見でもおおらかに受け止め、一緒に解決しましょう、となる。それなのに「1強の驕り」と言えば、読者は、安倍首相が唯一の強者だと思ってしまうじゃないですか。

 ジャーナリズムは言葉を商売にしているのですから、もう少し緻密さデリカシーをもって報じて欲しい。有権者の意識が低いというようなことを言う前に、自分たちの報じ方をいま一度、見つめ直して欲しい。

 もうひとつ気になったのが、選挙戦に突入したら、モリカケ問題への言及が一気に減って、各政党の公約を横並びで伝えることばかりに紙面が割かれていたことです。なんだか急に「総選挙モード」になってしまって、結局、メディアが一番乗せられて、安倍政権の思うツボにはまっていたのではないですか。

 今度の選挙を通じて感じたのは、「1強」や「圧勝」などメディアがみな同じ言葉を使っている時、たぶんそれは違うだろうと疑ってかかるべきだということ。そして、メディアのモードが一斉に変わる時は危ういということです。読者や有権者は、常日頃から真実がどこにあるのかを自ら探り出す構えを持っていないと、踊らされているメディアにさらに踊らされて、本質とは違うことを信じ込んでしまう恐れがある。つくづく気をつけなければいけないと思います。


浜矩子同志社大学教授
1952年、東京生まれ。一橋大経済学部卒業後、三菱総研に入社し英国駐在員事務所長、主席研究員を経て、2002年から現職。「2015年日本経済景気大失速の年になる!」(東洋経済新報社、共著)、「国民なき経済成長」(角川新書)など著書多数。


写真詳細、元記事へは上の タイトルから>>


スポンサーサイト

テーマ:報道・マスコミ - ジャンル:政治・経済

コメント
この記事へのコメント
希望に対する報道もビミョーですよね。
前原&小池コンビの主張=自民補完政党=希望全候補者の主張とされて敬遠され沈んだように思います。改憲賛成派に希望入れて候補者の実に5分の4となり(おかしいです)、これ以外でと投票先を絞れば、当選者数も当然限られます。今後も野党共闘を邪魔するための工作は仕掛けられるでしょう。その際同調バイアスで与党”大勝”のお手伝いにならないようにしたいですね。前原氏の考えに全会一致で乗った当時の民進議員の皆さんも、ですが~
2017/11/08(水) 12:57:16 | URL | ktpage #-[ 編集]
ktpage さんへ:巧妙な妨害工作
ktpageさん、おはようございます。

> 希望に対する報道もビミョーですよね。
> 前原&小池コンビの主張=自民補完政党=希望全候補者の主張とされて敬遠され沈んだように思います。改憲賛成派に希望入れて候補者の実に5分の4となり(おかしいです)、これ以外でと投票先を絞れば、当選者数も当然限られます。今後も野党共闘を邪魔するための工作は仕掛けられるでしょう。その際同調バイアスで与党”大勝”のお手伝いにならないようにしたいですね。前原氏の考えに全会一致で乗った当時の民進議員の皆さんも、ですが~

「希望」と「民進」に関わる動きは暫くぶりの「大」ドタバタで、頭を無くした鶏のようでしたが、リベラル派にとっては負の影響絶大でした。「希望」に関する報道は確かに微妙でしたが、小池発言は彼女のこれまでの成果同様さらに「ビミョウ」でした。民進党議員の動きはもっと「ビミョウ」。
「民進」は前原を党首に選んだ時点で終わってるでしょう。
今更ですが、自分たちの信念は無いのか、政治理念は無いのかと問いたいですね。
あの状態で、勝てる選挙ができると考える所が理解不能です。
国の行く末を考えている政治家は今や数える程しかいないことになりますが、、、。
戦争したくて仕方がない輩が中枢に居座ってますし、今回のトランプ訪問ではまたまた大量の武器購入を約束したようですし、、、
一般国民が納める税金、また増えますよ!武器購入のために。
2017/11/08(水) 20:56:09 | URL | yokoblueplanet #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yokoblueplanet.blog112.fc2.com/tb.php/16297-d9ded0ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック