Yoko's 人生=旅 on this Blue Planet
高速回転中の青い惑星地球、負けじと走り回る一人の記録。
地震に注意!!〜今日の新規アップ記事(333):2017年11月08日**2)メディアのモードが一斉に変わる時は危うい、「1強」「圧勝」一斉に同じ言葉を使う時は疑え

 日本国憲法前文:そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものてあつて、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基くものである。われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。

 Government is a sacred trust of the people, the authority for which is derived from the people, the powers of which are exercised by the representatives of the people, and the benefits of which are enjoyed by the people.


6/15 共謀罪強行採決 → 成立

共謀罪強行成立記念! 安倍政権の暴挙を忘れないために振り返る「共謀罪トンデモ答弁・暴言録」 2017.6.15. (LITERA)

 「今朝、ついに共謀罪法案が強行成立されてしまった。「平成の治安維持法」と呼ばれる共謀罪法。その法案内容自体がいかに異常なものであるかは本サイトでも何度もお伝えしてきた。だが、その幕切れは、まさに唖然とするほかにない、民主主義を否定する究極の暴挙だった。」



**11/07 - CA 時間: 二日ほど前にお知らせしたランド・ポール議員がケンタッキー州の自宅前で隣人に攻撃されて肋骨を数本折る怪我を負わされ、肺挫傷を引き起こした事件は、時間が経過するほど不可解なことになっているようだ。原因は「些細なこと」で政治的な要因は無いと隣人の弁護士は語っているようだ。詳しくは下の元記事へ>>
The story behind the attack on Sen. Rand Paul keeps getting weirder 2017.11.6. (WaPo)
 サイ・ヤング賞を2度受賞したピッチャーのロイ・ハラデイ (40) が、フロリダ沿岸部で自身が操縦する飛行機が墜落し死亡したとCNNが報じている。
 メジャー・リーグで16シーズン活躍し、最初の12シーズンはトロント・ブルー・ジェイ所属だった:サイ・ヤング賞は2003年の受賞。2010年シーズン前にフィラデルフィア・フィリーズにトレードされ、新しいティームでの初年度に2度目のサイ・ヤング賞の受賞となった。詳細は下の元記事へ>>
Roy Halladay, former MLB star pitcher, killed in Florida plane crash 2017.11.7. (CNN)
 ガソリン車離れが加速しているが、面白いニュースがあった:CNNが、ランボールギーニとマサチューセッツ工科大学 (MIT)バッテリー抜きの全電気自動車を開発と報じている。
 ランボルギーニのテルゾ・ミレンニオ (Terzo Millennio) ・コンセプト・カーの車体は、カーボン・ナノチューブ (炭素原子どうしが結合して六角形を単位とする網目を作り、それが巻き上がって直径1ないし20nm、長さ100nmから数μmの円筒を形成したもので、1991年に飯島澄男博士によって発見された、ダイヤモンド・非晶質・グラファイト・フラーレンに次ぐ炭素材料の名称)で造られ、スーパーキャパシター(電気二重層コンデンサ、詳細は電気二重層コンデンサ|スーパーキャパシター>>の役割をする。スーパーキャパシターは従来のバッテリーとは異なる形でエネルギーを保存し放出するが、利点があるが深刻な問題もある。
 MITとランボルギーニ(現在はフォルクスワーゲン・グループの一員)の科学者たちが、問題を解決するまでには数年かかるだろうが、それだけの価値はあるとランボルギーニのR&Dの長であるモーリスィオ・レッジアーニは語る。詳細は下の元記事へ>>
Lamborghini and MIT team up on battery-free electric supercar 2017.11.6. (CNN)


 **9/20 - M7.1のメキシコの地震の被害者数が、状況が判明するにつれて増えている。メキシコ市の北部に友人家族が住んでいるので連絡をした所、揺れもほとんど感じなかったそうだ。一安心だが、まだ瓦礫の下に埋もれている人たちがいるようで、学校で発見された4歳と12歳の女の子たちの救出の様子が報道されている。救出の場では沈黙が命につながると、どんな小さな声でも拾おうと努力が続けられているようだ。
 8/2 - 昨日は鹿児島の方が揺れていたが、今日は夜中過ぎから茨城県を震源とする地震が相次いだ:02:02 M5.5 、07:16 M4.6 、そして 09:19 宮城 M4.3 などだが、正午過ぎまでに、茨城県を震源とする地震だけで7回を数える。
 6/25 - 予想外の長野南部でM5.7、震度5強の地震発生余震頻発中なので注意
 4/24 - チリのヴァルパライソで M6.9、その後M5級の地震連発、インドネシア近辺はM5級が同じく連発している。
 2.28 - この2−3日、地震が頻発しています。そして、東北➡️関東➡️九州➡️東北と云う動き方も気になります。どうぞ、水、食料、燃料などの備蓄を怠りなくお過ごしください。**


 

憲法改正への政治ゲーム:駆けつけ警護

自衛隊員の犠牲も厭わず、何とか

して自衛隊に銃を撃たせたい人たち


(9:30) ダイジェスト版



 







今日の新規アップ記事:

2017.11.08.
記事は7時以降の

アップです。



官邸前居座り込み救済訴え抗議 ‏@isuwarikomi 25 Aug
野山を返せ!!
田畑を返せ!!
子供を逃がせ!!

強く強く泣きながら叫ぶ福島の女性




ご訪問ありがとうございます。アップする記事の数が多いので、要点付きの目次をトップに置く事にします。この目次から、あるいはテンプレートの左側の最新記事コラムから記事本体に行けますので、よろしく!!



「真の文明は山を荒らさず,

川を荒らさず、村を破らず、

人を殺さざるなり」

「少しでも、人のいのちに、

害ありて、少しくらいは、

よいと云ふなよ」


        田中正造



「宮澤賢治は、「世界がぜんたい幸福にならないうちは 個人の幸福はありえない」と記しました。私は「世界ぜんたい」とは、人間のみを指すのではないと思います。人間を含めたこの世界全体が幸せになることを、賢治さんは願っていたはずです。またそう考えなければ、この地球という星を守ることはできないところにまで私たちは追い詰められてしまったと思います。」ー小出裕章




B)今日の新規アップ記事:2017年11月08日:

0)番外編:カリフォルニア(796): Oregon (82) オチョコ国有林公園 (Ochoco National Forest)

 2016.5.03.: ロック・クライミング (Rock Climing) の発祥の地とも言われているスミス・ロック州立公園 (Smith Rock State Park) を訪問した翌日、オチョコ国有林公園 (Ochoco National Forest) のもう一つの地域へ出かける。
 オチョコ国有林地区に入ってから、林道と思われる横道に入りながら直物チェック:黄色のヴィオラが数株、ラウンドリーフ・ヴァイオレット (Roundleaf Violet) 、学名: (Viola orbiculata) に近い姿。葉の縁が滑らかなので、それが少し気がかりだが、この地域には2種類の黄色のヴィオラしか無く、もう一つはカリフォルニアでも馴染みのヴィオラなので、これがラウンドリーフ・ヴァイオレットである可能性は非常に高い。



1)モハヴィ砂漠からデス・ヴァレーへ "Mojave to Death Valley, CA"(34)

 2017.3.21.:95号線と178号線のジャンクションの南に位置する人口30人前後のショショニ村 (Shoshone Village, Inyo CO., CA) で植物の様子を少し見た後、178号線でデス・ヴァレー国立公園 (Death Valley National Park) 内に入る。
 標高約1,010mのセイルズベリー・パス (Sailsbury Pass) で脚を伸ばしながら道草中:峠からさらに進むとちょっと珍しい寄生植物が見えてきた。シャパラル・ブルームレイプ (Chaparral Broomrape) 、学名:(Orobanche bulbosa)



2)浜矩子 :「1強」「圧勝」メディアが一斉に同じ言葉を使う時は疑え 2017.11.4. (日刊ゲンダイ)

「1強」「圧勝」メディアが一斉に

同じ言葉を使う時は疑え


 今度の選挙を通じて感じたのは、「1強」や「圧勝」などメディアがみな同じ言葉を使っている時、たぶんそれは違うだろうと疑ってかかるべきだということ。そして、メディアのモードが一斉に変わる時は危ういということです。読者や有権者は、常日頃から真実がどこにあるのかを自ら探り出す構えを持っていないと、踊らされているメディアにさらに踊らされて、本質とは違うことを信じ込んでしまう恐れがある。つくづく気をつけなければいけないと思います。






A)常設記事:

1)スイスMetro Mediaー最新ー放射性汚染物質拡散予報
2)ヨーロッパの放射性汚染物質拡散予想図:ドイツ気象局
3)地震地図:Japan Quake Map
4)気象庁地震情報>>
5)読んで欲しい原発関連記事、お役に立つと思われるものリスト
6)地震マップ、放射性汚染物質拡散予想図 & 各種ライフライン/災害情報 (3月28日更新)
WHO世界保健機関と IAEA国際原子力機関が共同で開催:2001年キエフ国際会議 真実はどこに?―WHOとIAEA 放射能汚染を巡って(原題:Controverses nucléaires)
http://youtu.be/oryOrsOy6LI


WSJ:「米NRC、原発認可手続きを停止」 2012年 8月 8日 11:10 JST

<動画:忘れていはいけない事>

「日本の子どもの数が一人になるまでの残された時間」が判る>>

「日本の子ども人口時計」

早川由紀夫:福島第一原発事故の放射能汚染地図、八訂版>>


食材の汚染度計測:食の安全のために:

生活クラブ:消費材の放射能検査結果>>

食品汚染マップ 2013.2.17>>

新・全国の放射能情報一覧>>

【マダムトモコの厚労省日報ダイジェスト】

【文鳥姉さんのお料理実験室】Foodbase23

こどもみらい測定所データ

NPO 法人ベクまる



7)小出裕章、広瀬隆講演会、原発関連講演会、イベント他  随 時 更 新 (11月08日更新)





元経済企画庁長官 田中 秀征氏

われわれは違憲な法律を認めないと

ともに、昨年の閣議決定を撤回し、

この法律を全面的に見直すこと


目指さなければならない。


「戦争させない」デモが国会包囲 参加者12万人と主催者 2015.8.30.(東京新聞)


C)今日の新規アップ記事:2017年11月07日:

0)番外編:カリフォルニア(795): Oregon (81) オチョコ国有林公園 (Ochoco National Forest)

 2016.5.03.: ロック・クライミング (Rock Climing) の発祥の地とも言われているスミス・ロック州立公園 (Smith Rock State Park) を訪問した翌日、オチョコ国有林公園 (Ochoco National Forest) のもう一つの地域へ出かける。
 オチョコ国有林地区に入ってから、林道と思われる横道に入りながら直物チェック:松林はあまり混んでおらず、床の下草も少ない時期で、グレイシャー・リリー (Glacier Lily) が点在し、小さなランタンが灯されたような風情でもある。
 さてこちらのブルーベルズ (Bluebells) 、前に紹介したトール・フリンジド・ブルーベルズ (Tall Fringed Bluebells) とは様子が異なる:



1)夕ご飯(60):ズッキーニ巻きエビのフリット、焼ガキ & 朝ご飯 |ブランチ (53)

 さて巨大ズッキーニの約1/5程度を料理した翌朝、窓の外を見ると朝焼けの真っ最中。やや、目玉が浮かんでる、UFOとか喜んでいたら、単に写り込んだ室内照明でした!
 小川が流れる牧場の朝、既に従業員がトラックで移動中(下中央右)。
 夕ご飯は、昨夜揚げ物に使った油が残っているのでそれを使ってしまいたい:友人はエビを使いたい、とのことで、再度ズッキーニと相談!ズッキーニのリボンで巻いたエビのフリット、それもかすかに油に残るカレー味の移ったフリット!



2)思考の種(577):2)小泉進次郎 「このままなら自民党必要ない」 & 1)志位和夫 "与党2:野党8"の質問時間配分は 「自民党自身が要求したこと」

「このままなら自民党必要ない」

「経済は政治の下請けなのか」


 (安倍晋三首相が幼児教育無償化などの財源確保のため、企業に3千億円の拠出を要請したことについて)党は何も聞いてないし、議論もしてないですから。このままだったら自民党必要ないですよ。
 経済界の皆さんにも、考えてもらうべきことがあるんじゃないかと思いますよ。政治が頼むと、賃上げする。3千億円も頼まれれば出す。何かまるで、経済は政治の下請けなのかと。



3)アメリカ政治 関連ニュース (7) 〜 10/15〜 10/21 ニュースまとめ:10/21 〜 国立公文書記録管理局に保管されているこれまで一切公開されていないジョン・F・ケネディ大統領暗殺に関する書類を、トランプ大統領が公開する?!

**10/20 - OR 時間: 民主主義とメディアの役割について、新たな論争が勃発している。先週はリベラルなNBCの報道内容が嘘だと言って大統領は放送免許を停止することもありとの可能性を示唆したばかりだが、今度はホワイト・ハウスの報道官、サラー・サンダースが定例の記者会見で金曜日、息を呑むほど驚きの発言をした。。。


**11/06 - CA 時間: トランプ大統領は今日から韓国訪問と云うことで、日本滞在中の話が二つほど目立っていた一つはいつもよりは「丁寧な調子で」「日本はいい車を作っているが、それをアメリカで作るようにお願いするのは不躾だろうか」と言ったというもの、もう一つは2−3日前に書いたと思うが、右系のフォックス・ニューズのインタヴューで「日本はサムライの国なのに、何故北朝鮮のミサイルを打ち落とさないんだ」と発言したものだ。
 いずれも明らかに大統領の無知をさらけ出すもので、これは以前から言われてきた:日本の車メーカーは既にアメリカに工場を持ち、15〜6万人の雇用を生み出している事実を大統領は知らない。(この話が出ている時に、新たな武器購入の話が出たような臭いが出ていたのが気がかり。)
 「サムライの国」がミサイルを打ち落とさない件、高価な迎撃ミサイルは撃てば当たると云うものでもなく、かなりの数を発射しなければならないと専門家がニュースで解説していた。
 車の件で事実に基づかない話をした大統領は、日本がまだ敵国条項下にある国で、下手に手を出せば、機会を狙っている隣国に何をされるかわからないと云うことも分かっていないようだ。大統領の頭の中にある世界が、もし今日の話を事実とするならば、どこまで本気かは別問題として、「フェイク・ニュース」と真っ当なニュース紙や報道局を呼ぶ理由が見える。
 ロシア問題では、特別捜査官ロバート・モラー三世のティームの次のターゲットは、トランプ政権で20余日間国家安全保障顧問を務めたマイケル・フリン将軍とその息子ではないかと話題になっている。ワシントン・ポスト紙が「偶然か故意(協調)か?」のタイトルでロシアとトランプ陣営|政権の動きを追っている。ロシア側は、トランプの選挙戦中と大統領職への移行中に、トランプ周辺の少なくとも9名に接近していたと云う。
 家族、ビジネス、選挙関係者を通して、2015年トランプが大統領選出馬を表明した2−3ヶ月後から、ロシア国籍を持つものたちが、ドナルド・トランプの世界との接触を繰り返し求めていた。モスクワにトランプ・タワーを建設する話を持ち出したり、トランプの顧問を講演名目でロシアに招聘し、トランプと彼の補佐官達との会合を求めた。特別捜査官ロバート・S・モラー三世は、今、これらの接触が個別の偶然かそれとも大統領選挙に干渉するためのロシア側の仕事の一部だったのかを探っていると云う。両サイドの関係者の氏名、写真、相関図を時系列に表示しているので、興味のある方は下の元記事へ>>
Coincidence or coordination? 2017.11.5. (WaPo)
 「トランプが彼自身の”アメリカ製品を買え、アメリカ人を雇え”を守らず」とMSNBCが報じている。ドナルド・トランプのフロリダにある施設、マーラゴ (Mar-a-Lago) ・リゾートが、来季のために70名の外国人労働者を雇用するためにヴィザを入手したと云う、トランプが彼の政権は「アメリカ製品を買いアメリカ人を雇う」と繰り返しそして強く約束してきたのに
Trump breaks his own “buy American, hire American” rule 2017.11.6. (MSNBC)





D)今日の新規アップ記事:2017年11月06日:

0)番外編:カリフォルニア(794): Oregon (80) オチョコ国有林公園 (Ochoco National Forest)

 2016.5.03.: ロック・クライミング (Rock Climing) の発祥の地とも言われているスミス・ロック州立公園 (Smith Rock State Park) を訪問した翌日、オチョコ国有林公園 (Ochoco National Forest) のもう一つの地域へ出かける。
 オチョコ国有林地区に入ってから、林道と思われる横道に入りながら直物チェック:グレイシャー・リリー (Glacier Lily) の優雅な姿に圧倒されながら松林を散策していると、湿った森の床の窪地に薄紫色の小さなスミレが出現。ノーザン・ボグ・ヴァイオレット (Northern Bog Violet) 、学名: (Viola nephrophylla) と思われる。



1)Rodeo:ロデオ (689):2017年シーズン開幕 (9) 〜 Livermore Rodeo - Bareback Bronco Riding (4)

 2017.6.10.:本大会の前のスラック (Slack) と呼ばれる予選大会が終わり、土曜日の本大会初日:昔ながらの馬車のパレードやロデオ・クウィーンたちの紹介の後、ロデオ大会で1−2の人気を争うベアバック・ブロンコ・ライディング (Bareback Bronco Riding)
 6番目のブロンコ・ライダーはカリフォルニア出身のルーカス。彼の馬は「クラッスィ・クラーク」。 シュートから飛び出した直後、馬の動きも素晴らしくこれはいけるかな?と思ったのだが、、、



2)パパ活ですか?「将を射んと欲すればまず馬を射よ」ですか?!→「イバンカ氏基金に57億円、安倍首相が表明」ってホント? 「壮大なパパ活してるみたい」報道を疑問視する声も 2017.11.3. (ハフポスト)

パパ活ですか? OR

将を射んと欲すればまず馬を射よ?!


「イバンカ氏基金に57億円、安倍首相が表明」ってホント?


**11/05 - CA 時間: 追加:ケンタッキー州選出のランド・ポール議員がボウリング・グリーンにある自宅の外で金曜日に59歳の隣人ルネー・ブーシャーに襲われると云う事件があったようだが、見逃していた。11/06付けのCNNが、怪我は当初言われていたよりひどく、肋骨5本骨折、内3本は変異骨折で肺挫傷を引き起こしていたと報じている。
 議員に対する襲撃は連邦法違反行為になり、罪が重い。襲撃の動機は分かっていない。ロン・ポール元議員を父に持つポール議員は共和党の中でも発言力のある議員だが、内容は今の共和党主流よりもずっと先進的だ。発言内容で狙われたと云う事件ではないことを願いたい。詳細は下の記事へ>>
Rand Paul's injuries from assault more severe than initially reported 2017.11.6. (CNN)
 日曜日の今日は、昨日とうって変わりまた雨。今年の冬は薄暗くなりそう?!そんな中、また起きた銃撃事件。今回はテキサス州にある観光地としても有名なサン・アントニオから50kmほど東にある人口700弱のサザランド・スプリングズ (Sutherland Springs, TX) のバプティスト教会でだった。
 日曜日の礼拝の最中で、死亡者数は27名に達しているとも言われている。負傷者も同じ位の数いるようだが、まだ確定的な様子は不明。犯人は26歳のデヴィン・パトリック・ケリーで、教会の前で車から降り、銃を撃ちながら教会内部に入ったと云う。教会の信者がライフルを取り上げ、取っ組み合いになった後、ケリーが逃走。
 教会の近くのお店にいた人たちがすぐ警察に通報したこと、警察の対応が早かったことなどから、間もなく犯人を追い詰め、結局は犯人死亡となったが、撃ち殺されたのか自分で死を選んだのかのの詳細は現時点では不明。
 トランプ大統領は、先月のラス・ヴェガスで起きた大量殺人銃撃事件後、銃規制などに関する対話は後にすると言ったが、何の対応もしていない。今回は、日本訪問中に起きた事件だが、どうするのか。アメリカの銃は日本の刃物と同じくらい感覚でゴロゴロある。何人が殺害されたら、皆、動くのだろうか?事件の詳細は下の記事へ>>
From CNN's Shimon Prokupecz A gunman who opened fire on the First Baptist Church in Sutherland Springs, Texas was identified as Devin Patrick Kelley, 26, according to two law enforcement sources briefed on the investigation. At least 26 dead in Texas church shooting CNN November 5, 2017 3:54pm PST Sources identify Texas church shooter 2017.11.5. (CNN)





E)今日の新規アップ記事:2017年11月05日:

0)番外編:カリフォルニア(793): Oregon (79) オチョコ国有林公園 (Ochoco National Forest)

 2016.5.03.: ロック・クライミング (Rock Climing) の発祥の地とも言われているスミス・ロック州立公園 (Smith Rock State Park) を訪問した翌日、オチョコ国有林公園 (Ochoco National Forest) のもう一つの地域へ出かける。
 オチョコ国有林地区に入ってから、林道と思われる横道に入りながら直物チェック:イェロー・アヴァランシェ・リリー | ドッグトゥース・フォーン・リリー (Yellow Avalanche Lily | Dogtooth Fawn Lily) とも呼ばれるユリ科のカタクリの仲間で、雪解け中、雪解け後間もなく開花するグレイシャー・リリー (Glacier Lily) 、学名:(Erythronium grandiflorum) の続き:



1)モハヴィ砂漠からデス・ヴァレーへ "Mojave to Death Valley, CA"(33)

 2017.3.21.:95号線と178号線のジャンクションの南に位置する人口30人前後のショショニ村 (Shoshone Village, Inyo CO., CA) で植物の様子を少し見た後、178号線でデス・ヴァレー国立公園 (Death Valley National Park) 内に入る。
 標高約1,010mのセイルズベリー・パス (Sailsbury Pass) で脚を伸ばしながら道草中:背丈ほどもありそうな大きな花を咲かせていたケシ科の野草、ピグミー・ポピー (Pygmy Poppy) の一種であることに間違いはないと思うのだが、亜種のいずれかが判らず。。。別名レッド・ロック・ポピー (Red Rock Poppy)



2)思考の種(576):1)報道するラジオ:消費税増税とアベノミクスの行方〜国難は突破できるか~消費税の使い道変更 2017.10.30. & 2)加計学園問題 2017.11.2.

1)国難は突破できるか

~消費税の使い道変更


 経済ジャーナリストの町田徹さんにおいでいただき、安倍首相の語る「国難突破」について考えます。
安倍政権は再来年、予定通り消費税率8%から10%に上げ、税収の一部を教育無償化などにあてるという、増税分の使い道の変更を掲げた。
 また、アベノミクス、異次元の金融緩和が続けば、日本の経済はどうなっていくのでしょうか。

2)結局、すべて「総理のご意向」

どおりに!
ー加計学園獣医学部が

認可の見通し一斉報道



3)今日の新規アップ記事(331)2017年10月22日〜28日: 10/28 - 2)???「国民の信任を得た」??? として 改憲への意欲を改めて示す!!!

10/25 - 2)巻頭特集 絶望の改憲大政翼賛会…歴史の分岐点で暗黒に転落 <上> <下> 2017.10.23.(日刊ゲンダイ)

権力を私物化した大義なき解散は、

与党の巨大化という最悪の結果


世論調査では半数が安倍の「続投を望まない」と答え、不支持率が支持率を上回っている。それでも、自公が圧勝してしまった。
合流を決めた希望の党の小池代表と民進党の前原代表は裏で自民党と通じていたのか、はたまた米国の指令なのか、結果的に野党分断に奔走し、安倍政権の圧勝に“協力”したように

9条改憲は米国隷従を強め、軍事

行動をともにする戦争国家づくり

の総仕上げ


**11/04 - CA 時間: 土曜日、やっと朝から快晴。昨夜はかなりの雨が降ったので、庭の植物は光り輝いている!太陽の光が無くなったら、生きられないとよくよく実感。
 昨日ワシントン・ポスト紙が『「大統領として一番悲しいことは、」司法省やFBIに命令を出してはいけないことだ』などと語っていると報じたニュースを紹介したが、今日も同じ件についてさらに言及している。トランプが、司法省とFBIは民主党を「追求」すべきだと発言し続けているためだ。
 トランプ大統領は金曜日に繰り返し司法省とFBIは民主党の彼の政敵を捜査するように呼びかけていた、これは犯罪捜査システムが政治化されることを防ぐために設定された行政府の伝統的境界を侵害するものだ、と続く。詳細は下の元記事へ>>
Trump breaches boundaries by saying DOJ should be ‘going after’ Democrats 2017.11.3. (WaPo)
 2016年のアメリカの大統領選挙は、ロシア政府の介入疑惑問題も含めて、話題に事欠かないようだ:今度は民主党側で臨時の全国党委員会の委員長を務めたドンナ・ブラズィルが出版した自伝が新たな話題を提供している。土曜日に明らかになったことだが、ブラズィルはヒラリー・クリントンを候補から外し副大統領であったジョー・バイデンを候補にしようと考えていたと云う。
 新刊見本を入手したワシントン・ポスト紙は、クリントンの選挙陣営は「貧血気味」で「敗北の臭い」がしていたとブラズィルが書いていると報じている。2016年9月11日に、クリントンがニュー・ヨークで気絶した時に、民主党全国委員会の臨時委員長の立場を利用して元国務長官ヒラリー・クリントンと副大統領候補のヴァージニア州選出のティム・ケイン議員を外し、副大統領のバイデンとニュー・ジャーズィー州選出のコーリー・ブーカー議員に替えるプロセスに着手しようかと考えたと云う。
 「ヒラリーや彼女を誇りに思い熱狂している国内の女性たちを想った。彼らに対してできることではない」としないことに決めた彼女だが、することに決めたとしても彼女一人ではできることではない。そしてブラズィルのクリントンの選挙戦への批判が続くのだが、興味のある方は、下の元記事へ>>
Report: Donna Brazile considered replacing Clinton with Biden as nominee 2017.11.4. (CNN)
 トランプ大統領は昨日ハワイ経由で12日間の北朝鮮問題に焦点を合わせたアジア外交の旅に出た:使われている言葉が「ハイ・ステイクス "High-stakes"」、「いちかばちか」とか「賭け金の高い」と訳される言葉だ。国務省の役人任命が大幅に滞っており、ティラーソン国務長官の業務に支障をきたしているようだが、なぜ任命しないのかと2−3日前に問われたトランプは、自分が政策だから必要ないのだ的応答をしていた。アジアへの旅の詳細は下の元記事へ>>
Focused on North Korea, Trump begins high-stakes Asian diplomacy tour 2017.11.4. (CNN)
 追加>>この見出し「対北で「武士の国」日本が動く可能性を中国に警告」を見てドキッとしない人はいないんじゃないかと思う。「2日、中国に対し、北朝鮮の脅威が対処されなければ「武士の国」である日本が自ら事に当たる可能性もあると警告」事件は、右寄りメディアのフォックス・ニューズで起きたようだが、一国の長が後先考えずにこういう言葉を吐くこと自体が大問題。だが、日本側で誰かが「日本は動く」とかなんとか口約束をしていることの反映なのか?!どちらにしても、問題だ。
トランプ氏、対北で「武士の国」日本が動く可能性を中国に警告 2017.11.3. (AFP)




スポンサーサイト

テーマ:アメリカ縦断/横断の旅 - ジャンル:海外情報

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yokoblueplanet.blog112.fc2.com/tb.php/16300-997e4a6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック