FC2ブログ
Yoko's 人生=旅 on this Blue Planet
高速回転中の青い惑星地球、負けじと走り回る一人の記録。
番外編:カリフォルニア(977): Oregon (261) Back to オチョコ国有林公園 (Ochoco National Forest)
2016.5.10.:同じ道を辿ってまたオチョコ国有森林公園 (Ochoco National Forest) へ入ったこの日、前日とは異なるルートで周り、帰路に着いた。

お天気も良くまだ明るいので直帰せず、これまで植物を良く見ていなかった町の北側にある台地のオチョコ・ヴュー・ポイント (Ochoco View Point) へ: ヴュー・ポイントの下のゴルフ場がある側、南西部から北側へ移動する途中見られたのが下の野草。

花を咲かせて行く際の姿がフィドル|ヴァイオリンの首に似ていることから通称フィドルネックス (Fiddlenecks) と呼ばれるムラサキ科の植物だが、これはメンズィーのフィドルネック (Menzies' Fiddleneck) 、学名: (Amsinckia menziesii) のようだ。

blog 57 Ochoco View Point, Fiddleneck, OR_DSC2703-5.10.16.(2).jpg

繊毛でギッシリと覆われた葉、額、茎だが、北米大陸西部からメキシコまで広く分布する野草で、大きな軍政をなしている事が多い。春の光景の一つだが、他のムラサキ科の植物同様、馬にはかなり毒性が高く肝硬変を引き起こすと云う。特に種の毒性が強いそうだが、種になる程成熟したものは食べられないらしい。病気を引き起こす原因になるのは、初夏に刈られた干し草の中に紛れ込んだまだものや、飼料用穀物に紛れ込んだものだと云う。

肝硬変になってしまうと神経に損傷が生じ、物にぶつかったり、頭を硬いものに押し付けたり、混乱状態を引き起こしたりするそうだ。最悪の場合には、柵に絡まったり崖や谷のふちを認識せず転落死したりする事故も起こるという。

blog 57 Ochoco View Point, Fiddleneck, OR_DSC2704-5.10.16.(2).jpg

オチョコ・ヴュー・ポイントのある台地の様子:大きな樹は無く、高さが3m前後のジュニパー (Juniper) が点在する。その間には、これまで紹介してきた野草の他に、セージブラッシュ (Sagebrush) や感触がゴワゴワした背が高く丈夫そうな草やすでに乾燥して茶色に変色した小さな草類が中程度の密度で自生している。

blog 57 Ochoco View Point, Juniper, OR_DSC2705-5.10.16.(2).jpg

立ち枯れているジュニパーはそのまま。細いがトレイルも整備されいる。

blog 57 Ochoco View Point, Juniper, OR_DSC2706-5.10.16.(2).jpg

厳しい環境に自生するジュニパーの枝ぶり:味がある存在だ。

blog 57 Ochoco View Point, Juniper, OR_DSC2707-5.10.16.(2).jpg


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
今晩は
通称フィドルネックス。。。立ち姿?が素敵です
小さいお花が何個か咲くのですね
奇麗なおはなの毒、かなり強烈なんですね
2018/10/06(土) 22:25:24 | URL | チャンコナベ #-[ 編集]
チャンコナベさんへ:大群生
チャンコナベさん、こんにちは!

> 今晩は
> 通称フィドルネックス。。。立ち姿?が素敵です
> 小さいお花が何個か咲くのですね
> 奇麗なおはなの毒、かなり強烈なんですね

可愛い野草ですが、物凄く増えて丘の斜面一面に大群生地を形成したりして見事です。
牧場主にとっては頭痛の種ですね。
2018/10/07(日) 03:52:12 | URL | yokoblueplanet #-[ 編集]
身を守る
野草も木も、近づくのをためらうような姿を感じました。
虫を近づけさせない、鳥を枝に止まれない程、枝が多いなぁと。
毒性、スゴイですね!
飼料となると、大量に刈ることになるので紛れ込んでしまいますよね。
私も一度だけ毒が全身に回る経験をしましたが、少量の毒でも苦しみました(激痛)
2018/10/07(日) 07:06:56 | URL | なつみ #N3o4lIaI[ 編集]
なつみさんへ: 身を守る ← 確かに!
なつみさん、こんにちは!

> 野草も木も、近づくのをためらうような姿を感じました。
> 虫を近づけさせない、鳥を枝に止まれない程、枝が多いなぁと。

葉に厚みがあったり、繊毛に覆われていたり、侵入者の邪魔になる枝を伸ばしたり、守りの態勢は万全ですね。

> 毒性、スゴイですね!
> 飼料となると、大量に刈ることになるので紛れ込んでしまいますよね。
> 私も一度だけ毒が全身に回る経験をしましたが、少量の毒でも苦しみました(激痛)

毒を持つ事も護身術の一つでしょうね。
毒を盛られる方は堪りませんが、、、
牧草地に入ってしまうと非常に厄介な野草です。
なつみさんの体験、想像できない程の激痛だったのでしょうね。
痛みだけで済んでくれれば御の字ですが、毒によって神経をやられると厄介なことになりそうですね。
そんな大変な体験は一度で結構!お互い気をつけましょう!
2018/10/07(日) 14:38:07 | URL | yokoblueplanet #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yokoblueplanet.blog112.fc2.com/tb.php/17131-aaa342be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック