FC2ブログ
Yoko's 人生=旅 on this Blue Planet
高速回転中の青い惑星地球、負けじと走り回る一人の記録。
田中龍作ジャーナル:【沖縄県知事選挙】 1)学会員、実は「4割が玉城に投票」 自公崩壊の序曲 2018.10.1.
1)田中龍作ジャーナル:【沖縄県知事選挙】学会員、実は「4割が玉城に投票」 自公崩壊の序曲 2018.10.1.


マスコミ報道:学会員の25%が玉城に投票した

ベテラン学会員:4割が玉城に(票を)入れた

写真:玉城デニー候補の当選に沸き返る会場でも創価学会の3色旗が翻った。=30日、那覇市内 撮影:筆者=

 昨日30日、投票が行われた沖縄県知事選挙で、学会員の25%が玉城に投票した」とするマスコミ報道が目につく。根拠はマスコミ各社の出口調査だ。

 だが、学会歴30余年のベテラン学会員は「4割が玉城に(票を)入れた」と証言した。「公明党や学会本部の締め付けが厳しいなか出口調査でホントのことを答えられるはずがない」というのだ。「実際は、玉城に入れたが佐喜眞に入れたと答える学会員は少なくなかった」と明かす。

 元公明党幹部も「玉城に流れた学会票は4割」とみる。

 前回の衆院選で公明党が沖縄で得た比例票は約10万票あった。4割は4万票。佐喜眞側に行くはずの分を剥がしてきたのだから8万票の効果を生む。

 期日前投票で本土から5,000人からなる学会の工作員が送り込まれた。「佐喜眞」と書かせるためにレンタカーで沖縄の学会員を投票所に連れて行った。隠語で「連れ出し」という。




 渋る学会員に対しては「池田先生(名誉会長)は辺野古埋め立てに賛成してるんだよ」とまで言ってダマし、「佐喜眞」と書かせようとしたという。

 だがほとんどの学会員は、池田名誉会長が沖縄の平和を切望していたことを、著作などで知っている。

 無理やり連れ出された沖縄の学会期日前投票を済ませると、本土から来た工作員から査問を受ける。「佐喜眞と書いたんだろうね?」と。学会員たちは「はい、佐喜眞と書きました」と答えるのだが、実は「玉城」と書いたのだ。

 「面従腹背」。真相を明かしてくれたベテラン学会員は幾度もこの言葉を使った。

 学会の乱は「逆F獲り」なる活動も生んだ。学会員が非学会員に自公候補への投票を依頼するのを「F獲り」と呼ぶ。「逆F獲り」とは、自公のライバル候補への投票を依頼するのである。

 本土からも学会員が沖縄に駆け付けて「逆F獲り」を手伝った。県知事選挙告示日の9月13日は、安室奈美恵のファイナルコンサートを2日後に控えていたため、飛行機はどの便も満席だった。それでも広島の学会員は福岡まで行ってソウルに飛び、国際線で沖縄まで漕ぎつけた。田中は那覇空港まで行って、この目で確かめた。


写真詳細、記事の続きは上の タイトルから元記事へ>>




2)田中龍作ジャーナル:【沖縄県知事選挙】 「ノーモア名護市長選挙」 翁長選対の古老が命じた情報管理 2018.10.4.


翁長選対の古老が命じた情報管理

「山が動いた」

写真:デニー候補の選挙を支えた若者たちは当選を喜び、一緒にカチャーシーを舞った。=9月30日、那覇市 撮影:筆者=

 古参の元社会党(現社民党)員は、沖縄各市を歩いていて、土井たか子委員長(当時)の「山が動いた」を思い出した。「山が動いた」は、参院選(1989年)の改選議席で社会党が自民党を上回ったことを受けて飛び出した名セリフだ。

 獲得議席は社会党46議席、自民党36議席。その結果、参院は保革が逆転した。

 今回の沖縄県知事選挙はまさしく大逆転劇だった。県内の市長選挙でオール沖縄は連敗を続けていたのだから。2月の名護市長選挙で辺野古埋め立て反対を掲げる現職の稲嶺進市長が敗れたことが、事態を象徴していた。

 オール沖縄の面々は「名護市長選挙の失敗を繰り返してはならない」を肝に銘じた。名護市長選挙は稲嶺がリードしていたのに、終盤で追いつき追い越された。理由は情報管理の甘さと期日前対策だった。

 今回は情報管理が徹底された。マスコミから流れてくる「玉城優勢」を外部に漏らした玉城選対の幹部を、翁長選対の古老がドヤしつけたと聞く。

 弔い合戦であることをしっかり打ち出すために、渋る翁長夫人を担ぎ出し、選挙ポスターを「翁長氏込み」に変えさせたのも、翁長選対の古老たちだった。


写真詳細、記事の続きは上の タイトルから元記事へ>>



田中龍作ジャーナル:先の戦争で捨て石にされた沖縄が、安倍の暴政を食い止めました。歴史の皮肉という他ありません。玉城デニー氏の壮絶な闘いを最後まで見届けた甲斐がありました。

多大な取材費がかかっております。ご支援何とぞお願い申し上げるしだいです・・・>> http://tanakaryusaku.jp/donation


『田中龍作ジャーナル』は権力に対するウォッチドッグです。財政事情が厳しくなっており、大(おおごと)が起きた場合、現場に行けない恐れが出ています。田中龍作の取材活動を何とぞ支えて下さい…http://tanakaryusaku.jp/donation

田中龍作の取材活動支援基金

■郵便局から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
記号/10180 番号/62056751

■郵便振替口座

口座記号番号/00170‐0‐306911

■銀行から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
店名/ゼロイチハチ・0一八(「ゆうちょ銀行」→「支店名」を読み出して『セ』を打って下さい)
店番/018 預金種目/普通預金 口座番号/6205675 口座名/『田中龍作の取材活動支援基金』

■ご足労をおかけしない為に

ゆうちょ銀行間で口座引き落としができます。一度窓口でお手続きして頂ければ、ATMに並んで頂く手間が省けます。印鑑と通帳をお持ち下さい。
記号/10180 番号/62056751 口座名/タナカリュウサクノシュザイカツドウシエンキキン

連絡先
tanakaryusaku@gmail.com
twitter.com/tanakaryusaku




スポンサーサイト

テーマ:軍事・安全保障・国防・戦争 - ジャンル:政治・経済

コメント
この記事へのコメント
ホットな現場に田中龍作氏在りですね。公明党には次は改憲阻止でも、かつての平和の党の姿勢見せてほしいものです。
期待の20代30代は意外にも佐喜眞なんですよね。自民の党支持率も同じ傾向です。
自民ネットサポーターズクラブ(J-NSC)に代表されるようなネット対策、野党も力入れるべきではとも思います。よく知ってるブログで、選挙前や不都合なニュースの時に同類のコメント押し寄せてきて、終わるとさっと居なくなる、何度も見ました。
どんな手を使ってでもという、政権への執着心だけはあるんですよね。
2018/10/07(日) 21:33:39 | URL | ktpage #-[ 編集]
ktpageさんへ:前回の選挙でも若年層は保守傾向でしたね。
ktpageさん、おはようございます。

> ホットな現場に田中龍作氏在りですね。公明党には次は改憲阻止でも、かつての平和の党の姿勢見せてほしいものです。

公明党は厳密に考えれば、政教分離に反する違法団体であると思います。
が、それが問題にされない状況ですから、せめて、心ある会員には、仏教の根本の教えに立ち戻って行動してほしいと思います。
それができれば、「公明党」が何を言っても、平和を守るための動きが選挙では強く出るはずです。

> 期待の20代30代は意外にも佐喜眞なんですよね。自民の党支持率も同じ傾向です。

自民党は投票年齢を18歳に引き下げましたが、高校生の政治活動、参加を禁止するなど、できるだけ御し易い状況に閉じ込めておく算段のようですね。保守的傾向は前回の選挙で確認済みで、恐らく改憲絡みの国民投票などでも、映画、TV、SNSなどを使い情緒的に「愛国心」を煽るでしょうから、危険です。

> 自民ネットサポーターズクラブ(J-NSC)に代表されるようなネット対策、野党も力入れるべきではとも思います。よく知ってるブログで、選挙前や不都合なニュースの時に同類のコメント押し寄せてきて、終わるとさっと居なくなる、何度も見ました。
> どんな手を使ってでもという、政権への執着心だけはあるんですよね。

野党側の基本理念が固まっていない事はミエミエで、まとまった対策も立てられない状況は別の意味で危険ですね。
仰るようにもっともっと若者が参加しやすいプロジェクトで全体の政治意識の向上を図らないと、何度選挙をしても勝てない状況が続くと思います。(もっと山本太郎議員を活用してくれると良いのですが。。。)
後は、情報過疎地に置かれているインターネット外の「国営放送」一辺倒の有権者対策でしょうか。
頭数が多いですから、疎かにはできないですね。
2018/10/08(月) 03:04:16 | URL | yokoblueplanet #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yokoblueplanet.blog112.fc2.com/tb.php/17139-6b23ced6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック