FC2ブログ
Yoko's 人生=旅 on this Blue Planet
高速回転中の青い惑星地球、負けじと走り回る一人の記録。
思考の種(709): 山本太郎 れいわ新撰組  市民がコントロールできる政治>>比例代表 → 山本太郎、れいわ新撰組 → れいわ

比例代表>> 山本太郎

れいわ新撰組>> れいわ



1)【れいわ仙台発】母親「子どもの未来がない、太郎さんに国を立て直してほしい」


母親「子どもの未来がない、

太郎さんに国を立て直してほしい」

写真:今の調子で国の破壊が進めば、この子たちの未来はない。=17日、仙台駅前 撮影:田中龍作=

 山本太郎の街宣には政治に取り残された人々が詰めかけてくる。それが分厚い層となっていることに、既成政党もマスコミも気づいていない。

 17日たそがれ時の仙台駅前。最前列で腰を下ろして演説に耳を傾ける2組の親子がいた。

 3歳の息子と6歳の娘を連れた母親は「このままだと、この子たちの未来はない。太郎さんに国を立て直してもらいたい」。

 2歳の娘の手を引いてきた別の母親に「子どもの未来のために、山本太郎に国を立て直してほしいですか?」と尋ねると、母親は「それしかない」と間髪を入れずに答えた。

 そして続けた。「選挙にはずっと行ってなかったけど、今度は投票に行って山本太郎と書く。他の政治家は人間として信用できないが、太郎さんは人を大事にする」


写真詳細、記事の続きは上の タイトルから元記事へ>>




2)【れいわ札幌発】「どんな酷い政治をしても自民が勝つので諦めていたが、太郎が出てきた」 2019.7.17.


「どんな酷い政治をしても自民が勝つので

諦めていたが、太郎が出てきた」


写真:きょうも聴衆の最後列が見えなかった。=16日夕、札幌駅前 撮影:田中龍作=

 16日、札幌駅前。山本太郎の街頭演説が始まる1時間も前から会場にたたずむ夫婦(50代)がいた。旭川から特急列車で1時間30分かけてやって来たという。

 「どんな酷い政治をしても選挙になれば自民党は勝つ。今度もそうなると思って諦めていたが、太郎さんが登場した。(中略)これまでは立憲や共産に入れていたが、比例は山本太郎に投票する」。

 北海道は日本の食糧庫でありながらTPP推進の安倍政権にないがしろにされてきた。参院選挙が終われば、トランプ政権への全面譲歩で致命的な打撃を受ける可能性がある。

 北海道は大切にされていない。(ひとつの例として)鉄道が廃線になって吹雪いたらバスは動かない」。山本太郎は札幌で街宣する理由をこう語った。あくまでも弱者目線なのである。

 街宣会場の札幌駅前は内地の駅前と違って広大だ。道行く人に知らせるにも、内地のようにはいかない。足を使った機動力と声をかけるタイミングが肝要になってくる。

 力を発揮したのが「山本太郎れいわ新選組勝手連・チーム札幌」だ。山本が自由党にいた頃から応援していた人たちが、れいわ旗揚げを機に結成した。メンバーは約20人。

 メンバーの一人である原発事故からの避難者は「事故の後は太郎さんに救われた。ボラ(勝手連活動)は恩返し」と話す。


写真詳細、記事の続きは上の タイトルから元記事へ>>




3)れいわ野原候補、学会総本部前で「池田先生の教えに立ち返れ」と叫ぶ 2019.7.14.


れいわ野原候補「池田先生の教えに立ち返れ」

写真:野原善正候補(れいわ)。「やるべきことはやった。先生(池田名誉会長の)の耳に届けと一生懸命頑張りました」。後ろは学会大誓堂=14日、信濃町 撮影:田中龍作=

 創価学会の聖地に三色旗が翻った。反旗の三色旗が。

 「現在の公明党、それを支配する

創価学会に池田先生の平和思想は

あるのでしょうか?」


 「日蓮仏法の真髄は師弟不二にあります。師匠の思いをどれだけ自分の思いとして行動できるか。池田先生の思いを忘れ去ってしまった公明党や創価学会。もう一度師弟不二の精神に戻って下さい」。

 学会総本部前に立ちマイクを握った野原善正候補は、力を込めて語った。尊敬する池田大作名誉会長は、すぐ目の前の本部第二別館で病気療養中だ。

 野原の小気味よい学会・公明党批判に聴衆は沸いた。学会関係者によれば、聴衆の半分近くが学会員だという。

 演説を終えた野原に駆け寄った男性は「期日前投票で入れたからね」と言いながら握手を求めた。査問を受けている最中の現役学会員だ。

 同様に握手を求めた女性は学会員ではないが「野原さんの勇気に惹かれる」と顔を紅潮させた。


写真詳細、記事の続きは上の タイトルから元記事へ>>



4)自民大臣経験者が山本太郎に激励のTEL 「頑張ってくれ」2019.7.12.


市民がコントロールできる政治

写真:「山本太郎現象」をメディアも無視できなくなった。12日には初の囲み取材が行われた。当然、官邸へも取材メモがあがる。=12日夜、品川 撮影:田中龍作=

 自民党の大臣経験者にして現役の国会議員が12日、れいわ新選組の選挙事務所に電話を掛けてきて、山本太郎を激励した。「頑張ってくれ」と。山本本人がこの日の街宣で明らかにした。

 感想を聞くと、山本は「グッと来た」と言って声を詰まらせた。そして続けた―

 「自民党の中にも良心があることは分かっていたが、電話を掛けてくるということは凄く勇気のいること」。

 財界や労働組合に頼らなくても市民がコントロールできる政治の受け皿作りを、山本は目指す。
  
 「プラットフォーム(受け皿)さえ作って、組織や企業の票じゃなくても勝てるってことが分かったとしたら、自民党からも移って来ると思いますよ」

 「自民党からも野党からもそういう気持ちがある人は移って来ると思う。これが機能したら面白くなるんじゃないかと思います」


写真詳細、記事の続きは上の タイトルから元記事へ>>



5)【れいわ大阪発】 籠池夫妻「選挙区は辰巳コータロー、比例は山本太郎」2019.7.11.


籠池夫妻

「選挙区は辰巳コータロー、比例は山本太郎」

写真:山本が街宣現場に到着すると、辰巳は駆け寄るようにして手を握った。=11日、京橋駅前 撮影:田中龍作=

 今回の選挙で最も割を食っているのが共産党であり、辰巳コータローだろう。

 党は野党共闘優先のあまり「共産らしさ」を失い、辰巳は立憲が擁立した人気弁護士に票を食われ、苦戦を強いられている。

 街宣現場で支持者が辰巳を叱咤激励した。「山本太郎さんのように腹をくくって下さいよ。巧みな戦術を学んでくださいよ。もう後がないんですからね」。

 この支持者(書道教室講師・女性)はこれまで比例は共産党に投票してきたが、今回は山本太郎に入れるという。

 山本はきょう11日、大阪市内(京橋、梅田)で辰巳の応援に入った。追及の名手同士のコラボとなった。


写真詳細、記事の続きは上の タイトルから元記事へ>>





山本太郎という希望を失ってはなりません―

「虐げられし者よ立ち上がれ」。山本太郎の革命を田中龍作は最後まで見届けます。


全国行脚の交通費が必要になります。ご支援何とぞ宜しくお願い致します…
     ↓

田中龍作の取材活動支援基金

■郵便局から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
記号/10180 番号/62056751



■郵便振替口座

口座記号番号/00170‐0‐306911


■銀行から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
店名/ゼロイチハチ・0一八(「ゆうちょ銀行」→「支店名」を読み出して『セ』を打って下さい)
店番/018 預金種目/普通預金 口座番号/6205675 口座名/『田中龍作の取材活動支援基金』


■ご足労をおかけしない為に

ゆうちょ銀行間で口座引き落としができます。一度窓口でお手続きして頂ければ、ATMに並んで頂く手間が省けます。印鑑と通帳をお持ち下さい。

記号/10180 番号/62056751 口座名/タナカリュウサクノシュザイカツドウシエンキキン

連絡先
tanakaryusaku@gmail.com
twitter.com/tanakaryusaku




スポンサーサイト



テーマ:日本の未来 - ジャンル:政治・経済

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yokoblueplanet.blog112.fc2.com/tb.php/17974-9c97ac8b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック