FC2ブログ
Yoko's 人生=旅 on this Blue Planet
高速回転中の青い惑星地球、負けじと走り回る一人の記録。
地震に注意!サマータイム導入反対!〜今日の新規アップ記事(397):2019年08月19日 ー トップ) 一年に4−5cmずつ解けていた凍土が、数日間あるいは数週間内に3m程も突然に氷解 & 0) 農薬残留量基準大幅緩和ー小麦6倍、ソバ150倍

**アメリカ政治雑感:08/18/19 PM- CA時間: 昨日紹介した気象観測史上最高に暑い月となった今年の7月関連のニュースだが、下のリンクはナショナル・ジオグラフィック誌9月号に掲載されている北極圏内の凍土の予想以上の氷解の様子を示した地図:大気圏内には870ギガトンの炭素があるのだが、氷解しつつある凍土にはほぼ倍になる1,600ギガトンの炭素が閉じ込められていると言う。
 20%の凍土には氷が多く含まれており、気温上昇に伴い突然氷解し、メタンや二酸化炭素などの大量の温室効果ガスを放出する危険がある。一年に4−5cmずつ解けていた凍土が、数日間あるいは数週間内に3m程も突然に氷解し、これまで凍っていた地域に湿原を作り出し、未だに地中に閉じ込められている1,600ギガトンに及ぶ炭素を加速度的に放出するような不安定な地形を科学者たちは発見している最中だ。詳細は下の記事へ>> 地図:加速する凍土の氷解(ナショナル・ジオグラフィック)
 記事の本文へは>>Arctic permafrost is thawing fast. That affects us all.
 「ひと時、それはアフガニスタンの婚礼だった。それは次の瞬間、63名のための葬儀となった。」
 トップの写真は、結婚式会場での自爆による犠牲者たちは、日曜日カブールの墓所に運ばれた。
 ひと時、それは結婚式だったーほぼ1,000人に及ぶ客が一つ屋根の下に集まっていた、そして薄い仕切りが彼らを性別で分けていた。男性たちは生演奏に合わせて体を動かしていた、女性たちはD.J.に面して廻っていた。招待状にはこう書かれていた:「希望と強い願いの世界と共に」我々は祝います。
 次の瞬間、自爆者がカブール会場の男性側の仕切りに入り込み、会場を修羅場と化した。ダンス・フロアや周辺のテーブルで何十人もが死亡した。女性たちは打ちひしがれ、泣き叫び、そして探し求めていた。
 手に負えなくなっているように見える長期の戦争で連日何十人もが殺害されているアフガニスタンの標準から見ても、土曜日の夜の攻撃は衝撃だった。それも一人の自爆者が少なくとも63名の人生を終わらせ、約200名を負傷させ、一生の傷を何百名に負わせただからだけではない。
 それはまた、18年後、アメリカの交渉担当者がアフガニスタンからアメリカ軍を引き上げるためにタリバン兵との交渉条件を仕上げている丁度その時を狙ったターゲットとタイミングの選択のためだ。
 イスラム国は爆発の責任を日曜日に表明し、自爆者が隣国のパキスタン出身である事を示唆する仕方で身元を明かした、これはアメリカが残して行く紛争の複雑な問題の何件かを強調するものだ。
 写真:攻撃の翌日の大きく損傷されたデュバイ市の結婚式会場。
 アフガニスタンの暴力に満ちた人命損失はあまりにも日常的な現実で、ーコンサートであれレストランでの夕食でさえー不要な危険負担だとして度々避けられてきた。
 結婚式、結合の祝い、は例外だった、罪の意識無く踊れる機会、躊躇なく笑える機会だった。だが難を免れた新郎新婦と彼らの親類縁者たちは、その束の間の開放感を奪われてしまった。
 「死の方がこれよりずっとましだ」と新郎であるミルワイス・アラミは地元のTV局に語った。「葬儀に行く気力も無い、足に力が無い。もし遺族が自分を細かく裂き、慰めを得るために自分の一欠片を家に持って行ったとしても、彼らの心は安らぎを得られないだろう」。
 大方の反乱の戦いを仕掛けているのはタリバンだが、ータリバンの同盟国ではないーイスラム国もまたアフガニスタンに小さいが強固な足掛かりを持っており、これまでに多くの犠牲者を出す爆発の責任を表明してきている。タリバンと異なり、イスラム国のスンニ派過激派は、宗派間の分断を煽るシーアイト派のモスク、ジムや学校を度々標的にしている。詳細は下の記事へ>> One Minute It Was an Afghan Wedding. The Next, a Funeral for 63. 8.18.19. (NYT)**



キーワードは選挙だ。

参院選挙前に数字が明らかになるとシンゾーの不利になるからそれまでは黙っててやる、と言っているのだ。

一体何を約束したんだ?



 日本国憲法前文:そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものてあつて、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基くものである。われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。
 
 Government is a sacred trust of the people, the authority for which is derived from the people, the powers of which are exercised by the representatives of the people, and the benefits of which are enjoyed by the people.


 

憲法改正への政治ゲーム:駆けつけ警護

自衛隊員の犠牲も厭わず、何とか

して自衛隊に銃を撃たせたい人たち


(9:30) ダイジェスト版



 




今日の新規アップ記事:

2019.08.19.
記事は7時以降の

アップです。



ご訪問ありがとうございます。アップする記事の数が多いので、要点付きの目次をトップに置く事にします。この目次から、あるいはテンプレートの左側の最新記事コラムから記事本体に行けますので、よろしく!!



「真の文明は山を荒らさず,

川を荒らさず、村を破らず、

人を殺さざるなり」

「少しでも、人のいのちに、

害ありて、少しくらいは、

よいと云ふなよ」


        田中正造



「宮澤賢治は、「世界がぜんたい幸福にならないうちは 個人の幸福はありえない」と記しました。私は「世界ぜんたい」とは、人間のみを指すのではないと思います。人間を含めたこの世界全体が幸せになることを、賢治さんは願っていたはずです。またそう考えなければ、この地球という星を守ることはできないところにまで私たちは追い詰められてしまったと思います。」ー小出裕章




B)今日の新規アップ記事:2019年08月19日:

0)外資の餌食 日本の台所が危ない 大丈夫か…メーカーの要望で農薬残留基準が緩和されていた 2018.11.3. (日刊ゲンダイ)

世界の農薬規制の流れと逆行

国内外の農薬メーカーが要望

消費者の安全よりもメーカーを優先

食品に残る農薬の基準値が大幅に緩和

小麦に残っても大丈夫なグリホサートの

基準を改正前の6倍に、

ソバについては150倍に緩和





官邸前居座り込み救済訴え抗議 ‏@isuwarikomi 25 Aug
野山を返せ!!
田畑を返せ!!
子供を逃がせ!!

強く強く泣きながら叫ぶ福島の女性






A)常設記事:

1)スイスMetro Mediaー最新ー放射性汚染物質拡散予報
2)ヨーロッパの放射性汚染物質拡散予想図:ドイツ気象局
3)地震地図:Japan Quake Map
4)気象庁地震情報>>
5)読んで欲しい原発関連記事、お役に立つと思われるものリスト
6)地震マップ、放射性汚染物質拡散予想図 & 各種ライフライン/災害情報 (3月28日更新)
WHO世界保健機関と IAEA国際原子力機関が共同で開催:2001年キエフ国際会議 真実はどこに?―WHOとIAEA 放射能汚染を巡って(原題:Controverses nucléaires)
http://youtu.be/oryOrsOy6LI


WSJ:「米NRC、原発認可手続きを停止」 2012年 8月 8日 11:10 JST

<動画:忘れていはいけない事>

「日本の子どもの数が一人になるまでの残された時間」が判る>>

「日本の子ども人口時計」

早川由紀夫:福島第一原発事故の放射能汚染地図、八訂版>>


食材の汚染度計測:食の安全のために:

生活クラブ:消費材の放射能検査結果>>

食品汚染マップ 2013.2.17>>

新・全国の放射能情報一覧>>

【マダムトモコの厚労省日報ダイジェスト】

【文鳥姉さんのお料理実験室】Foodbase23

こどもみらい測定所データ

NPO 法人ベクまる



7)小出裕章、広瀬隆講演会、原発関連講演会、イベント他  随 時 更 新 (07月22日更新)





元経済企画庁長官 田中 秀征氏

われわれは違憲な法律を認めないと

ともに、昨年の閣議決定を撤回し、

この法律を全面的に見直すこと


目指さなければならない。


「戦争させない」デモが国会包囲 参加者12万人と主催者 2015.8.30.(東京新聞)



C)今日の新規アップ記事:2019年08月18日:

0)番外編:カリフォルニア(1086): 2019年インデペンデンス・デイのパレード (18)

 2019.7.4.:連続掲載中の記事を今週末はお休みにし、独立記念日 (Independence Day) のパレードの様子を紹介。場所は北カリフォルニアの海辺の町、ヴィクトリアン様式の建築物が多く残る観光と芸術の町、メンドスィーノ (Mendocino, CA)
 LGBTグループの後に続いた大きな赤い犬:周辺から小さな驚きの声が上がった。国旗を纏ったトラックの荷台に乗せられているこの赤い、大きいのだ。首輪には「村の獣医クリフォード(電話番号)」のタグがついている。



1)朝ごはん | ブランチ(79):カナダ国境から80km地点でのスナック、ランチ 〜 ブリート2種

 2019.8.11.先週末は、カナダと国境を接する大きな先住民居留区のある地域のロデオ大会の撮影で出かけていた。国境から80kmほどしか離れていないので、ロデオ大会では3つの「国」が讃えられていた。先住民の独立自治政府、カナダ、そしてアメリカの国旗、国家斉唱があった。
 文化的多様性に富んだワシントン州北東部の小さな町、オマーック (Omak, WA)コロンビア川が豊かな果樹園、農業地帯、牧場経営を支えている。
 ロデオ大会には色々な出店がある:カウボーイ & カウガール用の帽子や小物、T-シャツ類、ウェスタンがテーマの置物類、そして各種スナック、食事類。ほとんどがビーフ、ポーク、チキン、ターキーなどを含むため、私が普通に食べられる物は極端に少なくなる。ので、通常はスナック持参で、これらのお店で食べる事はない。



2)安倍首相はやっぱりトランプの下僕だった! 日米首脳会談で巨額の農産品購入の約束、特攻隊賛美を嘲笑されたことも判明 2019.8.13. (Lite-ra)

トランプ大統領が安倍首相に対し

米農産品を巨額購入することを

直接迫り、日本政府もそれに応じる

べく数百億円規模で購入する案が浮上


**アメリカ政治雑感:08/17/19 PM- CA時間: 2019年7月は気象観測史上最も暑い月となったとアメリカ海洋大気庁("NOAA" National Oceanic and Atmospheric Administration)が発表したと15日付のNYT紙が報じている。だがトランプ政権は気象変動などの研究者の研究発表を妨害するだけでなく、連邦政府から排除する動きに出ている。
 見出しは「NOAAのデータは、7月は観測史上最も暑い月だった事を確定」。トップの写真は、7月27日に最高気温が華氏97度(摂氏36.1度)に達したワシントン D.C.のヤーズ・パークで涼をとる人。
 アメリカ海洋大気庁は先月の地球平均気温は華氏62.1度(摂氏16.7度)だったと発表した。これは2016年7月よりも華氏で0.05度高く、20世紀の平均よりも1.7度高い。
 これらの発見は、今月始めに3年前よりも7月は華氏で0.07度高かったと発表したコペルニクス気候変動サービスのヨーロッパの科学者の発見と合致する。コペルニクス、NOAAや世界の他の期間は、計算に気温データの異なるセットを利用している。NOAAのデータは1880年まで遡る。詳細は下の記事へ>> NOAA Data Confirms July Was Hottest Month Ever Recorded 8.15.19. (NYT)
 最近、人の集まるところを避けている、と言う言葉を多く聞くようになった。何処で誰が銃を乱射したり、炊飯器爆弾を設置するのかなどの不安が増大しているためだ。
 昨日付のNYT紙は「下院委員会は、銃の安全規制投票のために休暇を早めに切り上げる」。
 トップの写真は下院司法委員会の会長ジェロルド・ナドラー:「上院の同僚議員たちに行動を起こす事を勧めると同時に、下院の民主党議員たちは市民生活の安全を守るために務めると言う約束を実現するために働き続ける」と語った。
 下院司法委員会は、オハイオとテキサス州で起きた最近の大量虐殺事件に触発され、金曜日に議員たちは夏休みを早めに切り上げ、3本の銃安全規制法案の投票をするために9月初旬にワシントンに戻ると発表した。
 9月4日の投票にかけられる民主党員によって提出されている対策の中には、「当人と他者にとって銃器の入手が危険とみなされる」人物を阻止する事を目的とした大容量弾倉の禁止連邦「赤旗(危険)」法と、銃器購入からヘイトクライム(憎悪犯罪)有罪歴のある人物の阻止する法案がある。詳細は下の記事へ>> House Panel Will End Recess Early for Gun Safety Votes 8.16.19. (NYT)
 共和党が多数を占める上院で可決される可能性は低いが、下院民主党は、共和党に行動を起こすよう圧力をかける意味でこの動きに出ていると見られている。**





D)今日の新規アップ記事:2019年08月17日:

0)番外編:カリフォルニア(1085): 2019年インデペンデンス・デイのパレード (17)

 2019.7.4.:連続掲載中の記事を今週末はお休みにし、独立記念日 (Independence Day) のパレードの様子を紹介。場所は北カリフォルニアの海辺の町、ヴィクトリアン様式の建築物が多く残る観光と芸術の町、メンドスィーノ (Mendocino, CA)
 今年のLGBT関連のパレードは、スイスも含めてかなり広く開催されたようだ。地元の知り合いによると、ジュネーヴでは初のパレードだったそうだ。「未来は我らの手中に」の横断幕を掲げていた。



1)Rodeo:ロデオ (783):2019年シーズン (2) 〜 カリフォルニア・ロデオ (California Rodeo)

 2019年のロデオ大会>>4月後半にスィエラ・ネヴァダ山脈の麓の町、昔のゴールドラッシュ時代にできたオーバーン (Auburn, CA) で開催される大会は、会場は小さめだが樹々に囲まれて美しい。
 ブル・ライディング (Bull Riding)、ブルックスのライドの続き: 彼の引き当てたブルの名前は、ボンド・ボーイ。ブルの鼻先で振られた場所が悪かった。



2)「原発技術は破綻、必ず事故起こる」米規制委元委員長が警鐘 2019.7.31. (東京新聞)

「気候変動対策を装った原子力産業界

のための延命策

「原発は破綻した科学技術だ」

「原発に頼る限り事故は必ず起きる」


 福島事故を経てもなお原発に固執する日本のエネルギー政策に対し「次の事故のリスクを認識、理解する必要がある。起きるかどうかではなく、いつ起きるかだ」と警鐘を鳴らした。


**アメリカ政治雑感:08/16/19 PM- CA時間: 今週の株式市場の乱高下は、金曜日の一応の上昇で終わったが、国債市場が不況の前に起こる長期ー短期利率の反転を見せているため、9月と10月と通常荒れる時期を前に、不安材料は治らない。
 そんな中、先日、マンハッタンの拘置所で「自殺」したと見られている王侯貴族を含む著名人、文化人の間で広く交友関係を持っていた投資家ジェフリー・エプスティン氏の解剖結果が昨日発表された:ワシントン・ポスト紙の見出しは「解剖でジェフリー・エプスティンの首の骨折が明らかに、彼の死を巡る疑念を深める」。
 トップの写真は、刑務所局は8月10日に、政治的に強いコネを持っていた投資家で登録されている性犯罪者であるエプスティンは監獄で明らかに自死したと発表していた。
 解剖は、結果に詳しい2名によると、投資家ジェフリー・エプスティンの首の骨に、彼の死を巡る状況に関する謎を深める、複数の骨折があった事を明らかにしたと言う。
 エプスティンの首の骨折の中には舌骨があった、これは男性ののど仏の近くにある。そのような骨折は、法医学の専門家と研究によれば、特に年配者で、首吊り自殺を図る場合に起きうると言う。だが、専門家は、それは絞殺による殺人の被害者に多いと言う。。。。
 エプスティンが死亡した刑務所局の施設を管理する司法省の長官ウィリアム・P・バーは、彼の死を「明らかな自殺」と語っていた。注:解剖が実施される前、死亡直後に!エプスティンの解剖からの新たな情報について司法省関係者はコメントを控えた。詳細は下の記事へ>> Autopsy finds broken bones in Jeffrey Epstein’s neck, deepening questions around his death 8.15.19.(WaPo)
 10日ほど前のワシントン・ポスト紙の記事:「下院司法委員会の会長は、弾劾公聴会は秋終盤に開始される可能性と発言」
 トップの写真は、7月24日、元特別捜査官ロバート・S・モラー3世の証言の休憩中に顧問弁護士ノーム・アイゼンと話す下院司法委員会の会長、ジェロルド・ナドラー議員 右、(民主党ーNY)。
 下院司法委員会の会長は、月曜日、下院は弾劾手続きを秋終盤に開始出来得ると語ったーが、それは世論の支持次第であると警告した。

 個人的に弾劾を支持すると先週宣言したジェロルド・ナドラー議員 (民主党ーNY)は、月曜日にMSNBC局で、彼の委員会で何時、あるいはもし公式に弾劾審問を開始するのかに関して、下院は「選挙日程に左右されることはできない」と語った。が、もし委員たちが裁判所の判断を待つことになれば(ナドラーは「10月末までに」出されると推測する)、そして他の予定されている公聴会を9月と10月に加えれば、その後間も無く彼らは弾劾の用意ができると。
 「弾劾条項を出す決断をすれば、秋後半。。。あるいは年度後半に到達できる」と語った。詳細は下の記事へ>> House Judiciary chairman says impeachment hearings could start in late fall 8.5.19. (WaPo)**





E)今日の新規アップ記事:2019年08月16日:

0)番外編:カリフォルニア(1084): 2019年インデペンデンス・デイのパレード (16)

 2019.7.4.:連続掲載中の記事を今週末はお休みにし、独立記念日 (Independence Day) のパレードの様子を紹介。場所は北カリフォルニアの海辺の町、ヴィクトリアン様式の建築物が多く残る観光と芸術の町、メンドスィーノ (Mendocino, CA) 。
 12時30分に開始されたパレードの続き:他のパレードではほとんど見かけない観客に物をプレゼントする慣例の中でも有名な本の無料配布をする「ブック・フェアリー <本の妖精>」の後には、国境の収容所で親子を分離する政策を取っているトランプ政権に反対する一団が登場した。



1)番外編ーカリフォルニアの花 (781): 2019年の「スーパー・ブルーム」(17)

 2019.3.25.: 今年のカリフォルニアの「スーパー・ブルーム "Super Bloom"」の追いかけ、第14弾
 モハヴィ砂漠 (Mojave Desert, CA) からジョシュア・トゥリー国立公園 (Joshua Tree National Park) へ247号線南で南下途中、オフ・ロード車の走行が許されているオード・マウンテン (Ord Mountain) 近辺の砂漠地帯で道草をした翌日、ジョシュア・トゥリー国立公園へ行く前に、サン・ディエゴ (San Diego, CA) の東側にあるアンザ・ボレゴ州立公園 (Anza Borrego State Park) へ立ち寄る。
 オコティヨ (Ocotillo) 、学名: (Fouquieria splendens) の様子が去年より悪かった。水分を逃さないように葉は極々小さくなっており、環境にかなり順応しているはずなのだが。。。気がかりな状況だ。



2)放送法に“抜け穴”が NHK「受信料支払い拒否」世帯続出必至 2019.8.3. (日刊ゲンダイ)

「受信料を払わなくてはならない」という

文言はなく、

支払いについては義務付けてはいない

「契約締結=受信料支払い」と捉えら

れてきた“常識”に、思わぬ「抜け穴」


**アメリカ政治雑感:08/15/19 PM- CA時間: 今日のトップのニュースは、イスラエルがアメリカの議員2名の入国を拒否したと言うもの:見出しは「トランプが彼女たちを阻止するようにと呼びかけた後、イスラエルはオマーとトゥライブの入国を却下」。
 トップの写真は、ミネソタ州選出の民主党下院議員イルハン・オマー。日曜日にウェスト・バンクの視察旅行を開始する予定だった。
 イスラエルは木曜日、トランプ大統領が二人の入国を阻止するようにと請願した数時間後イスラエルが占拠するウェスト・バンクを訪問する予定だったアメリカの民主党女性議員2名の入国を禁止した。
 トランプ氏の介入は同盟国に影響を及ぼし、国内の政敵を罰する例外的な動きだ。イスラエルの、ミシガン選出のラシーダ・トゥライブとミネソタ選出のイルハン・オマーの2名の女性議員を閉め出す決断は、著名なイスラエル支持者も含めて広く非難されている。
 2名の立法府の議員はいずれも議員1年生で、議会へ選出された初めてのイスラム教徒女性たちだ。率直に見解を述べる二人はトランプ氏の反対者であり、パレスティナ支持とイスラエルをボイコットする運動への支持をはっきりと表明してきた。
 (イスラエル・ボイコット運動は反ユダヤ主義か? ボイコット・イスラエル運動を詳細に見てみる)
 大統領は、2名の女性議員たちを、彼の批評家たちが人種差別主義で外国人嫌いだと呼ぶスピーチやツウィッター投稿で標的にしてきた。。。。
 外国政府にアメリカ議会のメンバーを閉め出すようにとの政治活動をした事で、トランプ氏は、他の大統領たちが通常守ってきた更なる一線を超えた。国内での彼らの違いがどれほど酷かったとしても、従来の大統領たちは国内の政敵に対して行動を起こすのに海外の同盟者の助力を求めることは無かった。詳細は下の記事へ>> Israel Denies Entry to Omar and Tlaib After Trump’s Call to Block Them 8.15.19.(NYT)
 イランに関して、アメリカがイスラエルとアラブ首長国連邦と極秘会談に入ったと今日付のNYT紙が報じている:見出しは「アメリカ合衆国はイスラエルとアラブ首長国連邦との極秘会談に参加。話題?イラン」。
 トップの写真は、2017年ホワイト・ハウスでのトランプ大統領とアブ・ダビの交代し、シークモハムメッド・ビン・ザイエド・アル-ナーヤン。
 アメリカ合衆国は、3カ国の共通の敵であるイランによって提起されている脅威に対抗するためアラブ首長国連邦とイスラエル間の極秘会談に参加している。
 会談は、慎重な同盟関係にある中東の2カ国、アラブ首長国連邦とイスラエルの間の軍事および諜報活動の共有での協力を拡大する事を目的としている、とこの外交情報に詳しい外国政府関係者が木曜日に語った。。。
 だがアメリカ合衆国を安全保障会談の新局面で加えることは、アラブ首長国連邦のトランプ政権の通称イランに対する最大限度圧力に賛同する決意の表明である事を示唆しているー首長国連邦関係者たちがテヘランを標的にした彼ら自身の強硬路線から一歩退いている時に。詳細は下の記事へ>> The U.S. Has Joined Secret Talks With Israel and the U.A.E. The Topic? Iran. 8.15.19. (NYT)**





F)今日の新規アップ記事:2019年08月15日:

0)やすとみ歩: 内側から見た「れいわ新選組」 2019.7.24.

れいわ新選組は、

左派ポピュリスト政党、などではない。


 それはそもそも「政党」ではなく、「左派」でもなく、「ポピュリスト」でもない。れいわ新選組は、無縁者の集まりであり、その無縁のエネルギーが、ガチガチに固まって人間を閉塞させている有縁の世界に、風穴を開けつつある。人々の支持を集めているのは、その風穴から、空気が吹き込んでおり、息ができるようになったからだ、と私は考えている。

構造的危機からの離脱の方向性

示したのが、「れいわ新選組」



1)今日の新規アップ記事(396)2019年08月03日〜09日:8/03 - 2) 国内テロ事件、テキサス州エル・パソ (El Paso, TX) で起きた銃撃事件

8/8 -0) 斎藤貴男:二極化・格差社会の真相 巻き上げた消費税どこへ 30年間ウソばかりついてきた政府 2019.7.31.(日刊ゲンダイ)

巻き上げた消費税どこへ

30年間ウソばかりついてきた政府

10%への増税を、この国の社会は、

それでも認めるというのだろうか。


**アメリカ政治雑感:08/14-15/19 PM- CA時間: クルーグマン教授は、現政権の米中貿易戦争対して警告を発していたが、今日のNYT紙の見出しは「トレーダーたちは矛盾する貿易戦争の兆候に直面、株式市場は激しく乱高下」。
 水曜日に急降下したアメリカの株式市場は、木曜日に上向きの経済情報と中国政府の和解声明が、2国間の貿易戦争が地球規模の拡大に与える影響を懸念する投資家の不安を軽減したため、上昇した。
 肯定的徴候は、商務省によると、7月の小売指数の増大と今年の売り上げ予想を引き上げたウォールマートの予想以上の増収だ。中国のe-コマースの巨人アリババも堅調な財務結果を発表した。詳細は下の記事へ>> Stocks Whipsaw as Traders Face Conflicting Trade War Signals 8.15.19. (NYT)
 トランプ大統領は、アメリカ市民がクリスマスの贈り物を安く買えるように、9月1日に予定されていた中国製品に対する10%関税を延期すると一昨日だったか発表した。友人たちに言わせると、彼は何の考えもなく動いていると言うが、世界経済はそのために非常に危険な状況に陥りつつある。**





G)今日の新規アップ記事:2019年08月14日:

0)ドクター Z: 財務省がいまひっそり仕掛ける「10月の消費増税」へのヤバい裏工作 関係者はほくそ笑んでいる 2019.8.4. (現代ビジネス)

「今後10年くらいは消費税率を上げる

ことはないだろう」
意味すること


「4選」の噂がないわけではないが、ひとまず'21年9月に安倍総理は任期満了だ。財務省としても、安倍政権での消費増税は「10%」でもう十分だと考えているはずだ。消費税は、30年間で3回増税した。均せば10年に1回で、参院選期間中、「今後10年くらいは消費税率を上げることはないだろう」と総理が発言したことにも符合する。


**アメリカ政治雑感:08/13/19 PM- CA時間: 「アメリカの勢力の衰退?危機にあるアジアに苦闘するトランプ」と言う見出しで始まる今日付のNYT紙の記事、小見出しは「トランプ政権は、アジア関係者が戦いを拡大している時に、紛争<カシミアから香港、日本と韓国間の競争(争い)まで>に対して不干渉主義的(傍観主義的)アプローチを取ってきた」だ。
 トップの写真は、韓国ソウルのトランプ大統領:トランプ氏は、韓国と日本の間の争いが酷くなる中、傍観してきた。
 2年半の間、トランプ大統領は彼の前任者、バラック・オバマが戦略的転換でアジアでし損ねたと断言することを実行すると言ってきた:アメリカの影響力を強化し、中国を押し返すために同盟国を集結させること。
 だがアジア全域に暴力が増大し昔の敵意が再燃している時に、ワシントンは何もしない事を選んだそして諸政府はトランプ政権の緩やかな忠告や落ち着くようにと言う呼びかけを無視している。インド香港の国内闘争であれ、またはアメリカの同盟2ヵ国日本と韓国の競争であれ、トランプ氏と彼の顧問たちは傍観し続けている。
 (紛争の)発火点を取り除くための助力をする、あるいはそうしたくないワシントンの能力の無さは、不干渉の「アメリカ第一 "America First"の考えに固執する」トランプ氏の下で、アメリカの勢力と世界への影響力の衰退を示す最も明白な兆候の一つだ、と分析専門家たちは語る。
 「アメリカ外交の安定した求心力が無いまま、アジアの混乱はあらゆる危険な方向に旋回している」とオバマ政権で副国務長官だった、そしてカーネギー平和基金会の会長であるウィリアム・J・バーンズは言う。「最終結果は地域紛争が増大する危険だけでなく、アメリカの影響力の長期的侵食だろう」詳細は下の記事へ>> Waning of American Power? Trump Struggles With an Asia in Crisis 8.13.19 (NYT)**





H)今日の新規アップ記事:2019年08月13日:

0)藤田孝典氏:そもそも日本の最低賃金では普通に生活できないことが問題 (マル激トーク・オン・ディマンド 第953回)(2019年7月13日)

そもそも日本の最低賃金が低すぎる

ところに問題の本質がある。


 先月、政府は「経済財政運営と改革の基本方針」いわゆる“骨太の方針”で、今後3年間で正規雇用を30万人増やすことなどを含む、就職氷河期世代の支援策を発表した。
 現在30代半ばから40代半ばとされる「就職氷河期世代」に当たる人の数は約1,700万人。そのうちの371万人が非正規雇用、40万人が職に就いていないという。



1)目次: 今日の新規アップ記事: 2011年5月29日から~ <<2019/07/05: 今の政治に足りないのは、あたしたち 国民をおもんばかる気持ち

390ー7/2: 今の政治に足りないのは、

あたしたち国民をおもんばかる気持ち


20歳から64歳までの女性の一人

暮らし、3人に1人が貧困。この国の

子どもたち約7人に1人が貧困

あなたの生活が苦しいこと、あなたの

せいにされてんです。
あなたが頑張ら

なかったとか、努力が足らなかった

とか。
その前に、国の努力が全くない

じゃないか。


**アメリカ政治雑感:08/12/19 PM- CA時間: 移民/難民/亡命希望者への扉がトランプ政権下でどんどん狭められようとしている。今日付のNYT紙は、永住権取得の条件として、経済的に自立している事が前面に打ち出されるようだ。フード・スタンプや医療福祉の「メディケア」などの援助がなければ生計が立たない人物を対象とすると、南米からの難民、移民の大方は低賃金の労働者が多いため、この条件をクリアできなくなる。将来、国の福祉を受けなければならなくなりそうな人物は排除するとしている。これらの新規の条件は60日以内に発効すると言われている。詳細は下の記事へ>> Trump Policy Favors Wealthier Immigrants for Green Cards 7.12.19. (NYT)
 自殺したと言われている投資家ジェフリー・エプスティンの件は、これまでの調査で、「人手不足の刑務所で、エプスティンは何時間も一人でおかれた;守衛は代理要因だった」と言う見出しで、まるで自殺に見せかけるために代理要因を送り込んだ計画的犯行のよくある物語のような話になっている。小見出しは「ジェフリー・エプスティンを通常監視している2名の内の一人だけが、看守として働いていた、と3人の刑務所関係者が語る」。詳細は下の記事へ>> In Short-Staffed Jail, Epstein Was Left Alone for Hours; Guard Was Substitute 8.12.19. (NYT)**





I)今日の新規アップ記事:2019年08月12日:

0)真鍋 厚:れいわ新選組の底力を、ポピュリズム批判だけでは見誤る「真の理由」 2019.7.28. (現代ビジネス)

これは現代の「一揆」かもしれない。

れいわ新選組は、

左派ポピュリスト政党、などではない



1)アメリカ政治 関連ニュース (58):07/16〜22/19 ニュースまとめ: 7/22/19 在職中に連邦犯罪を犯した事が同時に確実に記録された稀有な大統領の地位

7/22 - モラー報告書それ自体がトランプ氏にとっては徹底的に有罪を証明するものだ:彼を在職中に連邦犯罪を犯した事が同時に確実に記録された稀有な大統領の地位に押し上げるものだ。


**アメリカ政治雑感:08/10 & 11/19 PM- CA時間: 連日往復200kmの運転を要し、朝から夜中過ぎまで長い時間拘束された4日間のロデオ大会は、途中雨に降られたりしたが、無事終了。これまでにない「ワイルド」で素晴らしい大会だった。体力、持久力テストのような4日間だったが、先住民の大会もあり、カナダ国境まで80kmほどの場所なので、先住民、カナダ、アメリカの文化が披露され、多様性に溢れたそれだけの価値があるものだった。
 が、さすがにブログを完璧にこなすことは体力的に無理:睡眠時間が連日4時間前後しか無かった。ので、今日の「雑感」は、10-11日にまたがる内容になる。
 王侯貴族を含む著名人、文化人の間で広く交友関係を持っていた投資家ジェフリー・エプスティン氏がマンハッタンにある収監先で意識不明で発見された1時間後に病院で死亡が確認されたのは昨日司法長官バーは、自殺だと断定する発表をしたが、時期尚早だと非難を浴びた:その後連邦政府による捜査が開始された。(注:当然、陰謀説が飛び交っている。)
 今日付 (8/11) のワシントン・ポスト紙の見出しは、「エプスティンの告発者たちが彼女は彼の擁護者でポン引きだと呼ぶ。ギースレイン・マックスウェルは今検事たちのターゲットか?」
 トップの写真は、フロリダ州パーム・ビーチにあるマーラゴ・クラブで一緒にポーズをとる左から、ドナルド・トランプと当時彼のガールフレンドで後に妻となるメラニア・クナウス、ジェフリー・エプスティン、そしてギースレイン・マックスウェル。
 ギースレイン・マックスウェルは、彼女の告発者たちによると、ジェフリー・エプスティンの擁護者でポン引き、彼のガールフレンドでマダムだった。彼女は、誰に聞いても、彼のソール・メイトで(左右反対になる)鏡像だ。彼は特に何の財産も無くブルックリンに生まれ、大学も卒業していない。彼女はパリ生まれ、オックスフォード大学で教育を受け、王子や億万長者たちとパーティに明け暮れるジェット-セッターだ。
 一緒にエプスティンとマックスウェルは、検事たちや警察、そして数が増え続ける女性たちが、エプスティンに毎日3人の若い女子を提供するために国内を縦横に使った性的人身売買事業と説明するものを作り上げた。
 当局がニュー・ヨークの連邦拘置所で土曜日に首を吊ったと語る有罪判決を受けた性犯罪者であるエプスティンの死は、何十人という女子を虐待した容疑の責任を誰かに取らせたい人々に一人の重要ターゲットを残す:マックスウェル
 ニュー・ヨークの連邦検事、ジェフ・バーマンは、「既に申し出た勇気ある若い女性たち、、、そしてまだこれからそうする必要がある女性たち」に対し、「ー共謀の罪も含むー起訴状で告発された行動に関する我々の捜査は継続される」と保証した。
 {30年間、検察と被害者たちはジェフリー・エプスティンの責任を問いてきた。至る所で彼は逃げ果せた。}
 エプスティンが彼女たちにしたと言う内容を既に語った多くの女性たちによると、マックスウェルは投資家の主要な共謀者だ。
 マックスウェル(57)は、罪を問われておらず、また全ての不正行為を否定している。捜査に詳しい人々によると、当局は国外に住んでいると考えられているマックスウェルの所在を突き止められないでいると言う。彼女のマンハッタンにある5階建のタウンハウスは2016年に1,581,465,000円でエプスティンのニュー・ヨーク事務所の住所を使った会社によって売られている。
 彼女の弁護士たちは、2017年に彼女がロンドンにいるが、定住所は無いと判事に語っていた。エプスティンの被害者とされる人々の弁護士たちは、逮捕されることを恐れるマックスウェルがアメリカ合衆国に戻ることは当分無いだろうと言う。
 非営利団体「ヒューマン・トラフィッキング・リーガル・センター」の創設者で長であるマーティナ・ヴァンデンバーグは、被害者たちがもっと申し立てをするように勇気付けるだろうと、捜査が継続されると言う検事たちの発表を聞いて「喜んでいる」と語った。
 もっとも卑しむべき容疑がかかる期間エプスティンに寄り添った人物としてのマックスウェルはまた彼の凋落の要因でもあった:エプスティンの犠牲者であると申し立てをしている犠牲者の一人、ヴァージニア・ロバーツ・ジュッフレが、2015年にマックスウェルを名誉毀損で訴えたことから、エプスティンの虐待容疑の件を含む何千ページに及ぶ書状が先週公開された。
 だがマックスウェルは既に捜査の目をすり抜けていた。エプスティンの仕事仲間は、マックスウェルはエプスティンとの関係を完全に解消していなかったが、近年彼の所有する物件で彼女を見かけることは稀になっていたと言う。
 この調査を始めたパーム・ビーチの警察関係者によると、マックスウェルは最初からエプスティン捜査の中心にあったと言う。捜査員たちがインタヴューした女子たちはマックスウェルをエプスティンの性的人身売買事業のコーディネーターと語った。だが刑事たちはマックスウェルをインタヴューすることは全くできなかった。詳細は下の記事へ>> Epstein’s accusers call her his protector and procurer. Is Ghislaine Maxwell now prosecutors’ target? 8.11.19. (WaPo)**





J)今日の新規アップ記事:2019年08月11日:

0)番外編:カリフォルニア(1083): 2019年インデペンデンス・デイのパレード (15)

 2019.7.4.:連続掲載中の記事を今週末はお休みにし、独立記念日 (Independence Day) のパレードの様子を紹介。場所は北カリフォルニアの海辺の町、ヴィクトリアン様式の建築物が多く残る観光と芸術の町、メンドスィーノ (Mendocino, CA) 。この町のパレードを見るのは初めてだ。霧が出ていて肌寒い日になったが、見物客は去年より多かったと言う。
 12時30分に開始されたパレードの続き:このパレードでは、他のパレードではほとんど見かけない観客に物をプレゼントする慣例がある。その中でも有名な本の無料配布を先導する「ギャラリー・ブックストア」のピックアップ・トラックが登場した。



1)朝ごはん | ブランチ(78): 全粒粉パンのトースト、スモークド・サーモン、トマトと玉ねぎのEVOO炒め、目玉焼き

 2019.6.1.: メンドスィーノ (Mendocino, CA) で開催される映画祭が近づいていた6月の朝ごはん|ブランチのメニューは、隣町のベーカリーのオーストリア風スィード(種入り)・パンのトースト、スモークド・サーモン、シワが出て来たグレープ・トマトと玉ねぎの炒め物、そして目玉焼き



2)「最低賃金901円」を評価し「月給23万円への不満」を攻撃する世論の異常! 安倍政権に飼いならされ貧困が当たり前に 2019.8.2. (Lite-ra)

全国平均の時給901円:

月収15万8576円、年収190万2912円


 貧困は自己責任ではない。生活が苦しいと声をあげた人を叩くだけで、国民の生活の苦しさを直視しない政治を温存させていれば、現状はどんどん悪くなってゆく

米ブルームバーグ:貧困に陥るのは

自己責任ではない
、それは

日本という国が証明している。



ねえ安倍さん、このどこが

アンダーコントロール?






K)今日の新規アップ記事:2019年08月10日:

0)番外編:カリフォルニア(1082): 2019年インデペンデンス・デイのパレード (14)

2019.7.4.:連続掲載中の記事を今週末はお休みにし、メンドスィーノ (Mendocino, CA) の独立記念日 (Independence Day) のパレードの様子を紹介。
 12時30分に開始されたパレードの続き(話は少し戻るが):この日は早朝から馬主の友人の持ち馬の調教の様子を撮影に出かけていた。パレードを見に行く前、競走馬だった持ち馬がジョッキー以外のライダーを乗せられるように訓練するための貴重な時間だった。



1)Rodeo:ロデオ (782):2019年シーズン (1) 〜 カリフォルニア・ロデオ (California Rodeo)

 2019年のロデオ大会>>4月後半にスィエラ・ネヴァダ山脈の麓の町、昔のゴールドラッシュ時代にできたオーバーン (Auburn, CA) で開催される大会は、会場は小さめだが樹々に囲まれて美しい。
 もうすっかりお馴染みのブル・ライディング (Bull Riding): 最初のブル・ライダーはブルックス。彼の引き当てたブルの名前は、ボンド・ボーイ。動きの激しいブルで、ブル・ファイターズ (Bull Fighters) が見守る中、ブルックスのライドが続く。



2)山本太郎語る「れいわ新選組が、重度障害者を国会に送り込んだ理由」 ー 時任 兼作 2019.8.4. (現代ビジネス)

人間を「コスト」と見る世の中を疑え

「政治は数、数は力」を疑え:
「確かに政治は数です。でも、数ではない部分で動くこともある。それを2人が教えてくれたと思うんですよね。数としてはたった2議席だけど、この『2』はケタ違いなんですよ」

「舩後さんがALSを発症したのは40代のときです。今は健康でバリバリ働いている人も、いつ困難に直面するかわからない。それなのに、日本人は自分たちの手で『弱者』と呼ばれる人たちを作り続けて、切り捨て続けているどんな人でも、切り捨てるのではなくて引き上げるような社会になれば、どれだけ逞しい国になるんだろうと思います


**アメリカ政治雑感:08/09/19 PM- CA時間: 今日のNYT紙の政治欄の記事の一つは、トランプ大統領とメラニア夫人の銃撃事件被害者訪問の背景に関する記事だった。既に、負傷者が入院している病院を訪問した際に、面会を断られていた話は各種メディアでニュースになっていた。何故か?要するに、被害者訪問が、被害者を見舞う行為ではなく、彼自身の売名行為にしかならないためだ。
 見出しは「デイトンとエル・パソへのトランプの旅:背景の物語」:トップの写真はトランプ大統領とファースト・レディのメラニア・トランプが先週末テキサスの銃撃事件で殺害されたジョーダンとアンドレ・アンチョンドの遺児、2ヶ月の息子を抱くメラニア。
 トランプ大統領が水曜日に、2都市で起きた大量殺戮銃撃事件の被害者たちと会うために二番目の訪問地エル・パソに到着した時には、彼の政敵攻撃が、最初の訪問地であるオハイオ州デイトンの病院で受けた陽気な歓待よりももっとニュースになっていることに不満を抱いていた。結果、補佐官たちにエル・パソの住人たちは彼に会う事を喜んでいたと言う証拠を作り出すようにと大声で命令した。
 そのような住民の一人が、先週の土曜日にウォールマートで銃撃犯が発砲したときに、兄と義理の姉、アンドレとジョーダン・アンチョンドを失ったティート・アンチョンドだった。アンチョンド氏は、ホワイト・ハウスのフォト・オプの最中に親指を立て、アンチョンド氏の銃撃事件で両親を失った2ヶ月の甥をファースト・レディ、メラニア・トランプが抱いている時に、トランプ氏に会うために、水曜日、エル・パソの大学医療センターへ行った。
 金曜日までにこの写真は、乳幼児が大量殺戮銃撃事件で両親を失ったこと、そして週の初めに退院した後に病院に連れて来られたことが明らかになった後で大いに拡散された。エル・パソで、アンチョンド氏は、彼の大統領訪問に関わる注目は、彼の家族に更なる心痛をもたらしたと語った。
 「本当に混乱を極めている」と彼の家族経営の自動車修理工場での短いインタヴューの間に話した、そしてこの写真が拡散された後、彼とその家族はヘイト電話の攻勢にさらされ、フェイスブック上で嫌がらせを受けていると付け加えた。
 このエピソードは大統領の報道内容への不満と怒りの反応の一つの結果だ、それが慰問旅行の終了時までにホワイト・ハウスが配布した銃撃事件で影響を受けた人々ではなく大統領に焦点を合わせた写真、ツウィートや動画の寄せ集めだ。
 トランプ氏は大統領専用機内でTVを見ている時に、否定的なヘッドラインに気づいた、そして彼の首席補佐官代行ミック・マルヴァニーを含む同行している補佐官たちを怒鳴りつけた。オハイオ州民主党選出のシェロッド・ブラウン上院議員と民主党員であるナン・ウェイリー市長の記者会見を見た後で、デイトンのマイアミ・ヴァレー病院を訪問中の彼に関する肯定的な画像が無いことに特に憤った。間も無く彼の補佐官たちは、セルフィー中の医者や看護師に囲まれた病院での大統領の写真や動画を配布し始めた。
 「大統領は病院でロック・スターのような取り扱いを受けた、全て動画に記録された」と大統領のソーシャル・メディア・ディレクターのダン・スキャヴィノがツウィッターに書き込んだ。「皆、彼らの偉大な大統領に会えたことを喜んだ」と。詳細は下の記事へ>> Trump’s Trip to Dayton and El Paso: The Back Story 8.9.19. (NYT)
 今、速報トランプ大統領を含むマイアミやニュー・ヨーク、パリ、サウディなどの政財界に太い繋がりを持つ、児童性虐待、人身売買の罪で収監されていた容疑者ジェフリー・エプスティンが、自殺と見られる状態で死亡しているのが発見されたと報じられている。つい最近自殺しようとしたのではないかと、怪我をしている状態で発見され病院で治療を受けたばかりだったが。。。これで彼の持つ秘密は葬られたことになる。**




スポンサーサイト



テーマ:アメリカ縦断/横断の旅 - ジャンル:海外情報

コメント
この記事へのコメント
敬虔なイスラム教徒のほうが多いんだと思いますがイスラムの中で宗派が絡んだ争いがあるから余計に複雑になって且つ攻撃的になるんでしょうね。ISって精神的な部分もあるから根絶ってむつかしいんでしょうね
2019/08/20(火) 05:12:58 | URL | 自遊自足 #-[ 編集]
自遊自足さんへ:アメリカの国内テロの精神構造に酷似
自遊自足さん、こんにちは。

> 敬虔なイスラム教徒のほうが多いんだと思いますがイスラムの中で宗派が絡んだ争いがあるから余計に複雑になって且つ攻撃的になるんでしょうね。ISって精神的な部分もあるから根絶ってむつかしいんでしょうね

仰る通りで、ほとんどの宗教では大多数は敬虔な教徒で、それはイスラム教でも同じだと思います。ただ宗派間の歴史や違いを煽って対立を過激にしている分子がいて、安定や統一をさらに損ねていますね。
ISの精神構造と、今、アメリカ国内で台頭している人種差別主義や白人優越主義を土台にしたテロ事件の関係者の精神構造が酷似していると話題になっています。国外の紛争が、外交的に関係のあるアメリカ国内に飛び火しないようにと警戒態勢を取っている内に、国内の各種問題を餌に国内のテロ分子が予想以上に育ってしまい、取り締まるにもどこから手を付ければいいのか分からない、と言う状況になっているようです。一番上で煽っている、内乱も辞さないような発言をする人物もいるため、直ぐには収まらないでしょうね。
人の集まるところに出かけるのは控えるという人たちの気持ちが分かる状況です。
2019/08/20(火) 06:26:53 | URL | yokoblueplanet #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yokoblueplanet.blog112.fc2.com/tb.php/18090-c35c52a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック