Yoko's 人生=旅 on this Blue Planet
高速回転中の青い惑星地球、負けじと走り回る一人の記録。
小出裕章、 大島堅一 & 河野太郎:「総括原価方式 / 核兵器開発能力保有」2011.7.21.(TV朝日モーニングバード、そもそも総研)
小出裕章 & 大島堅一:「総括原価方式 / 核兵器開発能力保有」2011.7.21.(TV朝日モーニングバード、そもそも総研)

小出裕章総括原価方式 / 核兵器開発能力保有



そもそも『電気料金がなぜこういう決まり方か』がわからない」
http://www.tv-asahi.co.jp/onair/info.php?b=morning&id=2414

小出裕章
国が誘導してきたということなんですね。
原子力発電所を電力会社にやらせるために電力会社の資産に比例するというかたちで利潤が決められたがために
電力会社としては資産を持てば持つだけ利潤が膨れ上がるという構造だったわけです。

原子力発電所というのは一基造れば何千億円という資産になりますので造ってしまえばもうそれだけ比例計算で利潤が懐に入るというとてつもないうまい方式で電力会社が優遇されてきてしまったんですね。

逆な言い方をすれば国が誘導してきたということなんですね、原子力発電所を電力会社にやらせるために。
原子力というのは私からみると核と同じものなんですね。
日本人が言う核と同じもの、つまり軍事利用と切っても切り離せない技術なのであって、国家としてはそのことをはじめから知っていて原子力の平和利用だと標榜しながらも核兵器を開発する能力という技術的能力を保有し続けたいという思惑が私は国にはずっとあったと思います。

いずれにしても日本の国というのは原子力をやると決めたわけですね。
やると決めた以上は民間企業を巻き込まなければ出来なかったわけでそのためには電力会社にうまみを与えなければいけない。
その一つが総括原価方式で原発を誘導するということだった。

スポンサーサイト

テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yokoblueplanet.blog112.fc2.com/tb.php/5154-c5883e51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック