Yoko's 人生=旅 on this Blue Planet
高速回転中の青い惑星地球、負けじと走り回る一人の記録。
柳澤桂子「「放射線が、生命をおびやかすのはなぜですか。」(クロワッサン/Croissant) 2011.7.10.
柳澤桂子「「放射線が、生命をおびやかすのはなぜですか。」(クロワッサン/Croissant) 2011.7.10.


第2特集
放射線に安全値はないという。これから「いのちと暮らし」は、どうなるのか。

大量の放射性物質が飛散した、東京電力福島第一原子力発電所の事故。この事故にどう向き合えばいいのでしょうか。

「放射線が、生命をおびやかすのはなぜですか。
柳澤桂子さん(生命科学、お茶の水女子大学名誉博士)

  「人間は、”核” に手を出してはいけないと思うのです

  柳澤桂子さんは、分子生物学者として、長年、先天性異常の研究に携わってきた。実験では放射能をもつ物質を用いることもあり、量はごくわずかでも、厳重な管理のもとで行われていた。

  「放射能が人体にどのような影響を及ぼすのかは、よくわかっていました」

  柳澤さんは、科学の発達それ自体を否定はしない。

  「わからなかったことが、研究によって解明されるところまではいいと思うのです。ただ、危険が明らかな場合は、それを技術として用いないことが人間の良識なのではないでしょうか

  20世紀初め、ウランの原子核を分裂させると膨大なエネルギーが生じることがわかった。そのエネルギーを兵器に応用したのが、1945年8月6日、広島に投下された原子爆弾だ。原子力発電もそのエネルギーを利用したものだ。ウランが分裂して生まれる放射性物質に、原爆原発の違いはない。

  「福島第一原子力発電所の事故を知って、とにかく怖かったです。その恐ろしさを口に出して言えませんでした」

  その深刻さは、連日の報道が物語る。政治家や専門家は繰り返す。「直ちに健康に影響が出るものではない」、「100ミリシーベルト以下は安全」だと。

  「放射能に関して、“安全だ”という言い方は改めていただきたい。放射能と人間とは、相容れないものなのです
  人間の身体(大人)は、一つの受精卵が分裂を繰り返してできた約60兆個の細胞で構成されている。その、ひとつひとつの細胞の核の中には、柳澤さんが「命の総司令部」と呼ぶDNAが収まる。DNAも細胞が分裂するときに、コピーされてゆく。

  「DNAは情報テープのようなものです。人間のDNAには人間を人間たらしめる情報が書き込まれています

  一方、放射能には物質を通り抜ける強い力がある。人間が放射能を浴びると、どうなるのだろうか。

  DNAを収めた細胞は分子からできている。その分子は原子からできている。原子の中心には陽子と中性子からなる原子核があり、そのまわりを電子が回っている。放射能が原子にあたると、電子が引き剥がされてしまうのだ。
  「その結果、細胞では複雑な化学反応が起きます

  次のようにイメージしてみたらどうだろう。仲良し三人組(陽子、中性子、電子)のうちの一人(電子)が、無理に引き離されたとき、何が起きるのか。

危険だとわかったら、技術として用いないと決断することが、人間の良識なのではないでしょうか

  (図)人間の情報が書かれた大切なDNA
blog Yanagisawa Keiko, DNA_DSC0275-2.8.12

  DNAは、「いのちの総司令部」。細胞の核の中に折り畳まれて収まっている。放射能を浴びると、DNAに書き込まれている情報にエラーが起き、細胞分裂に伴いエラーを起こしたDNAもコピーされてゆく。やがて、その細胞が、がん化することもある

  放射線によって傷ついたDNAは、子孫に伝えられていきます。
  何万年か後に、突然変異の恐れが。


  周囲の人々はどんな影響を受けるのか。一時的に悲しい思いをしても、やがて落ち着くかもしれない。取り返しのつかない結果を招くかもしれない。

  「急性症状が起きるような強い放射線を浴びていない場合でも、細胞に変化が起き、DNAも影響を受けます書き込まれた情報が変更されたり、情報テープが切断されたり、細胞が分裂するときに、DNAに起きた間違いもそのままコピーされていきます。それでも影響が出ない場合もたくさんあります。でも、間違ったDNAが繰り返しコピーされていくうちに、細胞が、がん化することもあります

  がんとの関連では、個体一代限りの問題として捉えてしまうが、DNAは人類が存続する限り、未来へ受け継がれてゆく。

  「表面にはあらわれないDNAの傷が、子孫に伝えられていきます。長い間にDNAの損傷が人類の遺伝子プールに蓄積され、何万年か後に突然変異が頻発するかもしれません。どのような変異なのかは予想もつきません。それが一番、恐ろしい。細胞分裂が盛んな乳幼児、妊婦さんは少しでも放射能を浴びないでいてほしいのです」

  同時に、人間のDNAには、約40億年前、地球上に生命が誕生して以来、宇宙から降り注ぐ放射線や、紫外線から受けた傷を修復しながら脈々と進化し続けてきた、生命の歴史が刻まれている。

  「核兵器、原発事故。。。そこに人工的な放射能の害が加わってきたのです。いま、私たちは40億年目の新しい問いをつきつけられています

  この問いは、人間の“心”に対してつきつけられたものだ。

生命の連続性から捉える、原発と放射能の問題

  「遠くから食べ物を取り寄せて、喜んで食べる。トマトもキュウリも一年中出回っている。クリスマスケーキには立派ないちごが飾られている。そのためにどれだけのエネルギーが使われているのでしょうか。そのことを不思議に思う人がどれくらいいるでしょう

  その代償として、次代を担う「子どもたちから旬の喜びを奪った」という。

  「春になったら、芽吹いて、やがて実をつけ、それをいただくことで、生命の循環を感じ、自分の来たる由縁を意識するきっかけになると思うのです

  自分が何ものかを知ろうとするような”何かをつかむ”意識は進化すると柳澤さんは考えている

  「文化人類学の知見から考えると、人間の意識も進化すると思います。戦争、テロ、生命や環境よりもお金に価値をおく意識。まだまだ進化しなければなりませんが、そう早くは進みません。いま、私たちにできることは、文化の進化です。精神科医の臨床研究によると、芸術は意識レベルの高いものだそうです」

  多くの人が質の高い芸術に触れる機会をたくさんつくる。遠回りに思えるが、文化を進化させ、意識レベルの底上げを図る一番の早道だという

  「そのことによって、日常や個人を超えた、自然や宇宙に対する感謝の気持ち―それが祈りだと思いますが-を抱けるようになれば、と思います

  太鼓からの生命を受け継ぎ、未来へとつないでゆく結節点に自分があることを意識したときに、その連続性を切断しかねない原子力を利用することは、必要不可欠なものなのかという根源的な問いが立ち上がる

  「震災で亡くなられた一人ひとりの方が、恐ろしい思いをして、苦しまれたんですよね。そしていま、放射能の不安に苛まれている方がたくさんおられるんですよね。大変多くの人が無念の思いをされたのですから、生きている者として、その無念に応えることを考え、行動を起こさなければならないのではないでしょうか」

「震災で亡くなった人は無念だったでしょう。
その無念さに応えることが、生きている者のつとめだと思います」


柳澤桂子:1938年生まれ。お茶の水女子大学理学部卒業。コロンビア大学大学院修了。三菱化成生命科学研究所主任研究員に。30代半ばから原因不明の病に苦しみ、’83年、退職。生命の不思議さ、素晴らしさを描く科学エッセイ多数。


スポンサーサイト

テーマ:博物学・自然・生き物 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yokoblueplanet.blog112.fc2.com/tb.php/5207-f1b48a21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック