Yoko's 人生=旅 on this Blue Planet
高速回転中の青い惑星地球、負けじと走り回る一人の記録。
1)BBC「放射能と子どもたち」Children and Radiation & 2)BBC「メルトダウンの内側」BBC “This World: Inside the Meltdown" 2012.2.23.
**5月21日アップの記事ですが、しばらくトップに置きます。**

1)BBC「放射能と子どもたち」Children and Radiation

「チェルノブイリへのかけはし」の野呂さんがしょうかいされていたBBC の番組です:既に記事は転載してありますが,この部分だけ個別にアップします。

http://youtu.be/ggp2LFXnCbI



2)BBC「メルトダウンの内側」BBC “This World: Inside the Meltdown" 2012.2.23. 

"torajiyama" さん経由:(日本語字幕を見るには、画面右下の「cc」ボタンをクリックしてください。)

BBC This World 2012 Inside the Meltdown
http://youtu.be/Yl6ZtNm1Hbc


「このドキュメンタリーは、災害の最前線で撮影された貴重な映像と、原子炉を救うために戦った男たちとともにのちに我々が撮影した映像で構成されている。実際に現場にいた­­者たちが語る福島メルトダウンの内側である。」

:"This film uses unique video from the frontline of the disaster and footage we filmed later with the men who fought to save the reactors. It's the inside story of the Fukushima meltdowns told by those who were there."


スポンサーサイト

テーマ:原発事故 - ジャンル:ニュース

コメント
この記事へのコメント
辛く許せません。
子供が放射能にやられるなんて、どう考えても、国と関係機関と東電が犯した重大犯罪以外の、なにものでもないですね。本来なら法廷で裁かれるべきです。なのに、いまだに、孫を福島に連れて行ってもイイなんて、啖呵を切っていたデタラメなマダラメは、孫を連れて行ってない上に、今の地位に居座って、なんら機能していませんね。国は、税金を使って将来のために、殖産産業として、自然エネルギーを発展させておくべき所、原発という金を貪る装置を発展させ、放射能汚染をまき散らかした。国家犯罪です。
2012/05/24(木) 22:10:25 | URL | 砂まじりの茅ヶ崎 #-[ 編集]
同感: 辛く許せません。
砂まじりの茅ヶ崎さん、こんにちは。

> 子供が放射能にやられるなんて、どう考えても、国と関係機関と東電が犯した重大犯罪以外の、なにものでもないですね。本来なら法廷で裁かれるべきです。なのに、いまだに、孫を福島に連れて行ってもイイなんて、啖呵を切っていたデタラメなマダラメは、孫を連れて行ってない上に、今の地位に居座って、なんら機能していませんね。国は、税金を使って将来のために、殖産産業として、自然エネルギーを発展させておくべき所、原発という金を貪る装置を発展させ、放射能汚染をまき散らかした。国家犯罪です。

まったくの同感です:日本中の子どもが程度の差こそあれ,皆危険な外部被ばく、内部被ばくの危険に晒されており、被ばく症状も出てきているのに、それをきちんと報道する事も無く、どうでも良い番組で時間つぶしをしているマスコミも同罪です。そんな番組に広告を出し協賛している企業も。大本営発表専門局もありますが、それにお金を払っている人達も同罪です。
カネと権力の亡者に成り下がった時の権力者達、自分たちの後継者の首を絞めている事に気付かない。
大切な国を破壊している事に目が行かない。
電気が無ければ,事業を国外に持って行くしかない、と財界の「トップ」が話していましたが、何とお粗末な考えか。。。悲しんでばかりもいられないので、何とかこの流れを変える努力をしなければ、です。
正確な情報ができるだけ多くの人に届けられるように色々な方法を考えましょう。
2012/05/25(金) 09:02:49 | URL | yokoblueplanet #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yokoblueplanet.blog112.fc2.com/tb.php/5997-7649789d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック