Yoko's 人生=旅 on this Blue Planet
高速回転中の青い惑星地球、負けじと走り回る一人の記録。
1)小出裕章「核のゴミ抱える村 青森・六ヶ所村の現実」2011.7.4.(KTV)& 2)「核サイクル "原子力が支える村"...六ヶ所村の真実」2011.6.11. (TV朝日)
小出裕章「核のゴミ抱える村 青森・六ヶ所村の現実」2011.7.4.(KTV)

核のゴミ抱える村 青森・六ヶ所村の現実
http://youtu.be/wZDfT_xaVQk


【京大原子炉実験所 助教・小出裕章さん】
ウランという資源は石油に比べても数分の1、石炭に比べたら数十分の1しかないという誠に貧弱な資源で、未来のエネルギー源にならなかった。
私は足を踏み込んでから知ったわけですけど、原子力を進めてきた人たちは初めから知っていた。
サイクルの中の一部が高速増殖炉ですから、高速増殖炉がなければ核燃料サイクルという概念自体が意味がなくなる

高速増殖炉のめども立たないのに、取り出したプルトニウムは長崎型の原爆4000発分に相当します。
プルトニウムの毒性はウランの20万倍、核兵器の材料にもなるため、再処理工場はIAEA・国際原子力機関が24時間監視する厳重な警備体制が敷かれています。

「六甲山は931メートルの高さがある。でも100万年前はあの場所は海だった。100万年の間にあんなに高い山が出来てしまう。
何百メートルという地の底に埋めたつもりであっても、100万年後には山になってしまう。
10万年100万年先まで安全を保証できる科学は残念ながら人間は持ってない」




2)「核サイクル "原子力が支える村"...六ヶ所村の真実」2011.6.11. (TV朝日)

使用済み核燃料の来る村は今。
福島原発事故を受け核燃料サイクル計画への疑問が浮上するなか、
日本で唯一核燃料再処理施設がある青森県六ヶ所村の人々は今...現状を追った」

核サイクル"原子力が支える村"...六ヶ所村の真実
http://youtu.be/0ObbLdC0Kjg


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
金の亡者
こんばんは、原発関係の話は、とにかく腹立たしく、ただただ、口惜しいです。原発の恩恵なんて言ってるヤカラは、ヤク中の末期患者としか見えません。完全に洗脳されてます。トミーリージョーンズのCMの如く、このろくでもない日本です。湯川秀樹博士が「日本の原子力、急がばまわれ」「原発は時期尚早」と、原子力委員を辞任されて55年が経ちましたが、予言は的中しましたね。
2012/05/27(日) 23:53:58 | URL | 砂まじりの茅ヶ崎 #-[ 編集]
同感: 金の亡者
砂まじりの茅ヶ崎さん、こんにちは。

> こんばんは、原発関係の話は、とにかく腹立たしく、ただただ、口惜しいです。原発の恩恵なんて言ってるヤカラは、ヤク中の末期患者としか見えません。完全に洗脳されてます。トミーリージョーンズのCMの如く、このろくでもない日本です。湯川秀樹博士が「日本の原子力、急がばまわれ」「原発は時期尚早」と、原子力委員を辞任されて55年が経ちましたが、予言は的中しましたね。

本当に悔しい状況ですね。破滅への道をひたすら走り続ける原発村の人々,問題はその道へは入りたくないと云っている大多数の人々をも巻き添えにしている事です。
湯川秀樹博士の言葉、重いですね。
どの世界でも透徹した意識を持って未来を見え据えている人が少数でも必ずいるのですが、その声が「面倒だ」、「コストが掛かる」等と云う理由で採用されない事です。
結局後で高い付けを払わされる事になるのですが。。。
2012/05/29(火) 10:15:09 | URL | yokoblueplanet #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yokoblueplanet.blog112.fc2.com/tb.php/6039-e270e1c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック