Yoko's 人生=旅 on this Blue Planet
高速回転中の青い惑星地球、負けじと走り回る一人の記録。
「福島の児童を施設で支援 久米島、年間通じ受け入れ」 2012年7月8日 20時35分(東京新聞)
「福島の児童を施設で支援 久米島、年間通じ受け入れ」 2012年7月8日 20時35分(東京新聞)

  東京電力福島第1原発事故の影響を受けている福島県の児童を支援するための保養施設「沖縄・球美の里」が沖縄県・久米島で完成し、8日にオープニングセレモニーが開かれた。同施設によると、年間を通じて被災児童を受け入れる施設は全国で初めて。

 施設は焼き物工房だった建物を改修して造られた。施設のシンボルマークはアニメ映画監督の宮崎駿さんがデザインした。第1陣として福島県いわき市などから母子計50人が5日から20日まで滞在する予定。

 セレモニーでは地元高校生らが吹奏楽の演奏などで歓迎。子どもたちは沖縄伝統の手踊りカチャーシーを踊り、最後はアーティストの石井竜也さんが歌でエールを送った。

(共同)

スポンサーサイト

テーマ:放射能対策 - ジャンル:育児

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yokoblueplanet.blog112.fc2.com/tb.php/6393-b6d6ca40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック