Yoko's 人生=旅 on this Blue Planet
高速回転中の青い惑星地球、負けじと走り回る一人の記録。
「大量被ばくの恐怖の中福島第一原発で放水活動を行った隊員の会見」2011/03/19 22:30
**たくさんの命を削るような危険な作業に支えられている福島第一の今の状況。彼らの涙を、家族の涙を踏みにじるような政策は即刻止めるべし!
  人の命を危険に晒しても意に介さず原発推進を続けると云うのであれば、言っている本人が現場で働くべき!**


「大量被ばくの恐怖の中福島第一原発で放水活動を行った隊員の会見」2011/03/19 22:30

大量被ばくの恐怖の中福島第一原発で放水活動を行った隊員の会見 前半


大量被ばくの恐怖の中福島第一原発で放水活動を行った隊員の会見 後半



「2011/03/19 22:30すぎから行われた、日本のために素晴らしい仕事をしてくれました東京消防庁会見です。03/19 00:30~福島第一原発3号機に20分間放水活動を行った隊員たちです。途中からですが、あげておきます。非常にわかりやすい会見でした。
http://www.inosenaoki.com/blog/2011/03/post-8bab.html ←こちらは猪瀬直樹氏のブログです。会見では語られていない放水活動を行う際の現場の状況が書かれています。
本当にお疲れ様でした!」

スポンサーサイト

テーマ:生き方 - ジャンル:ライフ

コメント
この記事へのコメント
一人でも
この時、誰が何を言って止めても、一人でもいい『自分も行かせてくれ』という国会議員がほしかったです。プロに任せて下さいと止められるのは分っているけれど、せめて地元出身の議員だけは、近くまででもいいから行ってくれていたらと思います。選挙の時と態度の差で選ばなければ。
東京消防庁の皆さんにはいくら感謝しても足りません。おそらく隊員の一人にでも不幸があったら・・・という覚悟も都知事はお持ちだったでしょう。ただの耄碌ジジイではないと思います。
2012/07/27(金) 20:33:14 | URL | りょうこ #-[ 編集]
家族を亡くした地元議員: 一人でも
りょうこさん、再度こんにちは。

> この時、誰が何を言って止めても、一人でもいい『自分も行かせてくれ』という国会議員がほしかったです。プロに任せて下さいと止められるのは分っているけれど、せめて地元出身の議員だけは、近くまででもいいから行ってくれていたらと思います。選挙の時と態度の差で選ばなければ。
> 東京消防庁の皆さんにはいくら感謝しても足りません。おそらく隊員の一人にでも不幸があったら・・・という覚悟も都知事はお持ちだったでしょう。ただの耄碌ジジイではないと思います。

アハハ、「ただの耄碌ジジイ」では無いですよね!
被災地出身の議員の中には家族を亡くされている方もいて、国会で支援を訴えていましたが、その声が届かない。一体何が問題なの?!って云う位に、機動力がありませんでした、そしてありません。
自衛隊、東京消防庁の方々がいなかったら、と考えると、ゾッとします。
地元の消防隊の方々もたくさん命を落とされましたね、他の方々を助けるために自分の脱出が最後になって。
まるで何ごとも無かったような言動を続ける永田町全部、福島第一原発敷地に移すべきです!
あまりにもふざけ過ぎています。
2012/07/28(土) 03:34:15 | URL | yokoblueplanet #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yokoblueplanet.blog112.fc2.com/tb.php/6427-29bd897c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック