Yoko's 人生=旅 on this Blue Planet
高速回転中の青い惑星地球、負けじと走り回る一人の記録。
京都大学原子炉実験所 小出裕章 2012.6.29. 「黒い物質」の測定に関する覚書 & 2012.7.20. 追加:南相馬の「黒い物質」画像
**13日の記事ですが、トップに持ってきます**

2012.7.20. 追加:南相馬の「黒い物質」画像


『原町第一小学校付近、新小川橋の堆積物。ベーター線ベクレルモニターで30万Bq。
早急な通学路除染が必要!と動画アップしたが平成24年5月現在、行政は何もしていません。
黒い物質」は藍藻で セシウムやそれ以外の放射性核種を吸収しています。』


京都大学原子炉実験所 小出裕章 2012.6.29. 「黒い物質」の測定に関する覚書

南相馬市 大山こういちのブログ: & 「小出裕章非公式まとめ」経由:
 
?.はじめに
 福島原発事故からすでに1年以上の時が流れた。原子力発電所から北東に広がる60万ベクレル/m2という猛烈な汚染地域からは、約10万人の人々が追われた。

 しかし、日本の法令を守るのであれば、放射線管理区域に指定して一般の人々の立ち入りを禁じなければならない、4万ベクレル/m2の土地は、東北地方、関東地方の広大な地域に広がっている。

 日本の国は、その広大な土地を捨てることができないと判断し、人々をそこに取り残した。被曝を避けたければ、その土地を捨てて逃げるしかないが、国は何の賠償も支援もしないという。

 力のある人の中には自力で逃げた人たちもいるし、せめて子どもを被曝させたくないとして、子どもと母親を逃がし、父親は汚染地にとどまっている人もいる。

 しかし、農民や、酪農・畜産家などにとっては、土地そのものが命であり、容易には逃げられない。

 今現在、数100万人の人たちが、放射線管理区域の中で生活し、子どもを産み、子どもを育てている。

 国は、除染をすれば、被曝量を減らせるかのように言うが、人間には放射能を消す力はない。

 除染」とは汚れを除くという意味だが、本当のことを言えば、汚れは除けない。できることは、汚染を移動させることでしかない。 

 そのため、私は「移染」という言葉を使っている。

 そして、人間が自分で汚染を移動させる他に、自然もまた汚染を移動させている。

 山に降った汚染は、里に降りてくるし、川に流れた汚染は海に流れる。

 また、被曝にとって最大の問題であるセシウムは土などに固着して濃縮する。

 人々が取り残され、子どもたちもそこで日々の生活を送っている場所に「黒い物質」があるとのことは、ずいぶん前に聞いた。

 それについての調査は、神戸大学の山内知也さんが素早く取り組み、猛烈なセシウム濃度になっていること、
その正体が藍藻類の死骸
であることを突き止めている。
  
 すっかり遅くなったが、私自身もその「黒い物質」を測定する機会を得たので、結果を報告する。

?.試料と測定
 「黒い物質」の試料はほぼ同時に2つのルートで私の手に届いた。
一つは東京の下町さらに多摩地区のもの、そして2つ目が南相馬市のものである。
南相馬はセシウムの汚染密度が10万ベクレル/m2を超える汚染地帯であるし、葛飾区、江戸川区など千葉県に接する一部の区は、4万ベクレル/m2を超えた汚染を受けている。
 試料の一覧を表1に示す。

表1  「黒い物質」試料一覧
試料名採取場所番号など受け取り形状
東京1東村山市、学校0(1/2) 100ccポリ容器入り
東京2東村山市、学校0(2/2)100ccポリ容器入り
東京3葛飾区水元公園3100ccポリ容器入り
東京4葛飾区水元公園4100ccポリ容器入り
東京5葛飾区水元公園5100ccポリ容器入り
東京6葛飾区水元公園6100ccポリ容器入り
福島県南相馬市1川房奥01ポリ袋入り
福島県南相馬市2金谷商店前07ポリ袋入り
福島県南相馬市3金谷商店前08ポリ袋入り
福島県南相馬市4シャーレ入り

 測定はGe半導体検出器を使うガンマ線スペクトロメトリで行った。試料は次章で示すように高濃度のセシウムを含んでおり、試料の開封、測定容器への移し替え操作などをできる限りしないようにした。それでも、特に南相馬で採取した試料の中には、放射能量が強すぎて、測定システムのデッドタイムが90%を超えてしまうものがあり、試料の分取をせざるを得ないものもあった。しかし、受け取った状態のまま測定した試料もあり、その場合、あらかじめ効率校正した容器を使っていないため、定量結果に10%程度の誤差があるだろうと思う。その点お含みおき願いたいが、環境試料であることを考えれば、十分に受け入れていただけるだろうと思う。

表2  「黒い物質」試料測定条件など
試料名測定形状測定日測定試料重量測定時間
東京1100ccポリ容器のまま2012/5/305476.2
東京2100ccポリ容器のまま2012/5/3057100.7
東京3100ccポリ容器のまま2012/5/30618.1
東京4100ccポリ容器のまま2012/5/305111.3
東京5100ccポリ容器のまま2012/5/30729.55
東京6100ccポリ容器のまま2012/5/30659.93
福島県南相馬市1大面積試料皿に分取2012/6/70.686.28
福島県南相馬市2大面積試料皿に分取 2012/6/71.09.8
福島県南相馬市3大面積試料皿に分取 2012/6/71.016.7
福島県南相馬市4シャーレのまま2012/6/71209.95

?.測定結果
 代表的なスペクトルを図1に示す。

これは「東京1」(東村山市の学校で採取した黒い物質)試料を効率校正済みの容器に移し、982分(夕方から翌朝まで)測定したものである。長時間の測定をしたため、測定系のバックグランウンドである天然のK-40やBi-214もスペクトル上に見てとれる。しかし、Cs-137、Cs-134が高濃度で含まれていて、明瞭なピークとして現れている。

 南相馬市の黒い物質はさらに高濃度のセシウムを含んでおり、表面でのガンマ線量率を測ると100μSv/hを超えた。それをGe検出器にかけたところ、検出器のデッドタイムが90%を超えてしまい、正常な測定ができなくなった。そこで、1g以下の試料を分取し、効率校正が済んでいる大面積試料皿(50cmφ)に薄く広げて測定した。そうして得られたスペクトルの一例(福島県南相馬市1、川房奥)を図2に示す。この場合、わずか0.68gの試料を6.3分測定しただけで、Cs-137とCs-134のγ線が明瞭のピークとなり、測定系のバックグラウンドである天然の放射性核種などまったく見ることもできない。

******************************

それぞれの試料に存在するセシウム134と137の濃度を表3に示す。
表3  「黒い物質」試料中セシウム濃度 単位はBq/kg
Cs-137Cs-134合計
東京1    14,000±8,500±59  22,000±140
東京2    13,000±8,400±51  22,000±120
東京3170,000±870110,000±720 280,000±1,600
東京4180,000±860110,000±640 290,000±940
東京5150,000±68089,000±500  240,000±1,200
東京6120,000±59074,000±470  190,000±1,100
南相馬1
3,800,000±21,0001,900,000±14,000 5,700,000±35,000

南相馬21,500,000±8,800760,000±6,100 2,300,000±15,000
南相馬31,900,000±7,600990,000±5,400 2,900,000±13.000

南相馬4 6,700±79 4,300±63 11,000±140

南相馬市で採取された黒い物質には、1kg当たり200万~600万ベクレルものセシウムが含まれている。また、東京の下町、葛飾区水元公園で採取した黒い物質には1kg当たり20万~30万ベクレル、東村山市の学校で採取したものにも、1kg当たり2万ベクレルを超えるセシウムが含まれている。


 これまでの日本の法令では、1kg当たり1万ベクレルを超えるCs-137、Cs-134は放射性物質である。そうした物質は、放射性物質として厳重に管理されなければならないものであったし、放射線管理区域以外に存在することも許されないものであった。それが今では、人々が普通に生活している場に存在してしまっている。


?.なすべきこと

 福島原発事故により、福島県を中心に東北地方、関東地方の広大な大地が放射線管理区域の基準(1m2当り4万ベクレル)を超えてセシウムで汚染されている。日本の政府はそれを知ったうえで、人々をその汚染地に取り残した。今現在も子供を含めた100万人を超える人々が汚染地で日々の生活を余儀なくされている。そうした地では、本報告で示したように、猛烈にセシウムが濃縮された物質がマイクロスポット的に分布している。また、放射線管理区域に指定しなければならないほどの汚染を受けていないところ(例えば、東京の東村山市)にも、セシウムが濃縮された物質が存在しており、本来なら放射性物質として管理しなければならない。

 法令に従うのであれば、当然、それらの物質の撤去と管理が必要であるし、何よりも子どもたちが遊ぶ場所からはそのような物質を早急に撤去する必要がある。

 最後に、これらの試料は多数の人々の苦闘の中で集められたものであることを記し、彼らに感謝します。

スポンサーサイト

テーマ:ほっとけない原発震災 - ジャンル:政治・経済

コメント
この記事へのコメント
こんばんは。
いつもいつもコメントを頂くだけで、反対に私としてはどこにどのようにコメントしてよいのやら、迷うだけでほんとうに申し訳ないです。
今日はここにコメントさせていただきましたが、それはお聞きしたいことがあったのです。
原発震災についての、これだけの詳細な情報と反原発の強烈な姿勢は、どのように培われたのでしょうか。
私は恥ずかしながら付け刃もいいところで、
それが災いして拙ブログに質問のコメントが来た時は、ほんとうに困惑してしまう体たらくなのです。
まず、勉強不足を痛感しています。
いろいろ教えて下さいますよう、
お願いいたします。

2012/07/22(日) 22:04:58 | URL | NANTEI #8g7ZE2Jk[ 編集]
昔々。。。: こんばんは。
NANTEI さま、こんばんは。

> いつもいつもコメントを頂くだけで、反対に私としてはどこにどのようにコメントしてよいのやら、迷うだけでほんとうに申し訳ないです。

済みません、自分が気になる記事を転載しているだけなのでコメントしづらい事と思います。
情報を提示して、それらを読んでいただいて、各自の結論を導き出していただくのが一番良いと思いますので、できるだけ情報量を多くしたいと云うのが基本姿勢です。

> 今日はここにコメントさせていただきましたが、それはお聞きしたいことがあったのです。
> 原発震災についての、これだけの詳細な情報と反原発の強烈な姿勢は、どのように培われたのでしょうか。
> 私は恥ずかしながら付け刃もいいところで、
> それが災いして拙ブログに質問のコメントが来た時は、ほんとうに困惑してしまう体たらくなのです。
> まず、勉強不足を痛感しています。
> いろいろ教えて下さいますよう、
> お願いいたします。

トンデモございません!私は歴史が専門なので、雑学に強いだけです。
ただ昔々、それは今も継続していますが、インドのシャンカラチャリヤの流れを引く素晴らしい精神の師に遭遇し、その中でノーベル物理学賞を受賞した科学者たちの話を聞く機会も与えられました。師自身も、数学、物理、化学を修めた方で、ヴェーダの教えを物理学的に検証したり、ワクワクする体験をしてきました。
師はこの世にはもう居られませんが、魂の崇高さの教え、原発がなんであるかを見抜いていた師の言葉、命優先の考え方、、、世界を変えるには、その世界を構成している一人一人の意識を変えなくては何も変わらない。
残念ながら、そんなに簡単に変るものではありませんが、少しでも流れを変える力になりたく、発信しています。
人間はゴミ製造機にもなれるし、ゴミ清浄機にもなれる。
人間の魂は、天使もうらやむほどの速さで天まで昇れる。
すべて本当です。一人でも多く命を優先する選択をする人を増やしたく思いますので、今後ともどうぞ宜しくお願い致します!
2012/07/23(月) 12:38:56 | URL | yokoblueplanet #-[ 編集]
こんばんは!
いつもうちのブログに訪問してくださり、ありがとうございます。
相変わらず、ブログ内の膨大な情報量に圧倒されます。

記事にも書かれてますが、確かに今行われている「除染」は「移染」ですよね。
ひょっとしたら、そういったことを知らない住民もおられるんじゃないでしょうか。

放射能に対して、正しい知識が報道から伝わらないのは、かなり問題だと思います。
報道があてに出来ず、自分の身は自分で守らなければならないと思うと、複雑な心境になります。

貴重な情報、ありがとうございました。 
2012/07/26(木) 21:14:12 | URL | きみひと@ #-[ 編集]
本当、複雑です。
きみひと@さま、 こんばんは!

> いつもうちのブログに訪問してくださり、ありがとうございます。
> 相変わらず、ブログ内の膨大な情報量に圧倒されます。

コメントありがとうございます。

> 記事にも書かれてますが、確かに今行われている「除染」は「移染」ですよね。
> ひょっとしたら、そういったことを知らない住民もおられるんじゃないでしょうか。

はい、「除染」否「移染」にしても、その仕事の配分、手法からして不明瞭な点が多く、世界に除染の技術を広めるなどと云っている先生もいますが、あまりの不徹底さに唖然とすることが多過ぎます。
既に原発事故から1年4ヶ月。ウヤムヤにすべてを遅らせ徹底しないでいる間に、汚染地区から出られない女性や子どもたちへの実害は拡大しているわけで、毎日ヤキモキさせられています。

> 放射能に対して、正しい知識が報道から伝わらないのは、かなり問題だと思います。
> 報道があてに出来ず、自分の身は自分で守らなければならないと思うと、複雑な心境になります。

日本の国は一体何なのか、今は正体不明の黒い箱にしか見えません。
ジャーナリズムがほとんど存在しないに等しい国では、何が起こっても不思議ではありませんよね。
実際、16歳の少年が原発で働いていたり、働いていた人たちの身元が不明だったり、被ばく線量も属する会社によって大幅に差があったり、労働賃金の不当なピンハネが行われていてもそのままだったり、原発近隣住民への安全もまったく保証されなかったり、二束三文の補償金で家/土地を失わなければならなくなったり、、、
国家と云う山賊が無防備な住民を蹂躙する図でしかありません。
黙っていては好き勝手に殺されてしまう状況、哀しいですね。

> 貴重な情報、ありがとうございました。 

こちらこそ、ありがとうございます。
何とか正確な情報をインターネットに繋がっていない世代や田舎のおじいさん、おばあさんに届けたいですね。
2012/07/27(金) 15:29:17 | URL | yokoblueplanet #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yokoblueplanet.blog112.fc2.com/tb.php/6431-5ed4963f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック