Yoko's 人生=旅 on this Blue Planet
高速回転中の青い惑星地球、負けじと走り回る一人の記録。
「45年前の悲劇 水爆が落ちた村は今... スペイン南部パロマレス、続くプルトニウム汚染」 2011.10.13. (TBSテレビ)
「45年前の悲劇 水爆が落ちた村は今... スペイン南部パロマレス、続くプルトニウム汚染」 2011.10.13. (TBSテレビ)

45年前 水爆が落ちた村は今...



スペイン南部パロマレス
1966年米軍のB52が墜落:秘密裏に水爆4個を搭載
プルトニウムを飛散
米軍は650人超の兵士を派遣。約1600トンの汚染土を除去し本国に持ち帰る。
「米国務省は他の西欧諸国が核爆弾を積んだ米爆撃機の上空飛行禁止を非常に恐れていた」(モレノ教授)

公開された米軍機密文書には
『主に政治的観点から早期に除染除去の基準を決め作業に取りかからねばという感覚が広がっていた』
"政治の都合で決着を急ぎ汚染処理が不十分だった可能性"
米核戦略がパロマレスの事故によって悪影響を受ける懸念があったのです」(モレノ教授)

機密文書には

・両国の折衝で除去基準が緩くなっていった
・一部の地域の汚染を放置することで合意



スポンサーサイト

テーマ:スペイン - ジャンル:海外情報

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yokoblueplanet.blog112.fc2.com/tb.php/6504-8789fdaf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック