Yoko's 人生=旅 on this Blue Planet
高速回転中の青い惑星地球、負けじと走り回る一人の記録。
ラジオ福島:大和田新 「 大飯原発再稼働について & 水俣と共通する10の手口 」 ( 文化放送ゴールデンラジオ)2012.6.18.
ラジオ福島:大和田新 「 大飯原発再稼働について & 水俣と共通する10の手口」 ( 文化放送ゴールデンラジオ)2012.6.18.

脱サラ亭主のデコボコ独立開業記>> 経由:

こちらもご覧ください>><エートス・プロジェクト>を通して国際原子力ロビーは何を目指しているのか? 2012.7.16.


大和田新さんのお話 (6月18日)



「現在福島の人は川で溺れているんですよ。それを政治家も橋の上から見ているだけなんですね。」

水俣病を写真で世界に知らしめたユージーン・スミス(Eugene Smith)さんの日本人の奥様のアイリーン・ミヨコ・スミスさんが、水俣と福島に共通する手口を10にまとめています:

「水俣と共通する10の手口」
① 誰も責任をとらない。縦割り組織を利用する。
② 被害者や世論を混乱させ賛否両論に持ち込む。
③ 被害者同志を対立させる。
④ データを取らない。証拠を残さない。
⑤ ひたすら時間かせぎをする。
⑥ 被害を過少評価するような調査をする。
⑦ 被害者を疲弊させあきらめさせる。
⑧ 認定制度を作り被害者数を絞り込む。
⑨ 海外に情報を発信しない。
⑩ 御用学者を呼び国際会議を開く。

水俣被害者の石牟礼道子さんは

「日本という国は一体どこにあるんでしょう?
 田舎の人は純朴でいいものをたくさん持ってます。
 それをズタズタに分断されてしまった。」

と救済しないされない、分断分裂された苦悩の歴史を語っています。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yokoblueplanet.blog112.fc2.com/tb.php/6537-68ccef6b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック