Yoko's 人生=旅 on this Blue Planet
高速回転中の青い惑星地球、負けじと走り回る一人の記録。
日隅一雄氏(弁護士・NPJ編集長) :「東電・政府は何を隠そうとしたのか」 マル激トーク・オン・ディマンド 第568回 神保哲生(2012年03月03日)
日隅一雄氏(弁護士・NPJ編集長) :「東電・政府は何を隠そうとしたのか」 マル激トーク・オン・ディマンド 第568回神保哲生(2012年03月03日)

日隅一雄氏:東電・政府は何を隠そうとしたのか Part1


マル激トーク・オン・ディマンド 第568回(2012年03月03日)
追悼・無料放送
東電・政府は何を隠そうとしたのか
ゲスト:日隅一雄氏(弁護士・NPJ編集長)

 火事で火が燃えさかる最中、とりあえず出火の原因究明や責任の追及は後回しにして、まず優先されるべきことは人命救助と消火になることはやむを得ない。しかし、起きた事故­のスケールがあまりにも大きい場合、その収束に時間がかかるため、いつまでたっても原因究明や責任追及がなされないまま、事故そのものが風化してしまったり、世の中の関心­がよそに向いてしまったりするリスクがある。

 福島第一原発の事故も、そんな様相を呈し始めている。昨年の3・11からの1年間は、日本にとってはもっぱら起きてしまったことへの対応に追われる1年だった。しかし、大­地震と津波で福島第一原発が全ての電源を喪失し冷却機能を失った時、政府および東京電力がその事態にどのように対応し、その時政府や東電内部で何が起きていたのかが十分に­検証されたとは、とても言いがたい...。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yokoblueplanet.blog112.fc2.com/tb.php/7211-cb22d363
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック