Yoko's 人生=旅 on this Blue Planet
高速回転中の青い惑星地球、負けじと走り回る一人の記録。
【日米同盟と原発】: 第8回「勝者の驕り」 (1)カーターの信念 2013年4月26日 中日新聞
【日米同盟と原発】: 第8回「勝者の驕り」 (1)カーターの信念 2013年4月26日 中日新聞


 一九七七(昭和五十二)年に誕生したカーター米政権。国際社会に原子力技術を提供してきた政策を一変させ、核不拡散を掲げる。その二年後の七九年には米スリーマイル島原発事故が発生。世界の潮流が原発見直しへ向かう中、日本は原発大国の道をひた走る。その「原発ナショナリズム」の台頭は「日本の原発で事故は起きない」という過信を生み、東京電力福島第一原発事故の原因ともなった。当時、世界第二の経済力と高い技術力を背景に「ジャパン・アズ・ナンバーワン」ともてはやされた日本。原子力ムラに巣くった「勝者の驕(おご)り」と、その背景を探る。 (文中の敬称略、肩書・年齢は当時)

blog 1977年日米再処理交渉の流れ
◆米、核ドミノ警戒

 前大統領ニクソンが失脚したウォーターゲート事件後、初めてとなった一九七六(昭和五十一)年十一月の米大統領選。副大統領から昇格した共和党の現職フォード(63)を破り、ホワイトハウスの主となったのは民主党の新人カーター(52)だった。

 ジミー・カーター。八十八歳の今も健在だ。八一年に退任後は、故郷の南部ジョージア州で設立した平和団体を拠点に国際紛争の解決や難民救済などの民間外交を続ける。二〇〇二年にはノーベル平和賞も受賞した。

 ところが、一九七六年の大統領選当時はまったくの無名だった。ジョージア州知事を一期四年務めただけで、ワシントンでの政治経験は一度もなかった。

 米国は泥沼化したベトナム戦争とウォーターゲート事件でその威信に陰りが出ていた。国民の多くは牧師経験もある敬虔(けいけん)なキリスト教徒の新大統領に政治刷新と癒やしを期待した。

 翌七七年一月の大統領就任演説。カーターは「地上から核兵器を全廃するという目標に向かって一歩を踏み出す」と述べた。核兵器に転用可能な原子力技術を撤廃、制限する、いわゆる核不拡散政策だった。

 五三年、当時の大統領アイゼンハワーが「アトムズ・フォー・ピース(平和のための原子力)」と呼ばれる国連演説を行ってから二十年余り。この間、米国は平和利用を名目に、原発などの関連技術を国際社会に提供し「核の傘」を広げてきた。その原子力政策が百八十度転換されることになった。

 発端はカーターが大統領に就任するほぼ三年前の七四年五月。インドが北部ラジャスタン州で行った地下核実験だった。用いられたプルトニウムは、原発の使用済み核燃料から取り出した。その原発は原子炉がカナダ製、減速材に使う重水は米国から輸入したものだった。

 パキスタンとの国境紛争を抱えていたインド。「平和利用」を隠れ蓑(みの)に、核開発を進める実態が初めて明るみに出た。

 同様な動きは局地的な紛争を抱える中東や南米などにも連鎖的に広がり、世界が“核ドミノ”の脅威にさらされる危険性が高まった。

 インドの核実験から三カ月後の七四年八月。米中央情報局(CIA)の極秘報告書はこう記していた。

 「八〇年代には、核兵器の製造は技術的にも経済的にも多くの国で可能になる。核兵器がどこまで拡散するかは、原子力技術や物資の提供を含めた米ソの核政策による」

 カーター政権核不拡散政策は、CIAの警告を受け入れたものだった。が、大統領自身の個性も影響している。

 戦前、大学で核科学と原子炉技術を学んだカーター。海軍入隊後は、原子力技術者として初の原子力潜水艦「ノーチラス号」の開発、設計にも携わった。そうした専門家ゆえの知識と経験が政策にも色濃く反映された。

 大統領就任からわずか三カ月後の七七年四月。カーターが発表した新たな米原子力政策には、核燃料再処理高速増殖炉開発の見直しなどが盛り込まれた。世界をリードしてきた米国自ら最先端の原子力開発から事実上撤退する内容だった

 カーター政権時、外務省科学課首席事務官だった現在七十六歳の金子熊夫は、親しい米外交官からカーターの几帳面(きちょうめん)な仕事ぶりの一端を聞かされた。

 「大統領を退任する日の朝まで公電に目を通していた。特に歴代の大統領が部下任せにしてきた原子力の問題には熱心だった」

 そのカーターの冷徹な目は、原発大国への道を歩み始めていた同盟国、日本にも向けられていた。

スポンサーサイト

テーマ:環境・資源・エネルギー - ジャンル:政治・経済

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yokoblueplanet.blog112.fc2.com/tb.php/8362-17d111ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック