Yoko's 人生=旅 on this Blue Planet
高速回転中の青い惑星地球、負けじと走り回る一人の記録。
IWJ インタビューズ:舘野淳中央大学元教授(核燃料化学)、『福島第一原発の現状・核燃料を取り出すまでは予断は許されない』Published on Mar 16, 2013
**フクイチ原発事故で日本が直面している問題:多くの新聞やTVなどはまるで大した事では無いように見せる報道が続けられているが、炉心溶融を起こした原発を安全に管理し終息へ持って行く事は、チェルノブイリ事故の例でも分かるように,そう簡単にできる事ではない。放射能から身を守るためには,事実を把握しなければ何ごとも始まらない。ぜひ参考になさって下さい。**

IWJ インタビューズ舘野淳中央大学元教授(核燃料化学)、『福島第一原発の現状・核燃料を取り出すまでは予断は許されない』Published on Mar 16, 2013

福島第一原発の現状・核燃料を取り出すまでは予断は許されない



インタビューズ:福島第一原発の現状

核燃料を取り出すまでは予断は許されない』
インタビュー: 舘野淳中央大学元教授(核燃料化学)

 福島第一原発が今どんな状態にあるのか、とりわけメルトダウンメルトスルーによって­原子炉から外部に漏れ出した核燃料の状態と今後の見通しについて、核燃料化学が専門の­舘野淳中央大学元教授に聞いた。

 舘野氏は1~3号機の核燃料が今どのような状態にあるかについて確実なことをいえる人­は誰もいないことを指摘した上で、現状は圧力容器底部にたまっている核燃料をかろうじ­て冷やすことはできているようだが、この先10年以上も燃料を冷やし続けなければなら­ないこと、地震等に対してまだまだ予断が許される状態ではないこと、核燃料の取り出し­までに何年を要するかわからないこと、その間増え続ける汚染水への対策が急務であるこ­となど、厳しい見通しを示した。

 また、今後の原子力発電の見通しについて舘野氏は、あれだけの事故を経験しながら、い­まだに電力会社も原子力の専門家も事故を十分に反省できていないとして、日本は商業目­的の原発は続けるべきではないとの見解を示した。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yokoblueplanet.blog112.fc2.com/tb.php/8492-776c3a9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック